ビューティ・ペア

かつての日本の女子プロレスのタッグチーム

ビューティ・ペア(Beauty Pair)は、かつて日本に存在した女子プロレスラーのタッグチームである。全日本女子プロレス所属。

ビューティ・ペア
出身地 日本の旗 日本
ジャンル プロレス歌謡曲
活動期間 1976年2月24日 - 1979年2月27日
レーベル RCAビクター(RVC)
事務所 全日本女子プロレス
メンバー ジャッキー佐藤
マキ上田

来歴編集

ジャッキー佐藤(じゃっきーさとう、1957年10月30日 - 1999年8月9日)とマキ上田(まきうえだ、1959年3月8日 - )により、1976年2月24日に結成され、その日に行われたWWWA世界タッグ王座戦で、赤城マリ子マッハ文朱ペアに勝利し、タイトルを獲得する。ブラック・ペア池下ユミ阿蘇しのぶ)との好勝負は人気を不動のものとした。

またRVCより「かけめぐる青春」でレコードデビューし、試合前のリング上で歌う斬新なスタイルで、女子プロレス界のアイドル的存在となる。このレコードは80万枚を売り上げたという[1]。また、当時人気絶頂だった女性アイドルデュオピンク・レディーと、音楽番組などで度々共演することもあった。しかしレコードを出した当初は鳴かず飛ばずであり、観客席も閑散としており全女の経営は破綻寸前であったという[2]。1998年放送の「女子プロレス40年史」によるとブームは突然だったという。沖縄遠征後、池下ユミ選手の地元である福山で試合後にジャッキー佐藤の元に鉢巻を巻いたファンが2~3人現れたのが最初で、その後の千葉公園体育館でほぼ満員、横浜文化体育館で超満員になりブームに火が付いた。

タッグでの必殺技は、ジャッキーがボディスラムで投げつけた相手にマキがコーナー最上段からダイビング・ボディ・プレスを決める「ビューティ・スペシャル」。

しかし、結成から3年後の1979年2月27日、「敗者は引退する」というルールの元で、王者・ジャッキーに挑戦者・マキが挑むビューティ・ペア同士のWWWA世界シングル王座戦が行われ、マキは敗れ引退、ビューティ・ペアは解散した(詳しくは 後述 「現役時代と引退試合について」)。

エピソード編集

現役時代と引退試合について編集

マキによると現役時代は、ジャッキーとビューティ・ペアとしてコンビで活動することはあったが、社交的なマキと一匹狼的なジャッキーとは性格的に合わず、あまり仲は良くなかった。そのため試合後などもほとんど会話をすることがなく、プライベートにいたっては、後述する温泉旅行に行くまでは、遊んだりしたことは一度もなかったという[3]

コンビ結成から3年後、性格による微妙なズレからビューティ・ペアとしての活動に限界を感じたマキは、解散することをジャッキーに一言の相談もなく一人で決めて社長に直談判した。社長から「それなら最後にお前たち二人で試合をやって、負けた方はプロレスラーを引退しろ」と条件を提示され、マキはそれを受け入れた。しかしジャッキーは、そんな裏事情を知らされないまま突然ビューティ・ペアの解散・女子プロレス引退を懸けた試合をすることになった[3](1979年1月4日、全女の後楽園ホール大会で行われたビューティ対決の発表では、マキが「私の持っているもの全てを懸けて挑戦します」と言ったことに対して、ジャッキーが補足する形で敗者引退ルールを明かし「何で今回に限ってマキちゃんが引退を懸けて挑戦するのか、私にはよくわからないわけですね」とも語っていた)。

試合直後、二人はお互いの控室を訪れることもなく、一言の会話することもなく解散した。これについてマキは、「引退をかけた試合に負けた自分から話しかけるのもヘンだからという理由で声をかけづらかった」とのこと。対してジャッキーは、「別に永遠に会えなくなるわけじゃない、お互いそれぞれの道を歩んで将来一人の人間として大きくなった時に再会したい」と言っていたことをのちにマキは、知人を通じて知った[3]

