カウンティ・オブ・ビュート侯爵: Marquess of the County of Bute)は、イギリス侯爵位。グレートブリテン貴族。通常はビュート侯爵と言及される。スコットランド王ロバート2世の私生児を祖とするステュアート王室の分流が保有する爵位である。この家系は1627年ノバスコシア準男爵位のビュートのステュアート準男爵、1703年スコットランド貴族爵位ビュート伯爵に叙位され、1796年に第4代ビュート伯爵ジョン・ステュアート英語版がビュート侯爵に叙された。以降は現在に至るまで、彼の男系男子によって継承され続けている。

ビュート侯爵
Marquess of Bute
Coronet of a British Marquess.svg
Marquess of Bute COA.svg
創設時期1796年2月27日
創設者ジョージ3世
貴族グレートブリテン貴族
初代4代伯ジョン・ステュアート英語版
現所有者8代侯ジョン・クライトン=ステュアート
相続人なし
推定相続人アンソニー・クライトン=ステュアート閣下
相続資格初代侯の嫡出直系男子
付随称号下記を参照。
邸宅マウントステュアート・ハウス英語版
モットーOver the centre Crest: NOBILIS EST IRA LEONIS (The wrath of the lion is noble) Over the dexter Crest: GOD SEND GRACEOver the sinister Crest: Avito viret honore (To flourish in an honourable ancestry)

歴史編集

 
侯爵家の邸宅であるマウントステュアート・ハウス

ステュアート朝の最初のスコットランド王ロバート2世の私生児でビュート英語版シェリフを務めたジョン・ステュアート(John Stewart)を祖とする[1]。彼は父ロバート2世からビュート島アラン島グレート・カンブレー英語版の土地を与えられた[2]。顔色が黒かったので「ブラック・ステュアート」の異名をとった[2]。ビュートの土地については1400年のロバート3世の勅許状によっても保証され、ビュートのシェリフを世襲することも確認された[2]。スコットランド女王メアリーの時代に『Stuart』のスペルを採用するようになった[2]

子孫でビュートのシェリフであるジョン・ステュアート(?-1662)は、1627年ノバスコシア準男爵として(ビュートの)準男爵(Baronet, of Bute)を与えられた。彼はその後スコットランド議会の議員も務めた[3]

その孫である3代準男爵ジェイムズ英語版(?-1710)ターベット英語版アーガイルシャーのシェリフ、スコットランド議会の議員、イングランドとの合同交渉のコミッショナーなどを歴任し、1703年4月14日ビュート伯爵(Earl of Bute)を含む3つのスコットランド貴族爵位を与えられた[4]

さらに、3代伯ジョン(1713-1792)は、国王ジョージ3世の信任を背景に1762年から1763年にかけて首相を務め、政党政治から超越した「愛国王」政治を展開しようとしたが、世論の強い非難を浴びて短命内閣に終わった[5]

なお、3代伯ジョンの妻メアリーは彼女自身の権利として、グレートブリテン貴族としてヨーク州ウォートリーのマウント・ステュアート女男爵(Baroness Mount Stuart, of Wortley in the County of York)に叙されている。この爵位は彼女と3代伯の男系子孫に継承を認めたものである[6]

その息子である4代伯ジョン英語版(1744–1814)トーリー党庶民院議員やスペイン大使などを歴任した[7]。彼はまず1776年5月20日にカーディフ城のカーディフ男爵(Baron Cardiff, of Cardiff Castle)に叙された[7]。ついで1796年2月27日カウンティ・オブ・ビュート侯爵(Marquess of the County of Bute)に陛爵して、侯爵家の始祖となった[7]。この際に併せてウィンザー伯爵(Earl of Windsor)及びワイト島のマウントジョイ子爵(Viscount Mountjoy, of the Isle of Wight)の2つのグレートブリテン貴族爵位を与えられている[7][8]。そのため、彼以降の当主は自動的に貴族院に議席を得ることができた。

