メインメニューを開く

ビューティフル・ナイト」(原題:Beautiful Night)は、1997年ポール・マッカートニーが発表した楽曲、および同曲を収録したシングル

ビューティフル・ナイト
ポール・マッカートニーシングル
初出アルバム『フレイミング・パイ
B面

Love Comes Tumbling Down (7インチ、CD) 、Oobu Joobu - Part 5 (CD) 、Same Love (CD)

、Oobu Joobu - Part 6 (CD)
リリース
規格 7インチ・シングル、CDシングル
録音 1991年 12月~1992年 7月
ジャンル バラード
時間
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 ポール・マッカートニー
プロデュース ポール・マッカートニージェフ・リン
ポール・マッカートニー シングル 年表
ザ・ワールド・トゥナイト
1997年
ビューティフル・ナイト
(1997年)
フロム・ア・ラヴァー・トゥ・ア・フレンド
1998年
テンプレートを表示

概要編集

この曲は1986年には既に書かれていたとされ、フィル・ラモーンのプロデュースで録音されている[1]。ただし、曲の終盤のリフレイン部分は、1997年になってから付け足されたものである。オーケストレーションも1997年になってから付け足されたもので、ジョージ・マーティンによる編曲である。

ドラムスとリフレイン部分の一部のボーカルをリンゴ・スターが執っており、PVにも参加している。曲の終わりでは、おどけてドアマンの真似をする彼の声を聴く事が出来る。ポールは「それこそがビートル的だ!僕らはよく意味のない言葉を挿入させていた。さすがリンゴだよ」と発言している。イギリズではカセットシングルも発売された。内容は7インチシングルと同様である。

プロモーション・ビデオ編集

プロモーション・ビデオではリンゴ・スターの他に、イギリスのバンドであるSqudと共演している。また、このビデオは裸の女性が登場するということで「Hey Nude」と揶揄された。後にそのシーンをカットしたバージョンと、本曲の録音風景を編集したバージョンが製作された。監督はセックス・ピストルズや「ビギナーズ」を手掛けたジュリアン・テンプルである。「ポール・マッカートニーアンソロジー」にはヌードバージョンが収録され今のポールが見ながらコメントしている。          

脚注編集

  1. ^ そのときの音源は海賊盤で聞くことができる。

参考文献編集

  • Paul McCartney Recording Sessions (1969~2013)