ビスマルク・バレット・ファリア

ブラジルのサッカー選手

ビスマルク・バレット・ファリア(Bismarck Barreto Faria、1969年9月17日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手、移籍代理人会社の経営者。元ブラジル代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー。名前はブラジルポルトガル語に近い表記だとビスマルキ・バヘート・ファリーアになる。

ビスマルク Football pictogram.svg
名前
本名 ビスマルク・バレット・ファリア
Bismarck Barreto Faria
ラテン文字 BISMARCK
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1969-09-17) 1969年9月17日(50歳)
出身地 リオデジャネイロ州サンゴンサロ
身長 177cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF (OH)
利き足 右足
代表歴
1989-1990 ブラジルの旗 ブラジル 13 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

ブラジルのヴァスコ・ダ・ガマなどでプレーし、1990年ワールドカップイタリア大会ブラジル代表のメンバーに選ばれたが出場はしていない。

1993年、当時コパ・リベルタドーレスを制したサンパウロセルタ・デ・ビーゴといったクラブへのステップアップの可能性もあったが、話がまとまらず[1]、Jリーグ・日本信販・NICOSシリーズ(第2ステージ)にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)加入することとなった。Jリーグ初ゴールは8月7日のジェフ市原[2]。1993年のリーグカップでは決勝の清水エスパルス戦でゴールを決めて優勝に貢献[3]、1994年のリーグカップ準決勝のガンバ大阪戦ではハットトリックを決め[4]、決勝進出に貢献、決勝のジュビロ磐田戦でもヴェルディの2点目を決め、優勝に重要な役割を果たした。1993~95年の3年連続で同シリーズステージ優勝、また1993、94年のJリーグ年間チャンピオンに貢献した。ここでは多くのチャンスを演出[5]、個人としても2年連続のベストイレブンに選出された[6]

その後、チームの運営方針の見直しから、1997年に鹿島アントラーズに移籍。10番としてプレー、1998年、2000年のシーズンのリーグ年間優勝の中心選手となった。1998年度のJリーグチャンピオンシップ、ジュビロ磐田戦のセカンドレグでは先制ゴールをアシストしただけでなく、更に直接FKも決めて優勝に大きく寄与した[6]。1999年のJリーグではアシストランキングで3位となる12アシストを決めた[7]。2000年は天皇杯決勝、川崎フロンターレ戦でダメ押しゴールを決めるなど[8]、Jリーグ初の三冠に貢献、2001年度のJリーグチャンピオンシップ、ジュビロ磐田戦のセカンドレグでは負傷の影響で50分に途中交代を強いられたが[9]、チームは勝利し優勝を果たし退団した。

一度帰国した後、2003年には降格の危機に瀕したヴィッセル神戸に9月から加入[10]。チームのJ1残留に貢献する活躍を見せるも、契約満了に伴いその年限りで現役を引退した[11]。Jリーグでは通算283試合69ゴール、Jリーグカップでは57試合23ゴールの成績を残した[2]

2004年に母国ブラジルのリオデジャネイロに代理人事務所を設立、アレックス・ミネイロの鹿島移籍を手がけるなど、代理人として活動している[12]

エピソード編集

  • ゴールを決めた後、眉間を指でつまんでひざまずき、祈りをささげるパフォーマンスをするのが習慣で、当時これの真似が大流行した[6]が、本人曰く「得点したことにではなく、日本という素晴らしい国でプレー出来ていることを神に感謝していた」。
  •  背番号固定制施行以前のV川崎時代は主に背番号7で出場していた。本人は背番号10に強いこだわりを持っていたが、当時V川崎のチームメートであるラモス瑠偉に敬意を表し、自ら7番を選択した。ラモスが日本代表に合流してチームを離脱した間に行われた1993年のナビスコカップでは、グループステージ最終節の平塚戦だけ10番で出場した(このときの7番は永井秀樹)が、ノックアウトステージではビスマルクは7番に戻し、準決勝の横浜F戦では永井、決勝の清水戦ではラモスがそれぞれ10番を付けた(グループステージ第五節の戦のみビスマルクが7番、菊原志郎が10番)。その後移籍したアントラーズでは10番を着用した[6]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1987 ヴァスコ・
ダ・ガマ
1988
1989
1990
1991
1992
1993
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 V川崎 主に7 J 17 6 7 6 3 2 27 14
1994 42 14 3 6 2 1 47 21
1995 51 11 - 3 1 54 12
1996 27 5 15 2 5 3 47 10
1997 鹿島 10 32 11 11 3 5 2 48 16
1998 30 6 3 0 3 1 36 7
1999 J1 23 7 5 2 2 1 30 10
2000 26 3 7 2 4 0 37 5
2001 26 6 6 0 0 0 32 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2002 フルミネンセ
2002 ゴイアス 10 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 神戸 10 J1 9 0 6 0 0 0 15 0
通算 ブラジル
日本 J1 283 69 62 25 24 11 369 105
総通算

その他の公式戦

  • 1993年
  • 1994年
  • 1995年
    • サンワバンクカップ 1試合1得点
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点
  • 1996年
  • 1997年
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 1998年
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 1999年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2000年
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点
  • 2001年
    • スーパーカップ 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点

国際大会

個人タイトル編集

代表歴編集

出典編集

  1. ^ ビスマルクW杯を諦め、日本に残ったんだ”. number.bunshun.jp. 2020年4月16日閲覧。
  2. ^ a b ビスマルク”. data.j-league. 2020年4月16日閲覧。
  3. ^ 93Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝戦”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ Jリーグカップ ハットトリック一覧”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  5. ^ 東京ヴェルディ、歴代最強外国籍選手5人。ビスマルクにエジムンド…伝説的ブラジル人の系譜”. /www.footballchannel. 2020年4月23日閲覧。
  6. ^ a b c d 鹿島アントラーズ、歴代最強外国籍選手5人。神様ジーコに続く、常勝軍団を作り上げたブラジル人たち”. www.footballchannel.jp. 2020年4月20日閲覧。
  7. ^ 週刊サッカーマガジン 1999年12月29日 no.743号 p.22-25 ベースボールマガジン社
  8. ^ 2000Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝戦”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  9. ^ 2001サントリーチャンピオンシップ 第2戦”. number.bunshun.jp. 2020年4月16日閲覧。
  10. ^ MFビスマルク選手加入決定のお知らせ(8/26) - ウェイバックマシン(2005年2月5日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2003年8月26日)
  11. ^ オゼアス選手、ビスマルク選手との契約について(12/5) - ウェイバックマシン(2002年6月1日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2003年12月5日)
  12. ^ カズと10年ぶり再会ビスマルク氏”. www.nikkansports.com. 2020年4月21日閲覧。

外部リンク編集