ビランジ(学名 Silene keiskei var. minor)はナデシコ科マンテマ属の草本植物。

ビランジ
Biranji090814.jpg
岩場に生えるビランジ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: マンテマ属(シレネ属)Silene
: オオビランジ S. keiskei
変種 : ビランジ S. k. var. minor
学名
Silene keiskei var. minor
和名
ビランジ

生態・特徴編集

本州の山地の日当たりのよい岩場に生える多年草である。高さは10~30cm程で、若い茎や若い葉の色は暗赤色である。夏に赤紫~ピンク色の直径2cm程度の花をつける。

変種編集

ビランジは基変種オオビランジ Silene keiskei の変種の一つである。別変種にはタカネビランジ S. k. var akaisialpinum がある。またオオビランジの品種としてツルビランジがある。

これらの変種、品種はビランジと同じく山岳地帯の岩場に分布するが、より高い所に分布することが多い。

関連画像編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集