メインメニューを開く

ビッグ・ボウの殺人』(ビッグ・ボウのさつじん、原題:The Big Bow Mystery[1]は、イズレイル・ザングウィルの推理長編小説。密室殺人を使った古典作品。

ビッグ・ボウの殺人
The Big Bow Mystery
著者 イズレイル・ザングウィル
発行日 1892年
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 文章芸術
次作 絞首刑綺譚
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

物語編集

ロンドンのボウ地区で下宿屋を営むドラブダンプ夫人は寝坊してしまい、下宿人のモートレイク氏は、すでに出かけてしまったらしい。あわててもう一人の下宿人のコンスタント氏を起こしに二階へ上ったが、ドアには鍵がかかり返事がない。不安になった夫人が、近所に住む元刑事のグロドマンを呼び寄せてドアを破ってみると、喉を切り裂かれたコンスタント氏の死体が横たわっていた。

主な登場人物編集

  • ドラブダンプ夫人 - 下宿屋の女主人。事件の第一発見者。
  • トマス(トム)・モートレイク - 社会主義活動家。
  • ジェシカ(ジェシー)・ダイモンド - モートレイクの恋人。
  • アーサー・コンスタント - 被害者。モートレイクの友人でやはり活動家。
  • デンジル・キャンタコット - 芸術性にこだわったを書く詩人。
  • ジョージ・グロドマン - 近所に住む引退した刑事。事件を捜査する。
  • エドワード・ウィンプ - グロドマンにライバル意識を持つ現役の刑事。

特徴編集

  • 密室トリックのほか、二人の探偵のうち「事件の謎を解くのはどちらなのか」が、後半の主題になっている。

書誌情報編集

  • 『ビッグ・ボウの殺人』初版 1980年 (吉田誠一:訳)早川書房 ハヤカワミステリ文庫 66-1 ISBN 4-15-073451-8

脚注編集

  1. ^ 原題のBigが修飾しているのはMysteryであるからこの訳題は誤訳である。