ビーコンズフィールド伯爵

ヒューエンデン子爵から転送)

ビーコンズフィールド伯爵(ビーコンズフィールドはくしゃく、: Earl of Beaconsfield)は、かつて存在したイギリスの伯爵。ヴィクトリア女王の寵愛を受けた首相ベンジャミン・ディズレーリのために1876年に創設された。[註釈 1][3]

ビーコンズフィールド伯爵
Shield of arms of Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, KG, PC, FRS.png

紋章記述

Arms:Per saltire Gules and Argent a Castle triple towered in chief of the last two Lions rampant in fess Sable and an Eagle displayed in base Or.Crest:Issuant from a Wreath of Oak proper a Castle triple towered Argent.Supporters:Dexter: an Eagle Or; Sinister: a Lion also Or, each gorged with a Collar Gules pendent therefrom an Escutcheon of the last charged with a Tower Argent
創設時期 1876年8月21日
創設者 ヴィクトリア
貴族 連合王国貴族
初代 初代伯ベンジャミン・ディズレーリ
最終保有者 同上
相続資格 初代伯爵の嫡出直系男子
付随称号 ヒューエンデン子爵
現況 廃絶
断絶時期 1881年4月19日
紋章標語 Forti Nihil Difficile
(強き者に成し難きものなし)

本項では、彼の妻メアリーに創設されたビーコンズフィールド女子爵についても触れる。

歴史編集

ビーコンズフィールド女子爵(1868)編集

英国首相ベンジャミン・ディズレーリ(1804-1881)の妻メアリーは、夫の首相(第1期)退任後にあたる1868年11月30日連合王国貴族としてバッキンガム州ビーコンズフィールドのビーコンズフィールド女子爵(Viscountess Beaconsfield, of Beaconsfield in the County of Buckingham)に叙せられた。[3][4]この叙爵は彼女の権利としてなされたものであったため、夫のディズレーリは庶民院の一員として残ることができた。[3][4]

この叙爵は、長年付き添ってくれたメアリーに感謝するディズレーリが女王に嘆願して実現したものであったが、彼女はこの時点で既に病魔に侵されており、4年後の1872年にその生涯を閉じた。彼女の死去に際して、爵位は消滅した。[5][3]

ビーコンズフィールド伯爵(1876)編集

 
初代ビーコンズフィールド伯爵

ディズレーリは妻メアリーの死後、1874年グラッドストンを下して再び首相に返り咲いた。彼は首相在任中の1876年8月21日連合王国貴族としてバッキンガム州ビーコンズフィールドのビーコンズフィールド伯爵(Earl of Beaconsfield, of Beaconsfield in the County of Buckingham)及び、バッキンガム州ヒューエンデンのヒューエンデン子爵(Viscount Hughenden, of Hughenden in the County of Buckinghamshire)に叙された。[3][6]ディズレーリはこの叙爵によって自動的に庶民院の議席を失ったが首相ではあり続け、貴族院から政府を率いた。[3]

ビーコンズフィールドバッキンガムシャー州の町の名称である。その議会での経歴の大半をディズレーリはバッキンガムシャーの一員として働いた。[7]ディズレーリは近隣のハイ・ウィカムに私有地としてヒューエンデン・マナー(荘園)を所有していたが、ビーコンズフィールドに居住することはなかった。[8]。ディズレーリが称号にビーコンズフィールドを選択したのは、ディズレーリが賞賛していた保守政治哲学者で国会議員のエドマンド・バークの影響かもしれない。バークは自身をビーコンズフィールド卿として貴族に列するというジョージ3世の提案を辞退していた[9]

ディズレーリは1878年に彼を公爵に叙するというヴィクトリア女王の提案を断わり[10]、代わりにガーター勲章を授与された。ディズレーリは跡継ぎがないまま1881年に死去し、すべての爵位は途絶えた。ヒューエンデン・マナーはビーコンズフィールド卿の甥であるコニングスビー・ラルフ・ディズレーリに渡った。

ビーコンズフィールド伯爵(1876年)編集

ビーコンズフィールド女子爵(1868年)編集

脚注編集

[ヘルプ]

註釈編集

  1. ^ ヴィクトリアはディズレーリの競争相手であった自由党のウィリアム・エワート・グラッドストンよりもディズレーリのトーリー党的政策を好んだ。ディズレーリはまた、ヴィクトリアを「インド女帝」として戴冠させる1876年国王称号法を推進した。[1][2]

出典編集

  1. ^ 川本(2006) p.206
  2. ^ 君塚(2007) p.134-135
  3. ^ a b c d e f Beaconsfield, Earl of (UK, 1876 - 1881)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ a b No.7908”. The Edinburgh Gazette 4 December 1868. 2020年1月13日閲覧。
  5. ^ ブレイク 1993, p. 601.
  6. ^ No.24355”. The Gazette 18 August 1876. 2020年1月13日閲覧。
  7. ^ ブレイク 1993, p. 297.
  8. ^ モロワ(1960) p.182-183
  9. ^ See, e.g., Isa Carrington Cabell, "Lord Beaconsfield (1804-1881)"
  10. ^ See, e.g., Biography at the National Portrait Gallery's website

参考文献編集

  • ブレイク, ロバート『ディズレイリ』灘尾弘吉監修、谷福丸訳、大蔵省印刷局、1993年(平成5年)。ISBN 978-4172820000
  • 川本静子松村昌家 編『ヴィクトリア女王 ジェンダー・王権・表象』ミネルヴァ書房〈MINERVA歴史・文化ライブラリー9〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4623046607
  • 君塚直隆『ヴィクトリア女王 大英帝国の“戦う女王”』中央公論新社中公新書〉、2007年(平成19年)。ISBN 978-4121019165
  • アンドレ・モロワ『ディズレーリ伝』安東次男訳、東京創元社、1960年(昭和35年)。ASIN B000JAOYH6