ビブリア・ヘブライカ・クインタ

ビブリア・ヘブライカ・クインタ』(Biblia Hebraica Quinta; 略称BHQ)は、ルドルフ・キッテルの著による『ビブリア・ヘブライカ』の第5版であり、第4版『ビブリア・ヘブライカ・シュトゥットガルテンシア』 (BHS) の後継版である。第3版や第4版と同様、レニングラード写本を底本にしているが、1990年代に撮られたレニングラード写本のカラー写真を修整したものである。

前版と異なり、脚注にマソラ本文を解説し、異文の意義を考察する注釈が含まれている。また、最初の三つの版になく、BHSの補訂版のみに載せられていた、マソラ・マグナを収めている。他の変更点はBenjamin KennicottC.D. GinsburgMoshe Goshen-Gottsteinの作業をたどって照合したヘブライ語写本と異なる異文が、あまり価値がないとして、殆ど引用されていないことである。

本書は正確には分冊で出版されている。

  • 第1冊(前書きとハーメーシュ・メギッロートの18部)は2004年に出版された。本書はレニングラード写本やBHSと同配列であり、ルツ記、雅歌(ソロモンの歌)、コヘレトの言葉(伝道の書)、哀歌、エステル記である。
  • 第2冊(エズラ記とネヘミヤ記の20部)は2006年に出版された。
  • 第3冊(申命記の5部)は2007年9月に出版された。
  • 第4冊(箴言の17部)は2009年2月に出版された。
  • 第5冊(小預言書の13部)は2010年11月に出版された。
  • 第6冊(士師記の7部)は2012年3月に出版された。

Eisenbraunsのウェブページ[1]は、ヘブライ語聖書全巻が2020年までに完成すると推測している。ドイツ聖書協会は小預言書用のウェブページ[2]と箴言の分冊用のウェブページ[3]でも同様の推測をしているが、その前の分冊用のウェブページ[4][5]では、完成は2015年と推測している。

参照 編集

脚注 編集

外部リンク 編集