メインメニューを開く

株式会社ビットウェイは、かつて存在したデジタルコンテンツ流通会社。2005年10月3日、凸版印刷株式会社より分社化し設立された。

株式会社ビットウェイ
Bitway Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 東京都台東区台東1丁目5番1号
設立 2005年10月3日
業種 情報・通信業
事業内容 デジタルコンテンツの販売、取次
代表者 野副正行(代表取締役社長)
資本金 5億2千2百万円
従業員数 約120人
決算期 3月31日
主要株主 株式会社出版デジタル機構
特記事項:合併前の会社概要
テンプレートを表示

概要編集

デジタルコンテンツの仲介によるキャリア、およびポータルサイトからの収益事業。

主な事業は、コンテンツ流通事業(PCコンテンツ、電子書籍)、メディア事業、コンテンツ事業(モバイルサイト開発など)、EC事業であり、

  • 出版社などのコンテンツプロバイダーの有料コンテンツをPCや携帯電話等の通信デバイスへ配信するデジタルコンテンツの取次・販売
  • ソフトウエアのダウンロード販売や物販
  • 広告媒体開発

などを行っていた。

携帯電話サイト向けの電子書籍の配信は、草分け的な存在で、2003年末に世界ではじめて第3世代携帯電話向けの本格的なコミック配信を開始した。 現在ケータイコミックの代表的な表現技術であるマンガをコマ毎に表示する方法は、同社が初めて携帯電話のマンガビューワーとして開発し、2003年の初期まで利用されていた。また、携帯電話向けの写真集を同時期に開発した。

電子書籍市場の拡大により電子書籍の取次事業を2006年より開始した。特に、携帯コミックの取次としては、業界トップである。2007年からは携帯電話向けのECサイトを開始。2010年に開始した新たなプラットフォーム向け電子書籍取次サービスが2011年12月に累計100万ダウンロード達成した[1]

沿革編集

1999年に凸版印刷として、日本で初めて、国内大手ISPと連携したPC向けデジタルコンテンツ配信事業(サービス名:ビットウェイ)を開始。

2003年には、KDDI第3世代携帯電話向けに本格的なコミック配信を開始。

翌年の2004年には、NTTドコモ第3世代携帯電話向けとボーダフォン(現・ソフトバンクモバイル)の第3世代携帯電話向けにコミック配信を開始。コミック配信の3キャリア対応を業界で初めて達成。

2005年には、Yahoo!BBと接続し、国内主要ISP全てとの接続が完了。10月に凸版印刷より分社化し、株式会社ビットウェイを設立。

携帯公式サイトを100サイト以上運営し、携帯コミックでは業界3位。

2006年にメディア事業を展開。また、出版社とタイアップし、オリジナル携帯コミックを制作。

3年後の2009年には、海外の携帯電話向けに株式会社セルシスから「ライドオン・ソリューション」を通じ提供されたフォーマットとシャープ株式会社のフォーマット供与を得て2つのビューアを統合した「電子書籍統合ビューア」アプリケーションを世界で初めて開発[2]。これを期にフランスから順に海外の市場に参入を行う。

2010年10月、「北京比特威数碼産品有限公司」を子会社化。

2010年12月、北米向け電子書籍配信を行う子会社「ジェイマンガ株式会社」「JMANGA INC.」を設立。

2011年、電子書籍ストア事業を行う子会社「株式会社BookLive」を設立。

2013年3月、会社分割により新ビットウェイが取次事業を承継、旧ビットウェイはBookLiveに吸収され解散 [3][4]

2013年7月、出版デジタル機構がビットウェイの全株式を取得し子会社化[5][6]

2013年10月、出版デジタル機構と合併し統合された[7]

デジタルコンテンツストア編集

PC向けコンテンツ編集

ビットウェイブックス編集

電子書籍を中心に販売するサイト。2013年3月末日でサービスを終了した。

クラブビットウェイ編集

写真集や動画、外国語学習ソフトウェアなどのデジタルコンテンツのダウンロード販売を行っている。

モバイル向けコンテンツ編集

Handyコミック、Handy写真集、Handyブックス編集

全て電子書籍を中心に販売するサイト。他に、HandyきせかえDXにてきせかえウィジット、アニ★ロコとロンドローブ★モバイルでは着うた、絵文字デコっちゅではデコメを各々のサイトにて販売している。

出典編集

外部リンク編集