メインメニューを開く

ビッグ・ジム・サリヴァン(Big Jim Sullivan, 1941年2月14日 - 2012年10月2日)は、イギリスギタリスト。本名はジェームズ・ジョージ・トムキンス(James George Tomkins)。

概要編集

セッション・ギタリストとして幅広いキャリアを有するミュージシャン。エディ・コクラントム・ジョーンズの伴奏を務めた事もある。

ギターを始めたばかりの少年時代のリッチー・ブラックモアが近所に住んでいて、様々な奏法を教えたというエピソードがよく知られている[1]。またレッド・ツェッペリンジミー・ペイジの師であり、60年代の英国音楽業界においてはサリバンのビッグ・ジムに対して、ペイジは「リトル・ジム」の愛称で呼ばれていた。

概歴編集

ロンドン生まれ。16歳の時にハンク・ウィリアムスの歌を聴いて音楽に関心を持ち[2]ギターを始める。当初は安価な中古のスパニッシュギターを使っていたが、後にギブソンSGを購入[2]、それとほぼ同時にプロに転向し、1960年にマーティー・ワイルド(Marty Wilde)のバックを務める[1]など、数々のセッションを手がけて実績を重ね、1969年にはトム・ジョーンズのパックを務める。それ以降もスタジオ・ミュージシャンとして活動した。

2012年10月2日、病気のために死去[3]。71歳没。

脚注編集

  1. ^ a b シンコーミュージック刊「リッチー・ブラックモア 狂気の雷舞」より。
  2. ^ a b 山本安見著「ロックギタリスト」より。
  3. ^ Guitarist ‘Big Jim’ Sullivan Dead at 71 ultimateclassicrock.com 2012年10月3日閲覧

参考文献編集

  • 財団法人ヤマハ音楽振興会刊・山本安見著「ロック・ギタリスト」(1975年・0073-208030-8528)
  • 株式会社新興楽譜株式会社刊「リッチー・ブラックモア 狂気の雷舞」(1977年・0073-61042-3129)