ヒューマンホールディングス

ヒューマンホールディングス株式会社(英文表記:Human Holdings Co., Ltd.)は、教育事業のヒューマンアカデミー、人材事業のヒューマンリソシア、介護事業のヒューマンライフケアなどを傘下に持つ持株会社。本社は、東京都新宿区

ヒューマンホールディングス株式会社
Human Holdings Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿七丁目5番25号
西新宿プライムスクエア1F
設立 2002年8月
業種 サービス業
法人番号 2011101033968
事業内容 グループ全体の戦略的意思決定
子会社の管理および経営指導
事務管理受託業務
代表者 佐藤耕一(代表取締役会長)
佐藤朋也(代表取締役社長)
資本金 12億9990万円
発行済株式総数 10987200株
売上高 連結858億1100万円(2021年3月期)
営業利益 連結27億200万円(2021年3月期)
経常利益 連結32億5300万円(2021年3月期)
総資産 連結431億8700万円(2021年3月末現在)
従業員数 連結4113名(2021年3月末現在)
決算期 3月
主要子会社 ヒューマンアカデミー
ヒューマンリソシア
ヒューマンライフケア
外部リンク https://www.athuman.com/
テンプレートを表示

概要編集

ヒューマンホールディングス株式会社は、ザ・ヒューマン株式会社とヒューマン・タッチ株式会社(現 ヒューマンリソシア株式会社)の共同株式移転により、2002年8月に設立。2004年10月にジャスダックに上場した。現在グループの事業は、教育事業、人材事業、介護事業、保育事業、美容関連事業、アリーナ事業と多岐に渡り、連結子会社9社を有する。

ヒューマングループは、1985年4月に大阪市で大学進学予備校「日本進研ゼミナール」と、その運営母体である株式会社教育未来社(1986年にザ・ヒューマン株式会社へ商号変更)からスタート。翌年、職業訓練法人ヒューマン・アカデミーを設立。社会人教育事業を中心に、人材事業、介護事業、保育事業、美容事業と事業領域を拡大した。

1985年4月に大阪市で大学進学予備校「日本進研ゼミナール[1]」(1986年4月ヒューマン・キャンパスに変更)とその運営母体である教育未来社(1986年3月にザ・ヒューマン株式会社に商号変更)を母体に設立。1988年に人材派遣企業であるヒューマン・タッチ株式会社(現・ヒューマンリソシア)を設立し、ヒューマン外語学院、ヒューマンアカデミー等を設立。2002年5月に本部を大阪から東京に移し、同年8月に持株会社・ヒューマンホールディングスを設立。

