メインメニューを開く

ビジナ・イヴァニシヴィリグルジア語:ბიძინა ივანიშვილი、1956年2月18日 - )は、グルジアの政治家、実業家。2012年から翌年にかけて、グルジア首相を務めた。2013年の大統領選後、長年の盟友であったイラクリ・ガリバシヴィリを後継者として政府と党における役職を自発的に辞職した。

ビジナ・イヴァニシヴィリ
ბიძინა ივანიშვილი
Bidzina Ivanishvili 2013-07-19.jpg
生年月日 (1956-02-18) 1956年2月18日(63歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Georgian Soviet Socialist Republic (1951–1990).svg グルジア・ソビエト社会主義共和国 チョービラ
出身校 トビリシ国立大学
前職 実業家
所属政党 グルジアの夢 - 民主主義グルジア
配偶者 エカテリーネ・クヴェデリゼ
サイン Ivanishvili signature (new).png

内閣 ビジナ・イヴァニシヴィリ内閣
在任期間 2012年10月25日 - 2013年11月20日
大統領 ミヘイル・サアカシュヴィリ
ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ
テンプレートを表示

来歴編集

 
イヴァニシヴィリのビジネス・センター。この建物の設計は日本の建築家である高松伸が行った(トビリシ

ソビエト連邦時代に、グルジア国内のチョービラという村で、貧しい一家の5人兄弟の末っ子として生まれる。父親はマンガン工場で働いていた。

高校卒業後、トビリシ国立大学へ進学。工学経済学を学び、卒業する。1982年にはモスクワモスクワ鉄道工学国立大学にて経済学のPh.Dを取得した。

1990年にユダヤ系ロシア人の実業家であるヴィタリー・マルキンと出会い、共同でコンピュータの販売やプッシュ式電話機の輸入事業を行うようになり、本格的にビジネスマンとして活動を始める[1]。後にイヴァニシヴィリは金属に関係する事業と銀行業で大成功をおさめ、ソ連崩壊以降の混乱期において有力なオリガルヒの一人となる。

その後も実業家としてロシアやグルジアで活躍するも、2012年にグルジア政界へ活動の場を移す。

2012年4月、イヴァニシヴィリはグルジアでサアカシュヴィリ政権に対抗するための政党「グルジアの夢=民主グルジア」を結党。同年10月1日の総選挙で第一党の地位を獲得。親サアカシュヴィリ派政権を内閣総辞職に追い込み[2]、イヴァニシヴィリは首相となった。

政治姿勢編集

南オセチア紛争以降、国交断絶状態が続いているロシア連邦との関係改善に意欲を見せている。また、サアカシュヴィリ政権下での国民に対する人権侵害や、南オセチア紛争の開戦の経緯についての徹底した真相究明に取り組む姿勢を見せている[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集