初代ビュート侯の長男ジョン(1767-1794)はダンフリーズ伯爵クライトン家の女性相続人エリザベス(1772-1797)と結婚した。ゆえに、夫妻の長男である2代侯ジョン英語版(1793–1848)は、母方クライトン家からダンフリーズ伯爵英語版(Earl of Dumfries)を始めとする5つのスコットランド貴族爵位を継承している[註釈 1][7]。また、彼の代に勅許を得て家名を「クライトン=ステュアート」に改めた[7][9]

その昆孫にあたる7代侯ジョン・クライトン=ステュアート(1958-2021)はレースドライバーとして活躍した[10][11]

2021年現在、その子である8代侯ジョン(1989-)が当代のビュート侯爵である。

従属爵位・準男爵位編集

現当主である第8代ビュート侯爵ジョン・ブライソン・クライトン=ステュアートは、以下の従属爵位・準男爵位を保有する。

  • 第8代ビュート侯爵(8th Marquess of Bute)
    (1796年2月21日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第13代ダンフリーズ伯爵英語版(13th Earl of Dumfries)
    (1633年6月12日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第11代ビュート伯爵(11th Earl of Bute)
    (1703年4月14日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第8代ウィンザー伯爵(8th Earl of Windsor)
    (1796年2月21日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第13代エアー子爵(13th Viscount of Ayr)
    (1622年2月2日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第11代キンガース子爵(11th Viscount Kingarth)
    (1703年4月14日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第8代ワイト島のマウントジョイ子爵(8th Viscount Mountjoy, of the Isle of Wight)
    (1796年2月21日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第21代サンカーのクライトン卿(21st Lord Crichton of Sanquhar)
    (1488年1月29日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第13代サンカー卿(13th Lord Sanquhar)
    (1622年2月2日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第13代サンカー及びカムナックのクライトン卿(13th Lord Crichton of Sanquhar and Cumnock)
    (1633年6月12日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第11代カムラーおよびインチマーノックのマウントステュアート卿(11th Lord Mount Stuart, Cumra and Inchmarnock)
    (1703年4月14日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第9代ヨーク州ウォートリーのマウント・ステュアート男爵(9th Baron Mount Stuart , of Wortley in the County of York)
    (1761年4月3日の勅許状による創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第8代カーディフ城のカーディフ男爵(8th Baron Cardiff, of Cardiff Castle)
    (1776年5月20日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第13代(ビュートの)準男爵(13th Baronet, of Bute)
    (1627年3月28日の勅許状によるノバスコシア準男爵位)

一覧編集

ビュートのステュアート準男爵 (1627年)編集

ビュート伯爵 (1703年)編集

ビュート侯爵 (1796年)編集

現当主に子はいない。そのため、男子に相続を求めるビュート侯爵位の推定相続人は6代侯の次男アンソニー・クライトン=ステュアート英語版閣下(1961-)

他方、女系継承可能なダンフリーズ伯爵位の推定相続人は先代の娘カロライン・クライトン=ステュアート女史(1984-)

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2代侯が母方から継承した爵位は、ダンフリース伯爵、エアー子爵、サンカーのクライトン卿、サンカー卿及びカムノックのクライトン卿の5つで、すべてスコットランド貴族爵位。

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir John Stewart” (英語). thepeerage.com. 2020年2月4日閲覧。
  2. ^ a b c d Stewart Clan Scots Connection (2020年2月4日閲覧)
  3. ^ Lundy, Darryl. “Sir James Stuart of Ardmaleish, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “James Stuart, 2nd Earl of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  5. ^ 今井宏編 1990, p. 324.
  6. ^ No.10092”. The Gazette 31 March 1761. 2019年11月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Bute, Marquess of (GB, 1796)”. Cracroft's Peerage. 2019年11月25日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “John Stuart, 1st Marquess of the County of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “John Crichton-Stuart, 2nd Marquess of the County of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  10. ^ Johnny Dumfries: Ex-F1 driver & Le Mans 24 Hours winner dies aged 62 - BBC Sport・2021年3月22日
  11. ^ Ex-Formula 1 driver Marquess of Bute dies aged 62” (英語). STV News (2021年3月22日). 2021年3月26日閲覧。

参考文献編集

  • 今井宏編『イギリス史〈2〉近世』山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4634460201