沿革編集

  • 2002年 - ヒューマン・タッチ株式会社(現・ヒューマンリソシア)とザ・ヒューマン株式会社(後の(旧)ヒューマンアカデミー)による株式移転により設立。
  • 2003年 - 中国・上海市において、上海修曼人才有限公司を設立。
  • 2004年 - ジャスダックへ上場。
  • 2005年 - ヒューマンスポーツエンタテインメント株式会社(現ヒューマンプランニング株式会社)を設立。
  • 2006年 - ダッシングディバインターナショナル株式会社を設立。
  • 2007年 - 中国・上海市において、修曼(上海)商務諮詢有限公司を設立。
  • 2009年 - 子会社のヒューマンリソシア株式会社が、(旧)ヒューマンアカデミー株式会社、ヒューマンビジネスサービス株式会社、ヒューマックス株式会社の3社を吸収合併。
  • 2010年 - 子会社のヒューマンリソシア株式会社が、教育事業を(新)ヒューマンアカデミー株式会社に、介護事業をヒューマンライフケア株式会社に、インターネット関連事業等をヒューマンインキュベーション株式会社(現・ダイジョブ・グローバルリクルーティング)に、それぞれ吸収分割。
  • 2012年 - ヒューマンタッチ株式会社、ヒューマンメディカルケア株式会社、産経ヒューマンラーニング株式会社を設立。
  • 2013年 - タイにおいて、Human Digicrafts (Thailand) Co., Ltd.(現・Human Digicraft Manpower (Thailand) Co., Ltd.)、Human International Investment Co., Ltd.を設立。
  • 2014年 - フランスにおいて、Human Academy Europe SASを設立。
  • 2016年 - ダイレクトワン株式会社(現・ヒューマンデジタルソリューションズ株式会社)を子会社化。インドネシアにおいて「PT. Human Mandiri Indonesia」を設立
  • 2017年-カナダの「IH CAREER COLLEGE INC.」「NET-PACIFIC COORDINATIONS, INC.」「INTERNATIONAL HOUSE VANCOUVER MODERN LANGUAGES INC.」を子会社化。ベトナムにおいて「HOA LAM NHAN VAN CONSULTANCY INVESTMENT COMPANY LIMITED」を設立。アメリカの「NET PACIFIC GROUP」を子会社化
  • 2018年-タイにおいて「Human Digicraft (Thailand) Co., Ltd.」を設立。インドネシアの「PT. HUMAN CITA ANANDA」にて保育事業運営を開始
  • 2019年-フィリピンにおいて「Magsaysay Human Language Institute Corp.」(合弁企業)を設立。

ヒューマンリソシア株式会社編集

ヒューマンリソシア株式会社
Human Resocia Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 163-0503
東京都新宿区西新宿7丁目5番25号
西新宿プライムスクエア1F
設立 1988年昭和63年)2月
業種 サービス業
代表者 御旅屋 貢(代表取締役
資本金 1億円
売上高

ヒューマングループ人材セグメント

売上高493億900万円(2021年3月期)
営業利益

ヒューマングループ人材セグメント

営業利益17億3900万円(2021年3月期)
純利益 12億5528万4000円
(2021年03月31日時点)[2]
総資産 109億2235万5000円
(2021年03月31日時点)[2]
従業員数 1325名(2021年3月現在)
主要株主 ヒューマンホールディングス
外部リンク https://resocia.jp/ (日本語)
特記事項:
労働者派遣事業(許可番号/派13-080176)
有料職業紹介事業(許可番号/13-ユ-080167)
テンプレートを表示
 
本社(西新宿木村屋ビル)

ヒューマンリソシア株式会社(英文表記:Human Resocia Co., Ltd.)は、東京都新宿区に本社を持つ労働者派遣会社。

ヒューマンホールディングス傘下における中核企業で、人材派遣、人材紹介、業務委託の事業を行う総合人材サービス企業。建築専門職の派遣・人材紹介、エンジニア(技術者)派遣、海外ITエンジニア派遣、紹介予定派遣、民間企業、行政・自治体、医療機関の業務受託、RPAなどのITソリューション導入支援およびコンサルティングなど多角的に人材に関するサービスを提供。

拠点

北海道支社、東北支社、盛岡支店、新潟支店、茨城支店、宇都宮支店、前橋支店、さいたま支社、千葉支社、東京本社、新宿支社(新宿登録センター)、銀座支社、神奈川支社、金沢支店、静岡支店、静岡支社(浜松)、名古屋支社、豊田支店、京都支店、大阪本社、梅田支社(梅田登録センター)、神戸支社、岡山支店、中国支社(広島)、福岡支社、熊本支店、鹿児島支店、那覇支店、チャレンジドオフィスお台場・神戸、RPAトレーニングセンター(札幌・仙台・新宿・高田馬場・名古屋・心斎橋・広島・福岡・那覇)

