ビバリーヒルズ・コップ3

1994年のアメリカ合衆国の映画

ビバリーヒルズ・コップ3』(Beverly Hills Cop III)は、1994年アメリカ映画アクション映画ビバリーヒルズ・コップ』シリーズの3作目。

ビバリーヒルズ・コップ3
Beverly Hills Cop III
Aerial view of Great America.jpg
本作のおもな舞台となるテーマパーク「ワンダーワールド」の撮影に使用されたカリフォルニア州サンタクララカリフォルニアズ・グレート・アメリカ英語版
監督 ジョン・ランディス
脚本 スティーヴン・E・デ・スーザ
製作 メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
製作総指揮 マーク・リプスキー
出演者 エディ・マーフィ
音楽 ナイル・ロジャース
撮影 マック・アールバーグ
編集 デール・ベルディン
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年5月25日
日本の旗 1994年9月24日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $42,614,912[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$119,208,989[1] 世界の旗
前作 ビバリーヒルズ・コップ2
テンプレートを表示

概要

この映画では映画監督のジョージ・ルーカスジョー・ダンテピーター・メダックアーサー・ヒラーバーベット・シュローダージョン・シングルトンや音楽関係者のアル・グリーンロバート・シャーマン、ストップモーションアニメーターのレイ・ハリーハウゼンなどの各界の著名な人物がカメオ出演している。

評価が高くヒットした前2作とは対照的に、北米での興行成績は製作費を下回り、作品および監督はゴールデンラズベリー賞にノミネートされた。

ストーリー

デトロイト市警察の刑事アクセル・フォーリーと上司のトッド警部は自動車盗難・部品故買事件を追っていたが、犯人のアジトには別のグループがおり、トッドはそのグループの主犯に撃たれて殉職する。アクセルは犯人を追跡するが、シークレットサービス特別捜査官フルブライトに追跡を妨害されたあげく、「シークレットサービスが追っている犯人だから」として捜査を止めるように命令される。トッドの葬儀が終わったあと、アクセルはビバリーヒルズにあるテーマパーク「ワンダーワールド」のタオルが落ちていたことを突き止め、トッドの仇を討つためビバリーヒルズに向かい、連合特捜部隊(Joint Systems Interdepartmental Operational Command、JSIOC)の作戦本部副本部長(Deputy Director of Operations for JSIOC)に出世したビリーと、引退したタガートの後任フリントに協力を求める。

アクセルはフリントの紹介で、ワンダーワールドの警備責任者デワルドと会うことになるが、「面会の予定がない」と門前払いを受ける。しかたなく入場料を支払って入園したアクセルはセキュリティエリアに潜入するが、警備員に銃撃されアトラクションに逃げ込み、そこでトラブルから子供たちを救い喝采を浴びるものの、直後に警備員に捕まる。アクセルは警備部長のサンダーソンに警備員に撃たれたことを伝えるが、防犯カメラには警備員が発砲した場面が映っていなかった。そこにデワルドが現れ、アクセルはトッドを射殺した際に見た犯人と同一人物だと知り殴りかかろうとするが制止され、ビリーとフリントに連れ出される。アクセルはビリーとともにデワルドが出席する全米警備会社主催の表彰式に潜入することに決め宿泊先に戻ると、そこにはワンダーワールドの警備員ジャニスと、経営者のデイブがいた。デイブはワンダーワールドで悪事が行なわれていることを伝え、行方不明になった親友が残した紙をアクセルに見せる。表彰式に潜入したアクセルはデワルドを挑発するが、トッド殺害をほのめかしたためふたたび殴りかかり、ビリーともども逮捕される。

逮捕されたアクセルはフルブライトに呼び出され、デワルドの一件に関わるのをやめてデトロイトに帰るように命令される。アクセルはビリー、フリントとともにビーチに放棄されていたデワルドの逃走車を見つけ出し、遺留物から紙幣用紙の切れ端を発見する。デワルドが偽造紙幣を発行していることを知ったアクセルは、ジャニスの協力を得てワンダーワールドの閉鎖区画に潜入し、紙幣の発行現場を目撃するが、デワルドに見付かり、園内を逃走したあげく、客を巻き込むのを防ぐため逮捕される。現場に駆け付けたフルブライトに事実を伝えるが、偽造紙幣と印刷現場を隠蔽される。アクセルはデイブと接触して、親友が残した紙が紙幣用紙だと気付く。しかし、デイブを尾行していたデワルドによってデイブが撃たれ、アクセルが犯人にされる。アクセルはデイブを病院に搬送したあとにジャニスに連絡を取るが、彼女はデワルドに捕まり、紙幣用紙を持ってワンダーワールドに来るように命令される。アクセルはビリーに連絡を取り、ひとりでワンダーワールドに向かう。

