ヒース・ブラザース

パーシーとジミー1977年、ロックフェラー・センターにて

ザ・ヒース・ブラザース(The Heath Brothers)は1975年にジミー・ヒース(テナー・サックス)、パーシー・ヒース(ベース)、アルバート・ヒース(ドラム)の3兄弟とスタンレー・カウエル(ピアノ)によりフィラデルフィアで結成されたアメリカ人のジャズ・グループ。

トニー・プローン(ギター)と、ジミーの息子エムトゥーメ(パーカッション)も後に参加した。1978年にアルバートが脱退、1982年に戻るまでアキラ・タナが代役を勤めた。[1]

グループは現在ジミーとアルバートでやっている。2004年のDVD『Brotherly Jazz: The Heath Brothers』はパーシーが亡くなる少し前に収録され、兄弟がそろって演奏する最後の機会になった。同作品は彼らの私生活、20世紀後半のジャズの社会的問題(投獄・麻薬・差別・人種隔離)を扱っている。

盤歴編集

  • Passin' Thru (1978) (Columbia Records)
  • Live at the Public Theatre (1979) (Columbia Records)
  • In Motion (1979) (Columbia Records)
  • Expressions of Life (1980) (Columbia Records)
  • Brotherly Love (1981) (Antilles Records)
  • Brothers and Others (1981) (Antilles Records)
  • As We Were Saying (1997) (Concord Records)
  • Jazz Family (1998) (Concord Records)
  • Endurance (2009) (Jazz Legacy Productions)

参照編集

外部リンク編集