沿革編集

  • 1988年 - ヒューマン・タッチ株式会社として設立
  • 1989年 - 労働者派遣事業・有料職業紹介事業を大阪で開始。同年には東京に進出
  • 2002年 - ザ・ヒューマン株式会社(後のヒューマンアカデミー)とともに株式移転により、ヒューマンホールディングスを設立し、同社の子会社化
  • 2003年 - 介護事業をザ・ヒューマン株式会社より譲受、人材関連事業としてアウトソーシング事業を開始
  • 2003年 - 社名をヒューマン・タッチ株式会社よりヒューマンリソシア株式会社に改称
  • 2006年 - プライバシーマーク認証取得、ヒューマンエンジニアリング株式会社を吸収合併
  • 2009年 - (旧)ヒューマンアカデミー株式会社、ヒューマンビジネスサービス株式会社、ヒューマックス株式会社の3社を吸収合併
  • 2010年 - 教育事業を(新)ヒューマンアカデミー株式会社に、介護事業をヒューマンライフケア株式会社に、インターネット関連事業等をヒューマンインキュベーション株式会社(現・ダイジョブ・グローバルリクルーティング)に、それぞれ吸収分割
  • 2012年 - 「ISO9001:2008」の認証を取得
  • 2012年 - ヒューマンリソシア株式会社からヒューマンタッチ株式会社、ヒューマンメディカルケア株式会社が分社
  • 2015年 - ヒューマンメディカルケア株式会社より全事業を譲受
  • 2016年-優良派遣事業者認定取得、海外ITエンジニア派遣(GIT)事業を開始
  • 2017年-RPA(ロボティックス・プロセス・オートメーション)事業を開始
  • 2021年-ヒューマンタッチ株式会社より全事業を譲受

ヒューマンアカデミー株式会社編集

ヒューマンアカデミー株式会社
Human Academy Co.,Ltd.[3]
種類 株式会社
本社所在地   日本
160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿プライムスクエア1F[3]
設立 2010年平成22年)4月[3]
業種 サービス業
事業内容 社会人教育(通学・通信)、全日制専門スクール、留学準備教育、日本語教育幼児教育、カルチャースクール運営、MBA取得プログラム企業内研修・社員研修など[3]
代表者 川上輝之(代表取締役)[3]
資本金 1,000万円[3]
売上高

ヒューマングループ教育セグメント

売上高236億2900万円(2021年3月期)
営業利益

ヒューマングループ教育セグメント

営業利益7億2100万円(2021年3月期)
純利益 1億4242万6000円
(2021年03月31日時点)[4]
総資産 148億4186万2000円
(2021年03月31日時点)[4]
主要株主 ヒューマンホールディングス株式会社 100%
外部リンク https://manabu.athuman.com
テンプレートを表示

ヒューマンアカデミー株式会社は、東京都新宿区に本社を置く、ヒューマンホールディングスの傘下にある教育関連の企業。1985年に創業。教育・人材・介護・その他事業で構成されるヒューマングループの中核である教育事業を担っている。札幌から那覇まで全国に事業を拡大しており、19都道府県に48校舎を展開。修了生・卒業生の数は142万名以上となる。全日制教育事業、社会人教育事業、国際人教育事業を中心に、その他事業も幅広く展開している。また、中等教育機関であるヒューマンキャンパス高等学校とも連携し、青少年の夢の実現の支援も行なっている。

事業内容
全日制教育事業「総合学園ヒューマンアカデミー」
1995年に開校し、全国18校舎で16のカレッジを展開。
社会人教育事業「ヒューマンアカデミー」
ビジネス系の資格や技術を習得するスクールで、全国23校舎。通学講座以外にも通信講座もあり、インターネット環境でのオンラインスクールも取り入れている。
国際人教育事業
「ヒューマン国際大学機構」 - 留学準備教育を英語で行う教育機関で、東京と大阪に校舎がある。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどにある約80校の大学と提携している。
「ヒューマンアカデミー日本語学校」 - 1987年に外国人留学生向けの日本語学校として大阪で開校。東京、佐賀にも校舎がある。
児童教育事業「ヒューマンアカデミージュニア」
子ども向けロボット教室、理科実験教室、プログラミング教室、さんすう教室などのSTEAM教育を展開している。「ヒューマンアカデミーロボット教室」は、ロボットクリエイター高橋智隆氏がアドバイザーでフランチャイズ形式で日本全国に1,500教室がある
その他にも英語教室、学童教室なども展開している。
その他事業
カルチャースクールや語学留学、オンライン英会話がある。法人向けには、人材育成支援や英語研修、語学留学研修、翻訳・通訳サービスなどを行っている。大学・高校・専門学校などへは、資格取得講座やキャリア形成講座、官公庁・自治体向けには、職業訓練や就労支援などを行っている。

