ビバリー・クラッシャー

ビバリー・クラッシャー(Beverly Crusher)はアメリカSFテレビドラマ『新スタートレック』に登場する架空の人物。本作における中心人物の一人。2324年生まれ。ゲイツ・マクファーデンが演じた。日本語吹替版の声優一城みゆ希

人物編集

階級は中佐。 U.S.S.エンタープライズD、およびU.S.S.エンタープライズEの医療主任を務めた。TNG第2シーズンではマクファーデンの都合上、地球の宇宙艦隊医療本部に転属したとの設定で一旦降板したが、第3シーズン以降復帰する。

船医としては艦の指揮官の資格を持つ「中佐」という異例の階級。船医ながらピカード艦長、ライカー副長、データ第2副長に次いで、U.S.S.エンタープライズDにおける第4位の指揮権を有する。夜勤シフトや主要クルー不在時などではブリッジの艦長席に座ることもしばしば。行動力のある「強い女性」といったキャラクターである。可能性の未来においては大佐に昇格し、U.S.S.パスツールの艦長を務めていた。またその未来においてはピカード艦長と結婚後、離婚していることになっていた。

ピカード艦長とは少尉時代からの旧知の仲で、一緒に朝食を摂ったりする他、彼のプライベートな相談によく乗ったりする。夫のジャック・クラッシャーはジャン=リュック・ピカードU.S.S.スターゲイザー艦長時代に副長を務めたが、2354年に上陸任務中に殉職。ビバリーは夫の遺志を継ぐべく宇宙艦隊勤務を志願し、息子のウェスリー・クラッシャーもU.S.SエンタープライズDに同乗させる。

ゲイツは「彼女は医者でウェスリーの母。ただそれだけなのよ」と語っている。これはキャラクター設定の項にそのままの設定が書かれていたからで、それ以上でもそれ以下でもない、ただの乗組員でしかない状態を物足りないと感じたかららしい。

関連項目編集