メインメニューを開く

ビューティフルライフ

Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(ビューティフルライフ ふたりでいたひび)は、2000年1月16日から3月26日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「東芝日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は木村拓哉常盤貴子

Beautiful Life
ビューティフルライフ
〜ふたりでいた日々〜
ジャンル テレビドラマ
脚本 北川悦吏子
物江凛
演出 生野慈朗
土井裕泰
出演者 木村拓哉
常盤貴子
オープニング B'z今夜月の見える丘に
プロデューサー 生野慈朗
植田博樹
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2000年1月16日 - 3月26日
放送時間 日曜日21:00 - 21:54
放送枠 日曜劇場
放送分 54分
回数 11

目次

概要編集

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。

このドラマをきっかけに、バリアフリーという言葉が広く一般に知られるようになった。[要出典]

このドラマで使われたオートバイであるヤマハ・TW200や、劇中で使用されたメーカー、オーエックスの車椅子、オペル・ヴィータ売り上げが増加したという[要出典]。実際にドラマ内でも、杏子たちが「ヴィータ」と発言したことがある(テレビドラマで登場している車の名前をセリフにすることは異例である)。またこのドラマの影響からか、2000年の美容師志望率が例年より2割ほど上がったという[1][出典無効]

平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%を記録[2][3]。第26回放送文化基金賞本賞受賞(1999年度)[4]

キャスト編集

主要人物編集

沖島 柊二(おきしま しゅうじ)〈27〉
演 - 木村拓哉
医師一家に生まれた。有名店に勤める美容師で腕もあるのだが、客からの人気はない。
町田 杏子(まちだ きょうこ)〈27〉
演 - 常盤貴子
図書館司書。難病に冒され、10年以上車椅子での生活を送っている。

杏子の関係者編集

田村 佐千絵(たむら さちえ)〈26〉
演 - 水野美紀
杏子の同僚で親友。杏子のよき理解者で柊二との恋を応援する。杏子の兄に思いを寄せている。
美山 耕三(みやま こうぞう)〈32〉
演 - 的場浩司
ボランティアスタッフ。杏子が好きで何かと世話を焼くが、本人には冷たくあしらわれる。

ホットリップ編集

岡部 巧(おかべ たくみ)〈23〉
演 - 池内博之
柊二の職場の後輩でアシスタント。柊二を慕い憧れている。スタイリストへの昇格を望む。
小沢 真弓(おざわ まゆみ)〈25〉
演 - 原千晶
柊二の同僚で元恋人。まだ柊二に未練があるようで杏子を毛嫌いし、ことあるごとに辛く当たる。
川村 悟(かわむら さとる )〈27〉
演 - 西川貴教
柊二と同期の人気美容師。柊二に一方的にライバル心を抱き、公私に渡り何かと邪魔を仕掛ける。
店長
演 - モロ師岡

町田家編集

町田 正夫(まちだ まさお)〈33〉
演 - 渡部篤郎
杏子の兄。実家の酒屋で働く。鈍感で少々古臭い考えを持つが、妹の杏子を大切にしている。
妹と柊二の交際に否定的だったが、彼の杏子への想いを認める。最後に柊二に対して感謝の言葉を述べる。
町田 雄一
演 - 河原崎建三
杏子、正夫の父。
町田 久仁子
演 - 大森暁美
杏子、正夫の母。

その他編集

さつき〈27〉
演 - 小雪
第6話から登場。柊二の予備校時代の同級生でかつての想い人。現在夫と離婚調停中であり、街で偶然柊二と再会。
アンテウス 秘書
演 - 椋木美羽
柊二をヘッドハンティングしようとしたが断られた後、巧をホットリンプの顧客名簿を交換条件にヘッドハントしようとする。
少女
演 - 渡辺友梨

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第一話 2000年1月16日 車イスの恋 生野慈朗 31.8%
第二話 2000年1月23日 二人の夢 28.4%
第三話 2000年1月30日 キスの夜 土井裕泰 28.6%
第四話 2000年2月06日 会いたい 30.6%
第五話 2000年2月13日 冷たい雨 生野慈朗 31.6%
第六話 2000年2月20日 恋敵 31.0%
第七話 2000年2月27日 心の距離 土井裕泰 32.1%
第八話 2000年3月05日 真実 29.7%
第九話 2000年3月12日 君の命 生野慈朗 32.5%
第十話 2000年3月19日 恋しくて 土井裕泰 32.9%
最終話 2000年3月26日 未来へ 生野慈朗 41.3%
平均視聴率 32.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)[6]

ちなみに瞬間最高視聴率は最終回で記録した47.1%(関東地区)である。

受賞編集

  • 第26回放送文化基金賞本賞
  • 第26回放送文化基金賞男優演技賞(木村拓哉)
  • 第26回放送文化基金賞女優演技賞(常盤貴子)
  • 第26回放送文化基金賞脚本賞(北川悦吏子)
  • 第18回向田邦子賞(北川悦吏子)
  • 第8回橋田賞(北川悦吏子)
  • アジア・テレビジョン・アウォード(ドラマシリーズ部門)最優秀作品
  • 第24回ドラマアカデミー賞最優秀作品賞
  • 第24回ドラマアカデミー賞主演男優賞(木村拓哉)
  • 第24回ドラマアカデミー賞主演女優賞(常盤貴子)
  • 第24回ドラマアカデミー賞助演男優賞(渡部篤郎)
  • 第24回ドラマアカデミー賞助演女優賞(水野美紀) ほか

関連書籍編集

  • 北川悦吏子『ビューティフルライフ シナリオ』(2000年、角川書店)
  • 北川悦吏子『車イスとハイヒール』(2000年、角川書店)
  • 北川悦吏子『ビューティフルライフ』(2002年、角川文庫)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オールスター大感謝祭'15」にて言及。
  2. ^ フジテレビ×ティファニー、長谷川京子×北川悦子「夏の終わりに、恋をした。」26日放送あらすじと予告動画ナビコン・ニュース 2015年2月3日閲覧。
  3. ^ <テレビドラマに求められるもの>2000年代の民放テレビドラマ視聴率ベスト3から見るメディアゴン(MediaGong) 2015年2月3日閲覧。
  4. ^ Beautiful Life |ドラマの動画・DVDTSUTAYA/ツタヤ 2018年11月18日閲覧。
  5. ^ 当初このドラマのために作られたものは「RING」であったが、ドラマの雰囲気に合わないということでボツとなり、改めて作られたものである。なお「RING」は同年シングルリリースされた。
  6. ^ “木村拓哉にキス・土下座…柴咲コウ、深津絵里、井川遥らが魅せる! “恋愛の神様”北川悦吏子のサスペンス~2002年『空から降る一億の星』より/懐かし番組表”. テレビPABLO. (2017年5月13日). https://pablo.click/tv/column/42085/ 2017年12月12日閲覧。 

外部リンク編集

TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
ヤマダ一家の辛抱
(1999.10.17 - 1999.12.19)
Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜
(2000.1.16 - 2000.3.26)
サラリーマン金太郎2
(2000.4.9 - 2000.7.2)