メインメニューを開く

ヒル・GH2 (Hill GH2) は、エンバシー・ヒルが開発したフォーミュラ1カー。実戦には参加しなかった。

ヒル・GH2
011 9tes ATM Unter der Bavaria - Oldtimertreffen auf der Theresienwiese Hill GH2 Formel I.JPG
カテゴリー F1
コンストラクター エンバシー・ヒル
デザイナー アンディ・スモールマン
先代 ヒル・GH1
主要諸元
エンジン フォード-コスワース DFV 3.0 V8
主要成績
ドライバー トニー・ブライズ
出走優勝ポールFラップ
0000
テンプレートを表示

GH2はアンディ・スモールマンがエンバシー・ヒルのために製作した初のオリジナルマシンであり、1976年シーズンに投入される予定であった。1975年シーズンに使用されたヒル・GH1はローラ・T371を基にしていた。

GH2には非常にフラットなサイドボックスがあり、スリムなシルエットをしていた。トニー・ブライズの手によって1975年の夏の終わりにシルバーストン・サーキットで包括的なテストが始められた。記録されたタイムは良好で、チームは成功の希望が与えられた。

1975年11月の飛行機事故でグラハム・ヒル、トニー・ブライズ、アンディ・スモールマンが死亡したため、プロジェクトは停止した。GH2はその後も開発が続けられたが、チームの消滅に伴って実戦を走ることは無かった。現在はイギリスの自動車博物館で展示されている。

参考文献編集

  • David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. Motorbuch-Verlag, Stuttgart 1994, ISBN 3-613-01477-7, S. 116.

外部リンク編集