メインメニューを開く

ビョルン・キルヒアイゼン(Björn Kircheisen、1983年8月6日 - )は、ドイツザクセン州Erlabrunn出身のノルディック複合選手。WSV Johanngeorgenstadtに所属している。

ビョルン・キルヒアイゼン
20180126 FIS NC WC Seefeld Björn Kircheisen 850 9973.jpg
名前
本名 Björn Kircheisen
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
種目 ノルディック複合
生年月日 (1983-08-06) 1983年8月6日(36歳)
生誕地 ザクセン州
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2000-2001シーズン
最高成績 1位
通算成績 17勝
 
獲得メダル
オリンピック
2002 ソルトレイクシティ 4x5km 団体
2006 トリノ 4x5km 団体
2014 ソチ 4x5km 団体
2010 バンクーバー 4x5km 団体
ノルディックスキー世界選手権
2003 ヴァル・ディ・フィエンメ 4x5km 団体
2005 オーベルストドルフ 15km個人
2005 オーベルストドルフ 4x5km 団体
2007 札幌 7.5kmスプリント
2007 札幌 4x5km 団体
2009 リベレツ 4x5km 団体
2009 リベレツ 10km個人ラージヒル
2011 オスロ 4x5km 団体ノーマルヒル
2011 オスロ 4x5km 団体ラージヒル
2013 ヴァル・ディ・フィエンメ 10km個人ノーマルヒル
2017 ラハティ 10km個人ノーマルヒル
2017 ラハティ 4x5km 団体ノーマルヒル

プロフィール編集

1998年のドイツ15歳クラスチャンピオン、1999年の16歳クラスチャンピオンとなるなど早くから実績を残す。

2001年のノルディックスキージュニア世界選手権団体で金メダル獲得、同年ノルディック複合・ワールドカップにデビューした。 ジュニア世界選手権では2002年に個人グンダーセン、団体の2冠、2003年は個人グンダーセン、個人スプリント、団体の3冠を達成した。

18歳で出場した2002年ソルトレークシティオリンピックでは個人グンダーセン5位、個人スプリント9位、団体銀メダルの好成績を残した。

2003年のノルディックスキー世界選手権、個人グンダーセン7位、個人スプリントは17位、団体は前年のオリンピックと同様銀メダルだった。

2005年の世界選手権では個人グンダーセンで銀メダル、個人スプリント4位、団体でも銀メダルだった。

2006年トリノオリンピックでは個人グンダーセン、個人スプリントとも7位、団体ではまたしても銀メダルに甘んじた。

2007年の世界選手権、個人スプリントではジャンプで1位となったもののクロスカントリーで順位を落とし銅メダル、個人グンダーセンでは7位だった。金メダルを狙った団体ではアンカーとして追い上げたがフィンランドに及ばず銀メダルだった。

2009年の世界選手権では個人マススタートで26位、個人ノーマルヒル45位と振るわなかったが個人ラージヒルでは銀メダルを獲得した。団体ではゴール前の接戦で日本に及ばずまたしても銀メダルだった。

ワールドカップでは2015-2016シーズン終了時点で通算16勝(2位14回、3位12回)をあげ、総合では2002-2003シーズンと2005-2006シーズンに3位となったのが自己最高位である。

また、ドイツ選手権では2006年にはスプリントとグンダーセンでともに優勝、2008年にスプリントで優勝している。2006年のホルメンコーレン大会、個人スプリントで優勝。

2017年の世界選手権では個人ノーマルヒルでは銅メダルを獲得した。2013年の世界選手権以来の出場となった団体ノーマルヒルではジャンプ・クロスカントリーとも一番手を務め、ドイツの同種目の連覇に貢献するとともに、五輪・世界選手権通じて自身初の金メダルを獲得した。

外部リンク編集