メインメニューを開く

ヒートホークとは、アニメ機動戦士ガンダム』などガンダムシリーズに登場する架空の武器。

概要編集

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』第4話から登場。ザクII S型(シャア専用ザク)がガンダムとの交戦時に使用し、ガンダムバズーカを切断したほか、ビームサーベルとのつば迫り合いを行った。「ヒートホーク」という呼称は第5話作中で言及され、同話では赤熱化しガンダムシールドに損傷を与える描写もみられる。また、第21話ではタチ機のザクIIが、ヒートホークによってガンダムの脇腹部に切れ込みを入れる場面もみられた。

設定面では、高熱を発生して敵を切断する資料[1][2]、元は宇宙空間におけるコロニー建設作業用の工具が発展したものであり、高周波誘電、超音波振動によって刃を高温化しているとした資料もみられる[3]

宇宙世紀以外でのヒートホーク編集

アフターウォーを舞台にしたテレビアニメ『機動新世紀ガンダムX』では、旧革命軍の機体であるジェニスの装備としてヒートホークが存在する[4]

脚注編集

  1. ^ 『ガンダムセンチュリー』みのり書房、1981年9月、銀河出版、2000年3月(復刻版)、37頁。ISBN 4-87777-028-3
  2. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション1 ザク編』講談社、1984年4月2日、2006年7月(復刻版)、88頁。ISBN 978-4063721751
  3. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ MS-06 ザクII』ソフトバンククリエイティブ、2017年3月、126-127頁。ISBN 978-4-7973-8800-8
  4. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集2015』メディアワークス、2015年6月発売、457頁。ISBN 978-4048650960