メインメニューを開く

ヒルトン東京(ヒルトンとうきょう、英語表記Hilton Tokyo)は、東京都新宿区西新宿6丁目にある高級ホテル。運営はヒルトン・インターナショナル傘下の日本ヒルトン株式会社。

ヒルトン東京
Shinjyuku International Building 2009.jpg
ホテル概要
正式名称 ヒルトン東京
運営 日本ヒルトン
所有者 東京都市開発
前身 東京ヒルトンホテル
階数 地下4階 - 地上38階
部屋数 825室
開業 1963年6月(現在地では1984年9月1日)
最寄駅 東京メトロ西新宿駅
最寄IC 首都高速4号新宿線新宿出入口
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿六丁目6番2号
位置 北緯35度41分33.1秒 東経139度41分27.8秒 / 北緯35.692528度 東経139.691056度 / 35.692528; 139.691056座標: 北緯35度41分33.1秒 東経139度41分27.8秒 / 北緯35.692528度 東経139.691056度 / 35.692528; 139.691056
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
ヒルトピア
Hiltopia
新宿国際ビルディング事務所棟。左側のガラスが多いほうが新館、右側の丸みを帯びたほうの建物が本館。
新宿国際ビルディング事務所棟。左側のガラスが多いほうが新館、右側の丸みを帯びたほうの建物が本館。
店舗概要
開業日 1984年9月
商業施設面積 2,420 m²
店舗数 29店
最寄駅 東京メトロ西新宿駅
外部リンク ヒルトピア
テンプレートを表示
宿国際ビルディング事務所棟の出入口。ヒルトン東京とは独立している。
ホテル送迎バス(2018年撮影)

概要編集

1964年東京オリンピック開催による国際ホテル建設促進に則り、アメリカヒルトン・インターナショナル(以下ヒルトン)が日本進出を図ることになり[1]東京急行電鉄(東急)との合弁会社「東京ヒルトンホテル株式会社」を通じて1963年6月北大路魯山人の名門料亭「星ヶ岡茶寮」(東京都千代田区永田町)の跡地に「東京ヒルトンホテルTokyo HILTON HOTEL)」として開業した。

ヒルトンは現在のホテルニューオータニの場所を購入してのホテル建設を計画したが、土地保有者の大谷工業の関連会社である大谷鐵工に、現在のホテルニューオータニイン東京大崎)の土地との抱き合わせで高額な価格を提示されたことで断念した。東京急行電鉄との合弁に切り替え、星ヶ岡茶寮跡地を有していた東急がホテルを建設し、「東京ヒルトンホテル」として運営した。用地売却を断念した大谷鐵工は業態転換し「ホテルニューオータニ」を開業することとなった。

「東京ヒルトンホテル」は、東急とヒルトンの間で開業後20年間の合弁契約が締結されていたが、東急側が、1967年4月頃に「Hotel Japan Tokyu」に改称する。ヒルトン側が東京地裁へ仮処分を申請し改称が差し止められたことで「東京ヒルトンホテル」に復帰したが、その後も契約期間等の軋轢をめぐり裁判沙汰となる。しかし、当初の契約期間満了により1983年12月31日に閉館となり、翌1984年1月1日からは東急ホテルチェーンの「キャピトル東急ホテル」として運営されることになった(2006年に閉館して、建て替えられた。ザ・キャピトルホテル東急が後身)。

ヒルトンは東京ヒルトンホテルの代替として新たに100%子会社(現在はヒルトンジャパンの傘下)の日本ヒルトン株式会社を1981年に設立し、1984年9月1日に新宿国際ビルディング(地上38階建て)内に日本初の完全外資によるシティホテル『東京ヒルトン インターナショナルTokyo HILTON International)』を開業した。その後、名称を現在の『ヒルトン東京』へ改称した。周辺はパークハイアット東京ハイアットリージェンシー東京京王プラザホテルなど高級指向の大型シティホテルが所在する競合地域となっている。

館内設備は高速インターネット通信完備のエグゼクティブ&デラックスフロアを含む全825室、6つのレストラン&バー、大小20の宴会場、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコート、ビジネスセンターなどがある。1996年に最寄り駅となる西新宿駅が開業したが、新宿駅からは離れた場所に立地するためホテル利用者専用のシャトルバスが運営されている。

新宿国際ビルディング編集

ヒルトン東京は、東京都市開発株式会社(東京都が一部出資)が所有・管理する新宿国際ビルディングのホテル区画に入居している。多くの部分はヒルトン東京だが、オフィス部分(新宿国際ビル本館とも)があり、隣接する新宿国際ビルディング新館とともに各種企業などが入居している。ホテルとは独立したオフィス用のロビー(出入口)がある。また、新宿国際ビルディング一帯は1980年に着手された「西新宿六丁目中央地区市街地再開発事業」によって開発されたものである。

1996年の西新宿駅開業に伴い整備されたタイムズアベニュー(新宿歩行者専用道第1号線)とは1997年に接続している。

ビル全体の地下1階は、ヒルトピアHiltopia)という地下街ショッピングモール)となっており物販・飲食・サービスの店舗約30がある。運営は東京都市開発子会社の株式会社ヒルトピアであり、日本ヒルトンの直営施設ではない。また、地下4階には東京都下水道局による「新宿副都心水リサイクルセンター」があり、新宿の各高層ビルのトイレ用として下水道の処理水に殺菌処理等を施した再生水(中水)を供給・管理している。

不祥事編集

ミシュランガイド東京2008で二つ星の評価を受けていたレストラン「トゥエンティワン」(ヒルトン東京が運営)において、メニューなどで産地偽装が行われていたとして、2008年12月16日公正取引委員会から排除命令を受けた[2]。メニューで前沢牛と表示しておきながら大部分が山形牛であったり、北海道ボタンエビと表示しておきながらカナダ産冷凍エビだったりしたという、景品表示法第4条第1項第1号(優良誤認)の規定に違反する事実が認定されたことによるものである。「トゥエンティワン」は営業自粛を経て閉店した。2008年11月、店舗跡地に「ル・ペルゴレーズ」が入居しレストラン業を再開した。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 米国統治下の沖縄に米国人向けの「沖縄ヒルトン」がヒルトン直営で存在していた。1970年代に「沖縄シェラトン」に改称したあと廃業し、建物は約30年間廃墟に近い状態となっていたが、2005年に「コスタビスタ沖縄」として蘇っている。
  2. ^ 日本ヒルトン株式会社に対する排除命令について

外部リンク編集