ビッグママ・ハウス

ビッグママ・ハウス』(原題: Big Momma's House)は、2000年アメリカ合衆国クライムコメディ映画マーティン・ローレンス主演、ラジャ・ゴズネル監督。ビッグママ変装時の特殊メイクは『ミセス・ダウト』でメイクアップ賞を受賞したグレッグ・キャノンが担当した。

ビッグママ・ハウス
Big Momma's House
監督 ラジャ・ゴズネル
脚本 ダリル・クォールズ
ドン・ライマー
製作 デヴィッド・T・フレンドリー
マイケル・グリーン
製作総指揮 ロドニー・ライバー
マーティン・ローレンス
ジェフ・クワティネッツ
アーノン・ミルチャン
出演者 マーティン・ローレンス
音楽 リチャード・ギブス
撮影 マイケル・D・オシェイ
編集 ケント・バイダ
ブルース・グリーン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年6月2日
日本の旗 2001年2月17日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $173,959,438[1]
次作 ビッグママ・ハウス2
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

FBI捜査官のマルコム・ターナーは、脱獄した銀行強盗犯のレスター・ヴェスコが元恋人のシェリー・ピアースとともに、シェリーの祖母であるビッグ・ママの家に立ち寄る可能性があるということで、相棒のジョンと一緒にビッグ・ママの家に張り込むことを命じられる。ビッグママがしばらく外出することになり、マルコムたちは家を捜索しているとシェリーから電話がかかってくる。マルコムはビッグ・ママに変装し、シェリーを探ることになった。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ a b Big Momma's House” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月13日閲覧。
  2. ^ ソフト収録の音声解説より。エンドクレジット、IMDbに記載されていない

外部リンク編集