新宿駅にて。

ビッグイシュー英語: The Big Issue)は、ホームレス状態にある人や生活困窮者に対して「雑誌販売」という仕事を創る社会的企業イギリスで発祥、日本では2003年に創刊した。雑誌は路上で販売され、定価の半分以上が販売者の収入となる。寄付・チャリティと異なり、仕事を提供し自立を応援する事業である。こうした雑誌および新聞は、世界各地でストリートペーパーと呼ばれる。

概要編集

1991年、イギリスの化粧品製造会社の創業者であるゴードン・ロディックがアメリカで、ホームレスのみが販売できるストリート新聞を見かけたことをきっかけに、知人でホームレス経験のあるジョン・バードに依頼・調査してもらった。すると、「事業としてロンドンで成功するだろう」という結論を導き出した。英語の「イシュー (issue)」には「問題」と「出版物の発行」の二つの意味がある。

誌面内容はホームレス問題をはじめとする様々な社会問題のみならず、著名人のインタビューなどエンターテインメントの側面も重視している。1991年にロンドンで『ビッグイシュー』の第1号を発行した際は、大成功を収めた。その後、イギリス各地はもとより世界各地に広がり、各言語への翻訳と発行地域での独自取材した記事を組み合わせて、発行されている。

野良猫だったボブとビッグイシューの販売者をしていた青年の実話をもとにした映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』で日本を含め世界的に知名度が上がった。

イギリス女王エリザベス2世が1度購入したことがある。

発売している国・地域編集

英国編集

各国版編集

  • The Big Issue Australia
  • The Big Issue South Africa
  • The Big Issue Japan(2003年9月より創刊、詳細は「日本版」の項)
  • The Big Issue Korea(2010年7月より創刊)
  • The Big Issue Taiwan(2010年4月より創刊)

日本版編集

日本では、2003年9月より大阪市にて、民間シンクタンクの代表であった佐野章二が中心となって日本語版を発行するようになった。体裁はA4判カラーページで32ページ前後。当初は月刊であったが、2018年7月時点では月2回刊(毎月1日・15日)。

発行元である「有限会社ビッグイシュー日本」に登録し、顔写真とナンバー入りの身分証を交付された「ベンダー」と呼ばれる販売者のホームレスから、通行人らが購入する。ベンダーは活動中、身分証を胸元に提示している。定価は450円で、最初の10冊は無料で提供される。それ以降は1冊220円で仕入れ、販売することで1冊につき230円(売り上げの51.1%)がベンダーの収入となる[1]。創刊から2007年9月までは定価200円で、1冊当たり110円(売り上げの55%)がベンダーの収入となっていた。また、2007年10月から2014年4月の消費税率引き上げまでは定価300円で、1冊当たり160円(売り上げの53.3%)がベンダーの収入となっていた。2014年4月から2020年3月までは定価350円で、1冊につき180円(売り上げの51.4%)がベンダーの収入となっていた。

2019年9月1日現在、創刊から16年で842万冊を販売、12億7,630万円が販売者の収入になり、延べ1869人が登録、202人が就職口を得ている[2]。2010年度に全国で約160人いた販売員は、ホームレス全体の減少を反映して約110人(2019年9月時点)に減少している[2][3]。販売地域は12の都道府県に広がっているものの、部数はピークの年間69万冊(2010年度)から39万冊(2016年度)に減り、採算ラインを割り込んだ。ビッグイシューはホームレスの減少自体は喜ばしいこととしつつ、定期購読者の募集などの対策に取り組んでいる[4]

販売員に対しては「道路の使用許可を得て販売しているのか?」という疑問を持つ者もあるが、実際には道路の使用許可は必要はない[注釈 1]

「有限会社ビッグイシュー日本」のほか、「認定NPO法人 ビッグイシュー基金」も販売者の住宅支援や健康支援などを行っている。

雑誌内容編集

表紙は国内外の著名人や俳優が多い。国内では草間彌生、真木よう子、リリーフランキー、Superfly、画家・奈良美智の作品、羽生善治サヘル・ローズ水曜日のカンパネラなどが登場したことがあり、海外ではポール・マッカートニーやダライ・ラマ14世QUEENベネディクト・カンバーバッチなど。特集に関連した表紙の号もある。

ホームレス状態にある人をはじめとして社会的に排除されがちな人々、弱い立場にある人々の社会問題を取り上げることが多い。また、市民運動や市民による社会問題解決の試み・地域づくり・活動などの特集、自然・環境に関する特集もある。エンターテインメントとしては国内外の俳優や音楽家、芸術家らのインタビュー、健康、文化などについて取り上げている。また、日本であまり報道されない海外の社会問題の記事も多い[注釈 2]

