ヒラギノ

日本語フォント

ヒラギノ (Hiragino) は、字游工房によりデザインされた書体ファミリーで、1993年に大日本スクリーン製造(後のSCREENホールディングス。事業はSCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ、現在のSCREENグラフィックソリューションズが承継)からプロ向けとして発売されたフォントである。macOSおよびiOSに標準搭載され、両プラットフォームの標準日本語フォントになっている。日本語書体としては、明朝角ゴシック丸ゴシック行書、仮名専用書体があり、このほかに簡体字中国語版、繁体字中国語版もある。

macOS付属のヒラギノフォントの書体見本。

名称は京都の地名である柊野(ひらぎの)に由来する[1][2]

ヒラギノ書体シリーズ編集

macOS / Windows NT系対応のOpenType(otf形式=PostScriptベース)。かつてClassic Mac OS対応のCIDOCFWindows対応のttc形式(TrueTypeベース)が販売された。形式ごとにそれぞれフォント名が異なっている。TrueType の等幅フォント以外は、すべてプロポーショナルフォントになっている。

ヒラギノ明朝体編集

大日本スクリーンからベーシックな本文書体の共同開発の依頼を受け、字游工房が設立後最初の書体としてデザインした書体である。1990年にデザインが始まり、1993年に発売された。ビジュアル重視のファッション誌や広告で使われるような「都会的でクールなイメージ」にデザインされたこの書体には、スタッフの力が総動員された。鈴木勉が全体を監修し、社員全員とアルバイトで漢字をデザインした。仮名のデザインは鳥海修が担当し、モダンに感じられた平安朝の連綿仮名を手本にしたという。ヒラギノ明朝体は『JIS漢字字典』の親字に使われた。

ヒラギノ角ゴシック体編集

 
圏央道常総ICの方面及び方向標識

ヒラギノ明朝体との混植を目的とした書体。ふところ(字画に囲まれた空間)をやや広くとったモダンな面と、起筆や終筆を太くしたり仮名の大きさに抑揚を持たせたりするオーソドックスな面を併せ持つ。1994年に発売された。この書体のデザインには、手作業で下書きをし、アウトラインの生成から仕上げはMacintoshで行うという手法がとられた。大日本スクリーンが商品化を急いだことが背景にあるが、以降仕上げをコンピュータで行うことが一般化した。

前述の通り、アップルmacOSおよびiOSの日本語システムフォントにも採用されている。

2010年12月からネクスコ3社が、高速道路に設置する案内標識の和文部分の書体として従来の「和文公団文字」にかえて「ヒラギノ角ゴシック体 W5」を使用している(首都高速や一部の高速道路は新ゴを使用)[3]

ヒラギノ行書体編集

毛筆耕の田中馨の元字を字游工房が監修する形で制作され、1996年に発売が開始された。見出し用の太い筆書系書体としては当時あまりなかったことから、特太のW8の制作が先行した。田中は、一度も筆で書いたことがなく、書道字典にもない第2水準の漢字に苦労したという。

ヒラギノ丸ゴシック体編集

2002年に発売されたが、先行して2001年にW4がMac OS Xに搭載された。ヒラギノ角ゴシック体をベースに、丸ゴシックらしさのために柔らかい感じを出すなどの調整が施されている。

ヒラギノUD角ゴ・角ゴF・丸ゴ・明朝体編集

ユニバーサルデザインに対応した角ゴシック・丸ゴシック・明朝体。視認性に加え、可読性を重視したコンセプト[4]として、2009年に発売された。それまでのヒラギノ書体よりも横線・払い・濁点など「文字における線同士の間隔や幅」を調整し、小さいサイズでも視認性を保てるように設計されている[5]。欧文はいずれもヒラギノUD書体独自のデザインで、各ウェイトとも文字幅を共通にしている。UD角ゴ・UD角ゴF・UD丸ゴのウェイトはW3〜W6の4種類、UD明朝はW4、W6の2種類。UD角ゴFのFは“Flat” “Fine”を意味し、漢字と仮名の字面をほぼ一定にし、明るくすっきりしたデザインを意図している[6]

ヒラギノ角ゴ オールド編集

金属活字の初号ゴシックを基にデザインされた字游工房の仮名書体「游築(ゆうつき)初号ゴシックかな」ファミリーに、ヒラギノ角ゴシックの漢字や欧文などを組み合わせ総合書体としたもの[7]

游築五号仮名、游築36ポ仮名編集

築地体東京築地活版製造所の活字で、日本の明朝体活字の源流のひとつ)をベースに、ヒラギノ明朝とマッチするように新たな着想が加えられた仮名書体。名称の游築(ゆうつき)は、字工房と地の合成。本文用の「五号活字」を基にした「游築五号仮名」と見出し用の「36ポイント活字」を基にした「游築36ポ仮名」がある。和文の金属活字はウェイト制デザインを採らず、文字のサイズによってそれぞれ異なるデザインがなされていた。

ヒラギノ角ゴAD仮名編集

ヒラギノ角ゴシック体と組み合わせて使う仮名専用書体で、標準仮名と違い大きさがほぼ一定したデザイン。ヒラギノUD角ゴFに含まれる仮名の基になった[8]

ヒラギノ角ゴ 簡体中文編集

 
ヒラギノ角ゴ 中文(いずれもmacOSに付属する)

ヒラギノ角ゴシック体の簡体字中国語版。日本企業によるフォント製品として初めて中華人民共和国政府から国家規格GB 18030への適合認証を受けた。開発に当たっては中国のフォントベンダ・北京漢儀科印信息技術有限公司の協力を受けた。2008年に発表、2009年にMac OS X Snow Leopardに搭載され、同年発売された。2011年のMac OS X Lion以降のOSでは、中国語名「冬青黑体简体中文」、日本語名「ヒラギノ角ゴ 簡体中文」とそれぞれの言語環境で表示される。

