メインメニューを開く

ビナウォーク (ViNAWALK) は、神奈川県海老名市に所在する小田急電鉄直営の複合商業施設2002年平成14年)4月19日に開業した[1]

ビナウォーク
ViNAWALK
ビナウォーク5番館
ビナウォーク5番館
地図
店舗概要
所在地 神奈川県海老名市中央一丁目18-1
座標 北緯35度27分7.2秒 東経139度23分36.5秒 / 北緯35.452000度 東経139.393472度 / 35.452000; 139.393472 (ビナウォーク5番館)座標: 北緯35度27分7.2秒 東経139度23分36.5秒 / 北緯35.452000度 東経139.393472度 / 35.452000; 139.393472 (ビナウォーク5番館)
開業日 2002年平成14年)4月19日[1]
施設所有者 小田急電鉄
施設管理者 小田急電鉄
設計者 北山孝二郎+K計画事務所[4]
敷地面積 36,000 m²
延床面積 122,078(賃貸面積 60,148[5]) m²
商業施設面積 39,060 m²
中核店舗 マルイファミリー海老名[2]
TOHOシネマズ海老名[2]
店舗数 約130
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約1,400[3]
最寄駅 海老名駅
最寄IC 海老名IC
外部リンク 公式サイト
Odakyu electric railway company logos.svg

目次

概要・沿革

当施設が立地する海老名駅東口地区は、海老名市により1987年昭和62年)12月に「商業・業務・文化レクリエーション機能の集積」を目標に地区計画が策定された[6]。その当時の海老名駅周辺は「へそのない街」といわれる状況にあり[2]、駅前地区の活性化を図る必要があった[2]1994年(平成6年)に事業計画が策定されたが[2]、その当時は住民説明会を開催しても住民の関心を得ることができず、事業予定地域となる地権者との交渉も長期間に及んだ[2]。事業主体となったのは小田急電鉄であり、小田急としては老若男女を問わず日々の生活シーンに彩りを与えるような施設にすることを目指した[2]

当施設開業前における年間入場者予測は、東京ディズニーランドの当時の年間入場者数と同等の1,700万人と設定した[2]。これに関しては小田急社内においても批判があったが[2]、開業後1か月で200万人以上が入場し、海老名駅の乗降人員も開業前年の同時期に比較して小田急は30%相模鉄道は20%、東日本旅客鉄道(JR東日本)は50%増加した[2]

1985年(昭和60年)6月に開園した海老名中央公園[7]を取り囲むように1番館から6番館までの6棟の店舗棟を配する。このうち、1番館と2番館は1989年(平成元年)11月に「VINA1番館」「VINA2番館」として完成している。VINA1番館は2002年(平成14年)1月に改装のためいったん閉店し、約3か月後の同年4月19日には開発が行われていたその他のエリア(3〜6番館)と共に複合商業施設「ビナウォーク」として開業した(※VINA2番館も当施設の一部〈2番館〉として組み込まれている)。またこれと同時に海老名中央公園も再整備されている[7]

施設名称「ビナウォーク」の「ビナ」 (ViNA) は自然礼賛を意味する"ViVA NATURE"の略語であり、ロゴマーク[注 1]の英字表記"Rambling Terrace"(ランブリングテラス)のRambling(ぶらぶら歩き)と組み合わせて「歩いて楽しめる界隈」を意図している[8]。また、「ランブリングテラス」は海老名駅と2番館以外の各店舗棟の2階部分を連絡する面積8,000m2の公開街路の名称でもある[8]。単に駅と施設を連絡するだけではなく、海老名中央公園や施設外の市街地も繋ぐ回遊性の高い街路となっている[2]。ランブリングテラスのうち、5番館部分には単なる雨避けにとどまらず、開放的な感覚を生み出す目的で翼をモチーフとした大屋根が配されている[2][8]

フロア構成・主なテナント

核店舗は3番館のマルイファミリー海老名と、6番館のシネマコンプレックスTOHOシネマズ海老名(旧・ヴァージンシネマズ海老名)である[2]。1〜6番館およびビナプラス、ビナフロントの事業主体はいずれも小田急電鉄となっている。出店している専門店テナントの一覧・詳細情報は公式サイト「ショップ情報」を、営業時間は公式サイト「総合案内」を参照のこと。

