ヒュー・ラティマー

ヒュー・ラティマー(Hugh Latimer、1485年 - 1555年)は、イングランド司教イギリス教会ウースター主教

人物編集

当時国王だったヘンリー8世に師事し[1]イギリス宗教改革の指導者となる[1]メアリー1世即位後、ロンドン塔に監禁され、異端者として[1]オックスフォードにおいて宗教裁判により焚殺された[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 『キリスト教大辞典』1117頁、教文館