連載には、タイの漫画家ウィスット・ポンニミットが描くコミック「マムアンちゃん」や「宇宙・地球・人間 池内了の市民科学メガネ」「雨宮処凛の活動日誌」「原発ウォッチ」「浜矩子のストリート・エコノミクス」など。読者からの悩みに販売者がアドバイスをする「ホームレス人生相談」や国内外の販売者のこれまでの人生や雑誌販売の仕事についてインタビューをした「今月の人」コーナー[5]もある。

今や世界で著名となった自閉症の作家東田直樹も以前連載をしていた(ビッグイシューから書籍化されている)。

2015年からは、41号より続いていた連載「ホームレス人生相談」と枝元なほみによる料理コーナーを統合した[注釈 3]

2006年10月15日発行の59号では、2ページ強にわたってウィキペディアについての記事が掲載された。

販売都市編集

原則、書店ではなく路上で販売している。各都市の具体的な販売場所は公式サイトで掲載している[6]。発行元である有限会社ビッグイシュー日本の事務所は東京と大阪にあり、そのほかの地域は括弧内の組織が支援している。

また、全国から定期購読による協力を呼び掛けている[7][8]ほか、全国のカフェやショップ、映画館など[9]でも販売している。図書館で読めるところもある[10]。「ビッグイシュー・オンライン」[11]では過去記事などを配信している。

書籍編集

雑誌の連載などを書籍化し、発行している。書籍は雑誌よりも単価が高いため、販売者の収入分も多くなる。

  • 『社会の中で居場所をつくる-自閉症の僕が生きていく風景(対話編・往復書簡)』(東田直樹、山登敬之)
  • 『路上のうた ホームレス川柳』
  • 『クッキングと人生相談~悩みこそ究極のスパイス』(ビッグイシュー日本販売者、枝元なほみ)
  • 『社会を変える仕事をしようーホームレスに10億円をもたらした企業の13年』Kindle版(佐野章二)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 詳細は講座・講演録 ホームレスの自立支援のための新しい試み(一般社団法人部落解放・人権研究所)の「法律問題と交渉」や道路交通法第5章77-78条を参照のこと。
  2. ^ 例えば『ビッグイシュー日本版』323号リンゴ・スターのインタビューや、「“うつ”を抜く」という特集、中国で将来に希望が持てない若者に「喪」文化が広がっているという記事を掲載している。
  3. ^ ただし、2008年には『世界一あたたかい人生相談―幸せの人生レシピ』(ISBN 978-4904515006) として書籍化されているため、実質的には以前から統合されていたと言える。
  4. ^ 2007年9月から2008年4月までは「北海道の労働と福祉を考える会」が支援団体だった。
  5. ^ 2008年2月から同年6月末までは現在の団体とは別団体が販売支援を行っていたが一時販売休止し、2012年6月より販売正式再開[12]

出典編集

  1. ^ 販売のしくみ | ビッグイシュー日本版
  2. ^ a b 『ビッグイシュー日本版』創刊16周年のごあいさつ(2019年9月1日公開)
  3. ^ 【チェック】路上生活減り「ビッグイシュー」部数減 多様化する貧困『毎日新聞』夕刊2018年7月4日(2018年7月13日閲覧)
  4. ^ ビッグイシュー、部数減の苦境 売り手のホームレスが…朝日新聞DIGITAL(2017年9月10日)2018年7月13日閲覧
  5. ^ 今月の人 | ビッグイシュー日本版
  6. ^ ビッグイシューを買いたい・読みたい” (日本語). ビッグイシュー日本版. 2020年4月25日閲覧。
  7. ^ https://www.bigissue.jp/buy/subscription/(2020年4月25日閲覧)
  8. ^ "ジレンマ"をこえ新しい"ステップ"をつくりたい――雑誌価格改定(450円)などのお願い” (日本語). ビッグイシュー日本版 (2020年2月1日). 2020年4月25日閲覧。
  9. ^ ビッグイシューが買える場所(委託販売制度)” (日本語). ビッグイシュー日本版. 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ ビッグイシューが読める図書館・場所(図書館年間購読制度)” (日本語). ビッグイシュー日本版. 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ THE BIG ISSUE ONLINE(2017年12月23日閲覧)
  12. ^ 熊本地区での「ビッグイシュー」販売再開のお知らせ

関連項目編集

外部リンク編集