メインメニューを開く
ビュブリスとカウノス by ローレント・デルヴォー英語版, 1734, ボーデ博物館.

ビュブリスギリシャ語:Βυβλίς)は、ギリシア神話の登場人物。アポローンの孫でミレトスとキュアネエの娘。カウノスの双子の妹。

神話編集

兄であるカウノスに恋をして、一緒になることを願った[1]。その思いを蝋板に書いて召使に届けさせ、打ち明けるも、拒絶される。しかし、直接自分が言わなかったことにも原因があるのだと考え、何度も自ら兄のもとに行って言い寄るも、拒絶され続ける。とうとう兄が故国を去ってしまった後も追うが、そのうち追跡に疲れ果て、倒れる。そして、流れ出る自分の涙で溶けてしまい、泉に変わる。

出典編集

  1. ^ オウィディウス『変身物語 下』(岩波書店、1984年)37ページ ISBN 978-4-003-21202-8

関連項目編集