再会、その後編集

テレビ番組などで顔を合わす事はあったが、ある日マキの方からジャッキーに連絡を取り、後日二人きりで温泉旅行にでかけ、現役時代からは考えられないほど楽しく過ごしたとのこと。その後ジャッキーから手紙が届き、「この前は本当に楽しかった。また、今度一緒にどこか行きましょう」という内容にマキも再会を楽しみにしていた。しかし約1年後、ジャッキーが胃がんにより死去してしまい、二人の再会が叶うことはなかった[3]

生前のジャッキーは知人に対し、マキに自身の病気のことを口止めをしており「マキには弱っている自分を見せたくない、病気を治して元気になった時に笑顔で会いたい」という考えによるものだった。そのため、マキはジャッキーの死の直後にかかってきた知人からの電話で、初めてジャッキーの病気のことを知った[3]

音楽編集

シングル編集

# 発売日 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
RVC
1 1976年
11月25日
A面 かけめぐる青春 石原信一 あかのたちお RVS-1038
B面 真夜中のひとりごと
2 1977年
6月25日
A面 真赤な青春 石原信一 あかのたちお RVS-1079
B面 しあわせ通り
3 1977年
10月15日
A面 バン・ババン 石原信一 あかのたちお RVS-1100
B面 ふたりの絆
4 1978年
2月5日
A面 青春にバラはいらない 石原信一 あかのたちお RVS-1110
B面 幸福のゆくえ
5 1978年
7月5日
A面 シーサイド急行 石原信一 あかのたちお RVS-1140
B面 渚のテレポート 三浦徳子 馬飼野康二
6 1978年
9月25日
A面 愛のけものたち 石原信一 あかのたちお RVS-1147
B面 ふりむけばきみがいた
ジャッキー佐藤のソロシングル
# 発売日 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
RVC
1 1979年
5月
A面 美しい決意 千家和也 あかのたちお RVS-1178
B面 枯葉の墓標
2 1979年
9月
A面 ポケット一杯の涙 千家和也 あかのたちお 井上鑑 RVS-1190
B面 振り向いたら青い空
3 1980年
5月
A面 もしも旅立ちなら 伊達歩 あかのたちお 井上鑑 RVS-1208
B面 Ciscoを探せ
マキ上田のソロシングル
# 発売日 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
ミノルフォン
1 1979年
7月
A面 インベーダーWALK 河村シゲル 城賀イサム 原田良一 KA-1168
B面 あいつはインベーダー 上村裕 森川範一 池多孝春

アルバム編集

発売日 品番 タイトル 備考
RCAレコード→BMGファンハウスソニー・ミュージックダイレクト
1977年 RVL-7029 輝け!ビューティ・ペア
1978年 RVL-10009 青春にバラはいらない ビューティ・ペアのすべて
1978年 RVL-10021 マイ・セレクション
1999年10月21日 BVCK-37034 ビューティ・ペア メモリアル・コレクション ベスト・アルバム
2012年10月3日 MHCL-2140 ゴールデン☆ベスト ビューティ・ペア ビューティ・スペシャル ベスト・アルバム

映画編集

  • 『ビューティ・ペア 真赤な青春』(1977年、内藤誠監督、東映

テレビ編集

同時期のタッグチーム編集

ビューティ・ペアの成功を受けて、全女内ではいくつかの名称が付いたタッグチームが結成された。「○○・ペア」と称したものが非常に多かった。1978年の10月には下記の7チームにビューティを入れた8チームで総当りのリーグ戦が開催されたが(池下のパートナーは熊野)、12月の優勝戦でビューティはクイーン・エンジェルスに敗れ、ビューティ・ペアとしての活動は事実上終結した。

備考編集

脚注編集

  1. ^ ビューティ・ペア ジャッキー佐藤さん死去日刊スポーツ、2000年7月9日。(インターネットアーカイブのミラー)
  2. ^ 双葉社スーパームック『俺たちのプロレスVOL.6』(2016年)16ページ
  3. ^ a b c d e TBS系列「爆報! THE フライデー」2012年10月19日放送より
  4. ^ (朱里+志田)×紫雷姉妹=? TAJIRI Official Website

関連項目編集