ヒントン・バトル

ヒントン・バトル: Hinton Battle1956年11月29日[1] - )は、西ドイツ生まれ、ワシントンD.C.ニューヨーク育ちのダンサー振付師歌手である[2]

来歴編集

9歳よりバレエを学んだ[2]1975年、「The Wiz」(ザ・ウィズ)の案山子役でブロードウェイ・デビューした[2]

ソフィスティケイテッド・レディ英語版」(1981年)、「タップ・ダンス・ キッド英語版」(1984年)、「Miss Saigon」(ミス・サイゴン1991年)でトニー賞助演男優賞を受賞した[2]アフリカ系アメリカ人として3度のトニー賞受賞は初めてであった[2]

ボブ・フォッシーの「ダンシン英語版」(1978年)、マイケル・ベネット英語版の「Dreamgirls」(ドリームガールズ1982年)、「Chicago」(シカゴ1997年)、「ラグタイム英語版」(1998年)などに出演した[2]。映画「Idlewild英語版」(2006年)の振付を担当した[2]

1987年に「なんばグランド花月」のこけら落しのショー「アメリカン・バラエティ・バン!」で主演した[2]。26年ぶりの2013年の再演「ヒントン・バトルのアメリカン・バラエティ・バン!」では振付・演出・脚本・主演を務めた[2]

ジャズシンガーとして「Something New」、「Hinton Battle meets Count Basie Orchestra」をリリースした[2]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Hinton Battle - オールムービー(英語)
  2. ^ a b c d e f g h i j http--hbda.jp-”. ヒントン・バトル ダンスアカデミー. 2016年12月12日閲覧。

外部リンク編集