ビッグ・ダディ (映画)

ビッグ・ダディ』(原題: Big Daddy)は、1999年アメリカで製作されたコメディ映画

ビッグ・ダディ
Big Daddy
監督 デニス・デューガン
脚本 スティーヴ・フランクス
ティム・ハーリヒー
アダム・サンドラー
原案 スティーヴ・フランクス
製作 シド・ギャニス
ジャック・ジャラプト
製作総指揮 ジョセフ・M・カラッシオロ
アダム・サンドラー
ロバート・シモンズ
出演者 アダム・サンドラー
ディラン&コール・スプラウス
音楽 テディ・カステルッチ
撮影 テオ・ヴァン・デ・サンデ
編集 ジェフ・ガーソン
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年6月25日
日本の旗 2000年1月17日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $34,200,000[1]
興行収入 $234,801,895[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ソニー(アダム・サンドラー)はロー・スクールを卒業したものの司法試験を受けず、定職にもつかず、交通事故で得た慰謝料を株式に投資して、そのお金で毎日怠惰な生活を続けていた。ガールフレンドのバネッサもソニーの生活態度に愛想をつかして別れ話をほのめかしていた。そんなある日、親友でルームメートのケヴィンが仕事で中国に出張したまさにその日に、彼の息子だと名乗る幼い男の子ジュリアンがアパートに現れる。ジュリアンの面倒をみることでバネッサを感心させられると考えたソニーは、ジュリアンを引き取ることを思いつく。市の福祉課には自分がケヴィンであると嘘の申告をする。ジュリアンを連れてバネッサに会いに行くのであったが、バネッサはすでに父親ほど年の離れた新しい恋人とつきあい始めていた。やはりジュリアンを福祉課に引き渡そうとするものの、ジュリアンが孤児院に行かなければならないことを知り思いとどまってしまう。ジュリアンの世話に悪戦苦闘しながらもソニーは彼との絆を深めていき、また、ケヴィンのフィアンセの姉であるレイラと知り合い彼女に惹かれていく。

しかしながら、そんな生活は長く続かず、福祉課に自分がケヴィンではないとバレてしまい、ジュリアンとは離れ離れになってしまうのだった。だが、ソニーは彼を取り戻そうと考える。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

受賞・ノミネート編集

参考文献編集

  1. ^ a b Big Daddy”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月28日閲覧。
  2. ^ 1999 RAZZIE® Nominees and "Winners"”. ゴールデンラズベリー賞. 2011年11月28日閲覧。

外部リンク編集