沿革編集

  • 1985年(昭和60年)4月 - 株式会社教育未来社として設立[5]
  • 1986年(昭和61年)3月 - ザ・ヒューマン株式会社に商号変更[5]
  • 2002年(平成14年)5月 - 本社を大阪から東京に移転
  • 2002年(平成14年)8月 - ヒューマン・タッチ株式会社(現・ヒューマンリソシア)との株式移転により持株会社ヒューマンホールディングスを設立[5]
  • 2003年(平成15年)11月 - ヒューマンアカデミー株式会社に商号変更[5]
  • 2004年(平成16年)10月 - ヒューマンホールディングスがジャスダックに上場[5]
  • 2009年(平成21年)1月 - ヒューマンリソシア株式会社により吸収合併され、法人としては解散[5]
  • 2010年(平成22年)4月 - 新法人としてヒューマンアカデミー株式会社を設立[5]
  • 2010年(平成22年)7月 - ヒューマンリソシア株式会社から吸収分割により、教育事業を承継[5]
  • 2011年(平成23年)4月 チャイルドマインダー養成講座が、日本で初めてBTECに認定[5][信頼性要検証]
  • 2011年(平成23年)7月 - 「ISO29990:2010」の認証を取得[5]
  • 2013年(平成25年)11月 - ヒューマンエヌディー株式会社を吸収合併[5]
  • 2014年(平成26年)7月 - 「ISO29991:2014」の認証を取得[5]
  • 2014年(平成26年)10月 - クデイラアンド・アソシエイト株式会社(現・ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社)を子会社化[5]
  • 2014年(平成26年)11月 - フランスにおいてHuman Academy Europe SASを設立[5]
  • 2015年(平成27年)3月 - 株式会社みつば(現・ヒューマンスターチャイルド株式会社)を子会社化[5]
  • 2017年(平成29年)4月 - クデイラアンド・アソシエイト株式会社をヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社へ商号変更。株式会社みつばをヒューマンスターチャイルド株式会社へ商号変更。

特徴編集

  • 教育サービスを行う組織における品質向上目的とした国際規格ISO299990を、2010年に日本で初めて資格取得スクール・生涯学習提供機関において取得。[要出典]また、語学学習サービスに特化した国際規格ISO29991も、日本で初めて2014年にグローバル教育機関(ヒューマン国際大学機構・ヒューマンアカデミー日本語学校)において取得した。[要出典]
  • 「チャイルドマインダー養成講座」と「MBAプログラムat HABS」がイギリスの国家職業資格の認定を行うBETCに認定された。特に「チャイルドマインダー養成講座」は日本で初めて認定スクールとなった。[要出典]
  • 子ども向けの「ヒューマンアカデミー ロボット教室」は、ロボットクリエイターの高橋智隆がアドバイザーを務めている。また、フランチャイズ形式で日本全国に展開しており、教室数は約1300教室、生徒数は約22,000人。日本最大規模のロボット教室である。

