メインメニューを開く

ビデオウォークマン

ソニーが製造・販売していたポータブルビデオデッキ
ビデオウォークマン GV-9 1989年型 (前年に販売開始された初代GV-8より液晶画面が広い)

ビデオウォークマン (VIDEO WALKMAN) とは、ソニーが製造・販売していたポータブルビデオデッキの商標である。 TVチューナーや液晶モニターも搭載しておりTV録画も可能など、その機能から言えばポータブルテレビデオとも言える。

家庭用カムコーダのテープをカメラ本体を使わずに録画・再生できる製品として、1988年に8ミリビデオを記録再生媒体とする初代ビデオウォークマン「GV-8」が発売された。その後Hi8用、Digital8用やminiDV用の機種も発売され続けた。その後、2007年9月7日に販売開始されたHDV方式にも対応した「GV-HD700」を最後に現在は生産が終了している。

経緯編集

8ミリビデオの製品化以来、家庭用カムコーダが急速に普及していったが、当初の製品は本体に大型モニターが搭載されていなかったため、旅先や野外などのテレビがない環境では、撮影した映像はビューファインダーを覗き込まないと見ることができなかった。またソニーは8ミリビデオをVHSベータマックスに代わる次世代のビデオデッキ規格として位置づけていたものの、ビデオカメラ分野としてはともかく、家庭用ビデオデッキとしては普及しなかった。

そこでソニーは、1988年にポータブルデッキ:GV-8を発売した。これはビデオカメラのメカ部を流用し、これに操作パネルと3インチ液晶モニターを組み合わせてデッキ形筐体に仕立てたもので、テレビがない場所でも撮影した映像を手軽に楽しめるようにと企画されたものであった。また据え置き型ビデオデッキとしての普及が遅々として進まない8ミリビデオデッキの現状に業を煮やしての、起死回生の意味合いもあった。テレビチューナーも内蔵し、ポータブルテレビとしても使用可能であり、テレビ放送の録画も可能であった。「ウォークマンの8ミリビデオ版」であるとして「ビデオウォークマン」という名称が付けられ、これが現在に至るまでシリーズ名となっている。最初は液晶モニター・チューナー一体型で音声もモノラルであったものの、その後、液晶モニターやチューナーを分離した製品も発売されステレオ音声も搭載された。またハンディカムの記録媒体の変遷に連動してHi8やminiDV、Digital8に対応したものが製品化された。接続して利用可能なCCDカメラも製品化されている。なお、通常のウォークマンのロゴは使用せず、専用ロゴが用意されていた。

後を追って松下電器産業(現:パナソニック)日本ビクターからも同様の商品がS-VHSS-VHS-C)規格で発売された。しかしこれらの製品は接続するビデオカメラとワンセットの発売であり、ビデオカメラのバリエーションのひとつとして位置づけられたのが、ビデオウォークマンとの相違点である。またシャープカシオなどVHS陣営のメーカーからはフルサイズのVHS規格での液晶テレビ内蔵ポータブルビデオデッキも発売されており、こちらはサイズこそ大型であるものの、ソニーのビデオウォークマンとほぼ同様のコンセプトの製品である。これらの商品は本体にラジカセの様なハンドルが搭載されており小中学校などの教育用に利用されることも多かった。

市場動向編集

しかし、シャープから液晶ディスプレイ付きのビデオカメラ「液晶ビューカム」(8ミリビデオの項を参照)が発売されて以来、カメラ本体に3~5インチ級の大型モニタが標準搭載されるようになり、また編集用デッキとしては(カメラのメカ部をそのまま利用していることから)レスポンスや早送り・巻き戻しが遅いなどの使い勝手の悪さ、この種の超精密機器の常でもあった高価格さと故障の高さも災いし、あまりコンシュマー層に広がらず、コアな映像機器マニアや、映像が関係する業界での業務利用以外では、それほど普及したとは言えなかった。

GV-8の登場後、各社から「テレビとビデオデッキを一体型にする」というコンセプトの製品が相次いで発売されたことからも、ビデオウォークマンのコンセプトは、製品コンセプトとしては必ずしも間違っていたとは言えないが、結果的には据え置きビデオレコーダー市場では、(VHS規格と比較した)8ミリビデオ規格の劣勢を覆すには至らなかった。

しかしその後19年間に渡ってビデオウォークマンが流通したことは、1つの製品ジャンルを開拓したとも言える。

1990年代には寝台特急「北斗星」の車内でビデオウォークマンのレンタルが行われていたことがあった。航空機でも貨物機では荷物の関係で一般人が添乗する際に緊急時の説明用に、一部の航空会社では機内エンタテインメントシステムを搭載していない機材で優等クラスの乗客に貸し出していた。他にも一般のユーザーの間では自動車の後席モニターとしても利用された。こうした用途としては、液晶モニターつきのポータブルDVDプレイヤーBDプレーヤーが登場して以降、これを引き継いでいる。ビデオウォークマンは、ある意味、そうした製品のコンセプトを先取りしていたとも言える。

小型で場所を取らず、かつ長時間記録できることから車の中や頭上へ取り付けるカメラとしてテレビ番組ロケで使用するなど、映像のプロの世界では活用される事が多かった。また従来は業務用8ミリビデオカメラを用いていたビデオ業者は、DV方式のビデオウォークマンをカメラに接続して用いる事で、機材の買い換え経費を節減するといった使用も見られた。

また、2000年代に入ってからDVへの世代交代によって、8ミリビデオ・Hi8規格のカムコーダー、据え置き型デッキの生産は順次終了したが、ビデオウォークマンの製品(Digital8規格)だけは、過去に録画した8ミリビデオテープの再生用途として、2011年9月まで生産・販売が続けられ、8ミリビデオ規格としては最後に生産された機器となった。

2007年9月7日には、HDV方式にも対応した新型機「GV-HD700」が発表された。最後のビデオウォークマン製品として、細々ではあるが長らく生産が続けられた。しかしテープメディアではなく、メモリー[要曖昧さ回避]インターネット経由で、スマートフォンPCから映像データを録画再生することが主流になった現在では、生産は終了している。

製品編集

  • GV-8 初代ビデオウォークマン 8ミリビデオ
  • GV-9 GV-8の液晶モニターを大型化
  • GV-100 GV-8を小型化
  • GV-300 ステレオ音声 Hi8簡易再生に対応するが、カタログではこの機能の明記をしていない
  • GV-500 GV-300の液晶モニターを大型化
  • GV-U5 液晶モニター・チューナーを分離し、小型ビデオデッキ機能に特化
  • GV-SX50 液晶モニターを折り畳み式にしてコンパクト化 チューナーを分離
  • GV-UX7 GV-SX50の液晶モニター分離型
  • GV-A700 Hi8方式 液晶モニター付
  • GV-A100 Hi8方式 液晶モニター無
  • GV-D900 miniDV方式 液晶モニター付
  • GV-D1000 miniDV方式 液晶モニター付 メモリースティック対応 USB端子搭載
  • GV-D300 miniDV方式 液晶モニター無
  • GV-D800 Digital8方式 液晶モニター付
  • GV-D200 Digital8方式 液晶モニター無
  • GV-HD700 ハイビジョン対応 HDV方式/DV方式 液晶モニター付

備考編集

ビデオを再生・鑑賞する上での代替製品としては、ポータブルDVDプレーヤー(ソニーではかつてDVDウォークマンとして発売)、同BDプレーヤーに加えて、MP4などの動画再生が可能なiPodウォークマンなどのデジタルオーディオプレーヤーなどがある。

関連項目編集