メインメニューを開く

ビャルニ・ベネディクトソン (1970年生の政治家)

アイスランドの政治家
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ビャルニで呼ばれます。

ビャルニ・ベネディクッツォンアイスランド語: Bjarni Benediktsson1970年1月26日 - )は、アイスランドの政治家[1]。現在、独立党党首を務める。

ビャルニ・ベネディクッツォン
Bjarni Benediktsson
Bjarni Benediktsson vid Nordiska Radets session i Stockholm.jpg
生年月日 (1970-01-26) 1970年1月26日(49歳)
出生地 アイスランドの旗 アイスランドレイキャヴィーク
出身校

アイスランド大学

マイアミ大学
所属政党 独立党

内閣 ビャルニ・ベネディクッツォン内閣
在任期間 2017年1月11日 - 2017年11月30日
大統領 グズニ・トルラシウス・ヨハンネソン

内閣 シグムンドゥル・ダーヴィド・グンロイグソン内閣
シーグルズル・インギ・ヨーハンソン内閣
在任期間 2013年5月23日 - 2017年1月11日

内閣 カトリーン・ヤコブスドッティル内閣
在任期間 2017年11月30日 -
テンプレートを表示

アイスランド大学法学学位を取得後、ドイツアメリカ合衆国で学業を続けた。修了後、アイスランドに戻り法曹として働く。2003年に政界に入った。

2013年4月28日総選挙英語版で、自身が党首を務める独立党は議席を大きく回復、進歩党と連立政権樹立で合意した[2]。前回2009年4月26日の総選挙で敗北した際は「我々はこの時間を失ったが、後にもう一度勝利するだろう」と語っていた[3]。その後、独立党は2016年の選挙英語版で21議席を獲得し、進歩党は8議席を獲得した。この結果を受け、進歩党所属のシーグルズル・インギ・ヨーハンソン首相は辞任した。 2017年1月、独立党、改革党明るい未来による連立政権が結成され、ビャルニは新首相に就任することとなった。しかしビャルニの父親が、有罪判決を受けた小児性愛の元受刑者の名誉回復を求める推薦状に署名していたことが判明し、同年9月16日に退陣を表明[4]、10月29日の総選挙英語版で独立党は16議席を獲得し第1党を守ったものの前回の21議席から減らした。

妻と4人の子供がいる。趣味はサッカーと釣り。

脚注編集

外部リンク編集