ヒューマンライフケア株式会社編集

ヒューマンライフケア株式会社
Human Lifecare Co.,Ltd.[3]
種類 株式会社
本社所在地   日本
160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿プライムスクエア1F[3]
設立 2010年4月[3]
業種 サービス業
事業内容 介護事業、介護教育事業、保育事業など[3]
代表者 瀬戸口信也(代表取締役)[3]
資本金 1000万円[3]
売上高 ヒューマングループ介護セグメント売上高104億3000万円(2021年3月期)
営業利益 ヒューマングループ介護セグメント営業利益1億8400万円(2021年3月期)
純利益 2億6675万8000円
(2021年03月31日時点)[6]
総資産 37億1219万8000円
(2021年03月31日時点)[6]
主要株主 ヒューマンホールディングス株式会社 100%
主要子会社 修曼愛迪有限公司(ヒューマンアジスコ有限公司)
外部リンク https://human-lifecare.jp/
テンプレートを表示

ヒューマンライフケア株式会社は、東京都新宿区に本社を置く、介護・介護教育・保育事業を展開。ヒューマンホールディングス株式会社の子会社。

介護事業は全国15都道府県に175事業所を展開。保育事業は首都圏を中心に認可および東京都認証保育所を合計8園運営。この他、法人・団体及び外国人に向け各種講座・研修・教育プログラムを提供する介護教育事業、特定技能登録支援事業を行っている。「日経MJ」2020年11月4日号「サービス業調査 在宅(訪問)福祉サービス」部門の売上高ランキングでは第14位となっている(有料老人ホームを含む)。

介護事業
デイサービス(通所介護)、訪問介護、小規模多機能型居宅介護などの在宅系介護サービスと、介護付有料老人ホーム、グループホームなどの施設系介護サービス、および居宅介護支援事業所、訪問看護事業所などを運営している。
介護教育事業
法人・団体を対象に、介護に関する各種講座・研修プログラムを提供するほか、外国人介護人材に向けた教育、さらに千葉県流山市にて外国人技能実習生向け研修施設「ヒューマンライフケア流山国際研修センター」を運営している。
特定技能登録支援事業
日本国内に在住する留学生や外国人就業者に向け、「特定技能」への在留資格変更手続や、介護・日本語に関する教育プログラムの提供などを行っている。
子育て支援事業
「ヒューマンアカデミー保育園」として、認可保育所および東京都認証保育所を運営。

その他のグループ企業・関連法人編集

  • ヒューマンスターチャイルド株式会社(保育事業)
  • ヒューマングローバルタレント株式会社(バイリンガル人材に特化した転職情報サイトDaijob.comを運営)
  • ヒューマンプランニング株式会社(Bリーグのクラブチーム・大阪エヴェッサの運営母体)
  • ダッシングディバインターナショナル株式会社(ネイル関連)
  • 産経ヒューマンラーニング株式会社(語学教育)
  • ヒューマングローバルコミュニケーションズ株式会社(英語研修、英文添削、翻訳通訳)
  • ヒューマンデジタルコンサルタンツ株式会社(IT事業)
  • 学校法人佐藤学園 (ヒューマンキャンパス高等学校を運営)

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 福武書店(現:ベネッセコーポレーション)の通信教育講座である「進研ゼミ」とは無関係。
  2. ^ a b ヒューマンリソシア株式会社 第34期決算公告
  3. ^ a b c d e f g h i j k l グループ会社”. ヒューマンホールディングス株式会社. 2017年4月16日閲覧。
  4. ^ a b ヒューマンアカデミー株式会社 第11期決算公告
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o グループ沿革”. ヒューマンホールディングス株式会社. 2015年3月2日閲覧。
  6. ^ a b ヒューマンライフケア株式会社 第11期決算公告

人材コンサルティング会社ガイド100選”. 2016年3月24日閲覧。 第14回転職エージェントランキング情報”. 2016年3月24日閲覧。

関連項目編集

  • 松本隆博 - 元ヒューマックス取締役。お笑いタレント松本人志の実兄。
  • BE YOURSELF - 文化放送で放送されていたラジオ番組。ヒューマンアカデミー株式会社が番組提供していた。

外部リンク編集