ヒラギノ角ゴ 繁体中文編集

ヒラギノ角ゴシック体の繁体字中国語版。2017年に「ヒラギノ角ゴシック体 TC」として発売されたが、先行して2016年に「ヒラギノ角ゴシック体 CNS」としてmacOS Sierraに搭載された。中国語名「冬青黑體繁體中文」、日本語名「ヒラギノ角ゴ 繁体中文」とそれぞれの言語環境で表示される。

収録字数編集

現行日本語書体(otf形式)では、StdN書体はAdobe-Japan1-3の9499グリフを収録する。ProN書体はAdobe-Japan1-5の2万0327グリフを収録し、JIS X 0213や「表外漢字字体表」に含まれる全文字をカバーする。Pr6N書体はAdobe-Japan1-6の2万3060グリフを収録する。

簡体字中国語書体は、中国国家規格に定められた2万8522字すべてを含むAdobe-GB1-4の2万9064字のグリフセットを収録する。

繁体字中国語書体は、Adobe-CNS1-6の1万9156字のグリフセットを収録する。

Macの標準搭載書体編集

かつてのOS Xには、以下のフォントが標準インストールされていたが、macOS Sierra以降では単体ダウンロードも不可能となっている[9]

  • ヒラギノ角ゴ Pro W3
  • ヒラギノ角ゴ Pro W6

macOSには、以下のフォントが標準インストールされる。

  • ヒラギノ角ゴ Std W8
  • ヒラギノ明朝 Pro W3
  • ヒラギノ明朝 Pro W6
  • ヒラギノ丸ゴ Pro W4

Mac OS X v10.5では、JIS X 0213:2004の例示字体を標準とする以下のProN/StdNフォントが追加された。

  • ヒラギノ角ゴ ProN W3
  • ヒラギノ角ゴ ProN W6
  • ヒラギノ角ゴ StdN W8
  • ヒラギノ明朝 ProN W3
  • ヒラギノ明朝 ProN W6
  • ヒラギノ丸ゴ ProN W4

Mac OS X v10.6では、簡体字中国語フォントとして、以下のフォントが追加された。

  • Hiragino Sans GB W3
  • Hiragino Sans GB W6

OS X El Capitan(〜macOS Catalina[10])では、ゴシック体がW0〜W9の10ウェイトとなり、以下のフォント名(英語名)として追加されている[11]

  • ヒラギノ角ゴシック W0 (Hiragino Sans W0)
  • ヒラギノ角ゴシック W1 (Hiragino Sans W1)
  • ヒラギノ角ゴシック W2 (Hiragino Sans W2)
  • ヒラギノ角ゴシック W3 (Hiragino Sans W3)
  • ヒラギノ角ゴシック W4 (Hiragino Sans W4)
  • ヒラギノ角ゴシック W5 (Hiragino Sans W5)
  • ヒラギノ角ゴシック W6 (Hiragino Sans W6)
  • ヒラギノ角ゴシック W7 (Hiragino Sans W7)
  • ヒラギノ角ゴシック W8 (Hiragino Sans W8)
  • ヒラギノ角ゴシック W9 (Hiragino Sans W9)

macOS Sierraでは、繁体字中国語フォントとして、以下のフォントが追加された。

  • Hiragino Sans CNS W3
  • Hiragino Sans CNS W6

iPhone、iPadの標準搭載書体編集

iPhoneiPod touchiPadには、以下のフォントが標準インストールされる。

  • HiraKakuProN-W3(「ヒラギノ角ゴ ProN W3」のPostScript名[12]
  • HiraKakuProN-W6(「ヒラギノ角ゴ ProN W6」のPostScript名[12]

iPadやiOS 4では、以下のフォントが追加された。

  • HiraMinProN-W3(「ヒラギノ明朝 ProN W3」のPostScript名)
  • HiraMinProN-W6(「ヒラギノ明朝 ProN W6」のPostScript名)

iOS 11では以下のフォントが追加された。

  • HiraMaruProN-W6(「ヒラギノ丸ゴ ProN W4」のPostScript名)

一太郎のバンドル書体編集

  • 一太郎2012 - 2012年2月発売の『一太郎2012 承』のプレミアム/スーパープレミアムにotf形式フォント6書体がバンドルされた[13]。Mac OS X v10.5以降に標準インストールされているProN/StdNフォントとほぼ同等のもの。一太郎2012をインストールした後に、”ヒラギノ丸ゴ StdN W4”がインストールできないという問題はジャストシステムが提供する”ヒラギノフォント&専用スタイルセット アップデートモジュール”を適用することで回避できる。
    • ヒラギノ明朝 ProN W3/W6
    • ヒラギノ角ゴ ProN W3/W6/StdN W8
    • ヒラギノ丸ゴ ProN W4
  • 一太郎2015 - 2015年2月6日に発売された『一太郎2015』プレミアム/スーパープレミアム 30周年記念パックにも、UDフォントが2書体バンドルされた。
    • ヒラギノUD角ゴ StdN W3/W6

購入・年間ライセンス編集

Macで標準インストールされるもの以外を導入する場合、Windowsで利用する場合は、買い切りのダウンロード製品を購入するか、もしくはモリサワのフォントライセンス「MORISAWA PASSPORT / 同 ONE」を利用する必要がある。買い切りダウンロード製品の基本6書体セットの構成は以下の通り。

  • ヒラギノ角ゴ ProN/Pro W3, W6
  • ヒラギノ角ゴ StdN/Std W8
  • ヒラギノ丸ゴ ProN/Pro W4
  • ヒラギノ明朝 ProN/Pro W3, W6

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集