ワンダーワールドに到着したアクセルはデワルドに殺されそうになる。そこにビリーが到着し、デワルドたちと銃撃戦になる。アクセル、ビリー、そしてビリーから呼び出されたフリントの三人は園内でデワルドの部下たちと銃撃戦を繰り広げ、アクセルは負傷しながらもデワルドを射殺する。そこにフルブライトが現れ、「サンダーソンを逮捕した」と伝える。しかし、サンダーソンはフルブライトに射殺されており、すでにフルブライトがデワルドの仲間だと察知していたアクセルはこれを射殺する。事件の解決後、三人は回復したデイブに招かれワンダーワールドの式典に参加し、アクセルをイメージした新しいキャラクター「アクセル・フォックス」の誕生を祝う。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
(吹替補完版)
フジテレビ
アクセル・フォーリー エディ・マーフィ 江原正士 山寺宏一 下條アトム
ビリー・ローズウッド ジャッジ・ラインホルド 原康義 井上和彦 牛山茂
ジョン・フリント ヘクター・エリゾンド 寺島幹夫 羽佐間道夫 富田耕生
エリス・デワルド ティモシー・カーハート英語版 徳丸完 山路和弘 大塚芳忠
ジャニス テレサ・ランドル 種田文子 佐々木優子 沢海陽子
オーリン・サンダーソン ジョン・サクソン 糸博 土師孝也 小川真司
アンクル・デイブ・ソーントン アラン・ヤング 伊井篤史 石森達幸 上田敏也
スティーヴ・フルブライト スティーヴン・マクハティ 池田勝 手塚秀彰 千田光男
サージ(セルジュ) ブロンソン・ピンチョット 堀内賢雄[注 1] 中村秀利
佐藤せつじ
田原アルノ
ダグラス・トッド警部 ギルバート・R・ヒル 伊井篤史 田中信夫 小島敏彦
レヴィン ジョン・テニー 小野健一 小室正幸
ジオリト ジョーイ・トラボルタ英語版 岩田安生 秋元羊介
ボビー フレッド・アスパラガス英語版 島香裕 塩屋浩三
スネーク ルイス・ロンバルディ 広瀬正志 宝亀克寿
キンブロー グレゴリー・マッキニー 辻親八 星野充昭
ロンディ フォリー・スミス 広瀬正志 樫井笙人
ニュースキャスター ジェリー・ダンフィ英語版 峰恵研 石波義人
トッド夫人 ハティ・ウィンストン 中澤やよい [注 2]
チケット販売員 トレイシー・メルヒオール 氷上恭子 岡村明美
サンダーソンの秘書 エレイン・ケイガン 有馬瑞香 金野恵子
看守 ジョー・ダンテ 大川透 大川透
消防士 ジョン・シングルトン 入江崇史 小室正幸
役不明またはその他 後藤敦
幹本雄之
小野健一
伊藤栄次
水原リン
湯屋敦子
寺内よりえ
吉田美保
北川勝博
中村雄一
中博史
金子由之
津村まこと
増田ゆき
鳥畑洋人
堀川仁
中田和宏
古田信幸
中博史
長島雄一
神代知衣
定岡小百合
亀井芳子
本井えみ
水田わさび
桜澤凛
演出 向山宏志 蕨南勝之 伊達康将
翻訳 戸田奈津子(ソフト版字幕)
佐藤恵子(BSプレミアム版字幕)
岩佐幸子 岩本令
(野口尊子)
栗原とみ子
調整 荒井孝
効果 リレーション
録音 荒井孝
編集協力 箭内克彦
長谷川健次
IMAGICA
担当 濱田千佳
福吉健
山形淳二
プロデューサー シュレック・ヘドウィック
制作協力 清宮正希
畑有希子
制作進行 小柳剛
関朝美
制作 東北新社
初回放送 1997年10月5日
日曜洋画劇場
2000年4月29日
ゴールデン洋画劇場

テレビ朝日版は2017年12月7日にWOWOWで放送される際、地上波放送時にカットされた部分を追加録音した「吹替補完版」が放送された。その際、故人の声優が担当していた箇所は別の声優が代役を務めている[2]

スタッフ

地上波放送履歴

回数 テレビ局 番組名 放送日 吹替版
初回 テレビ朝日 日曜洋画劇場 1997年10月5日 テレビ朝日版
2回目 フジテレビ ゴールデン洋画劇場 2000年4月29日 フジテレビ版
3回目 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2001年9月16日 テレビ朝日版
4回目 2003年4月6日
5回目 2006年3月26日
6回目 テレビ東京 午後のロードショー 2019年1月25日[注 3] フジテレビ版

受賞/ノミネート

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ VHSのエンドクレジットでは曽我部和恭と誤表記されている。
  2. ^ 台詞を発するシーンカット。
  3. ^ 前々週に第1作、前週に第2作が放送された。

出典

  1. ^ a b c Beverly Hills Cop III (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月18日閲覧。
  2. ^ ビバリーヒルズ・コップ3[吹替補完版]”. 2017年10月28日閲覧。

関連項目

外部リンク