1番館「デイリーセレクトショップ/生鮮市場」(地図/フロア詳細
1階は生鮮食品等を扱う店舗が5店舗出店している。2002年の開業以来「ビナウォーク生鮮市場」というフロア名称であったが、2012年10月23日に「ViNA ONE FoodS」としてリニューアル開業した[9]。このほか2階にはドラッグストアなどが、3階にはCD販売店などが、4階には書店が出店している[10]
2番館「呑み処ビナ横丁」(地図〈AB〉/フロア詳細
厳密にはA・Bに分かれ、Aは居酒屋飲食店が主体、Bは1階に飲食店などが出店し、2階と3階は学習塾である[11]
3番館「マルイ&レストラン・フードコート」(地図/フロア詳細
1階の一部はフードコート、6階はレストラン街である[12]。マルイファミリー海老名の各フロアの詳細情報・取扱い品目は丸井公式サイト「フロアガイド(ショップ検索)」を参照。
4番館「クリニック&ビューティーサービス」(地図/フロア詳細
診療所調剤薬局のほか、託児所美容室などが出店している[13]
5番館「ファッション&ライフスタイルショップ」(地図/フロア詳細
生活雑貨・ファッション・レストランなどが出店[14]
6番館「アミューズメント&ロードサイドレストラン」(地図/フロア詳細
2階には10スクリーン・2,278席を有するTOHOシネマズ、ゲームセンター、鉄道模型店などが出店するほか、1階にはラーメン店7店舗が集結する「ビナウォーク らーめん処」がある[15]。鉄道模型店「ポポンデッタ with 小田急トレインギャラリー」は小田急電鉄の鉄道資料展示スペースを併設する[16]
ビナプラス「ファッション ホビー&ライフ」(地図/フロア詳細
当施設の隣接地(厳密には交番と三菱UFJ銀行海老名支店の建物を挟む)には、携帯電話キャリアショップや飲食店などが出店するビナプラス (ViNA Plus) が2005年10月5日に開業。ビナウォークの一部という扱いになっている[17]
ビナフロント「ファッション&カフェ レジデンス」(地図/フロア詳細
海老名駅と直結し、衣料品店や雑貨店などが入店する商業施設(1-4階)と賃貸住宅(5-11階)から構成されるビナフロント (ViNA FRONT) が2014年10月17日に開業した。このうち、商業施設エリアについてはビナウォークの一部という扱いになっている[18][19]

イメージキャラクター

当施設のイメージキャラクターエビをモチーフとした「ビナセブン」 (ViNASEVEN) である。エビワンからエビセブンまでの七匹で構成され、リーダーのエビセブン以外は1番館 - 6番館に対応している。なお、以前のイメージキャラクターはの「ヴィニー」であった。

付記

  • tvkの音楽番組『saku saku』では2011年5月より毎月第2・第4木曜日に「ビナウォーク情報コーナー」を放送。以前は毎週金曜日に映画やイベント開催の情報を放送していた。
  • いきものがかりインディーズで活動していた頃にイベントライブを当施設で度々開催しており、メジャー・デビュー後も新作リリース時にイベントを開催していた。なお、当施設で開催される音楽ライブなどの詳細情報は公式サイト「イベント/キャンペーン」を参照。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 当施設のロゴマークには"Rambling Terrace ViNAWALK Ebina"という英語表記が付されている。

出典

  1. ^ a b 会社概要 沿革 - 小田急電鉄
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 平成14年度 第1回プロジェクト説明会を開催 海老名駅前 複合型商業施設「ビナウォーク」 (PDF) 」 『都市みらい通信』第188号、都市みらい推進機構、2002年5月、 6-7頁、2012年11月16日閲覧。
  3. ^ ビナウォークQ&A 駐車場について - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  4. ^ 鞠子ゼミ1講:亀戸サンストリート、そして北山氏との出逢い(実践!街づくりゼミ (マチゼミ) 、鞠子篤也 (小田急電鉄))
  5. ^ 事業案内 不動産賃貸業 - 小田急電鉄
  6. ^ 地区計画について - 海老名市役所
  7. ^ a b 海老名中央公園 - 海老名市役所
  8. ^ a b c ビナウォークについて - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  9. ^ 「ビナウォーク1番館」1階、「(旧)ビナウォーク生鮮市場」がリニューアル 『ViNA ONE FoodS』10月23日(火)オープン! (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース 2012年10月12日(2017年11月16日閲覧)
  10. ^ フロアガイド(1番館) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  11. ^ フロアガイド(2番館) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  12. ^ フロアガイド(3番館) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  13. ^ フロアガイド(4番館) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  14. ^ フロアガイド(5番館) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  15. ^ フロアガイド(6番館) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  16. ^ 3月18日(金)海老名駅前のショッピングセンター「ビナウォーク」に「ポポンデッタwith 小田急トレインギャラリー」がオープン (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース 2011年2月17日(2017年11月16日閲覧)
  17. ^ フロアガイド(ビナプラス) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  18. ^ フロアガイド(ビナフロント) - ビナウォーク公式サイト(小田急電鉄)
  19. ^ 10月17日(金) 「ビナフロント」 オープン 商業施設と住宅が融合する新たなランドマークが海老名駅東口に誕生 (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース 2014年8月22日(2017年11月16日閲覧)

関連項目

外部リンク