ビリー・ハートBilly Hart1940年11月29日 - )は、アメリカジャズ・ドラマーにして教育者である。

ビリー・ハート
Billy Hart
Billy Hart.jpg
ビリー・ハート(1978年)
基本情報
生誕 (1940-11-29) 1940年11月29日(80歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
レーベル Horizon、Gramavision、Arabesque、HighNote、Enja、SteepleChase、ECM
共同作業者 ハービー・ハンコック
ザ・クッカーズ
公式サイト www.billyhartmusic.com
ビリー・ハート (右)、ジョニー・アレグレ (中央)、ロン・マックルーア (左)。アルバム『Johnny Alegre 3』録音にて
演奏するビリー・ハート

略歴編集

ハートはワシントンD.C.で生まれ、キャリアの早い段階でオーティス・レディングサム&デイヴ、そしてバック・ヒルやシャーリー・ホーンと共演した。彼はモンゴメリー・ブラザーズ(1961年)、ジミー・スミス(1964年–1966年)、ウェス・モンゴメリー(1966年–1968年)のサイドマンを務めた。1968年にモンゴメリーが亡くなった後、ハートはニューヨーク市に移り、マッコイ・タイナーウェイン・ショータージョー・ザヴィヌルとレコーディングし、エディ・ハリスファラオ・サンダースマリアン・マクパートランドと共演した[1]

ハートはハービー・ハンコックのセクステットのメンバー(1969年–1973年)となり、マッコイ・タイナー(1973年–1974年)、スタン・ゲッツ(1974年–1977年)、クエスト(1980年代)とも共演した。加えて、フリーランスの演奏(1972年のアルバム『オン・ザ・コーナー』におけるマイルス・デイヴィスとのレコーディングを含む)も行っている[1]

1990年代初頭以来、ハートはオベリン音楽院と提携しており[2]ニューイングランド音楽院[3]西ミシガン大学[4]の非常勤教授も務めている。また、ニュースクール大学ニューヨーク大学を通じてプライベート・レッスンを行っている。また、ドラマーとして、しばしばベルギーのストークス・フォレスト・ミュージック・キャンプとドウォルプ・サマー・ジャズ・クリニックに貢献している[5]

彼はマーク・ターナー、イーサン・アイヴァーソン、ベン・ストリートとグループを率い、ピアニストのジャン・ミッシェル・ピルクが率いるトリオや、ギタリストのアサフ・ケハティが率いるトリオに参加し、エディ・ヘンダーソン、デヴィッド・ワイス、クレイグ・ハンディ、ジョージ・ケイブルス、セシル・マクビーと一緒にザ・クッカーズとして知られるバンドで演奏し、広範囲にわたってツアーを行い、2枚のCDを録音した[6]

ハートはニュージャージー州モントクレアに住んでおり、『ジャズタイムズ』誌が「内なる聖域」と表現している音楽スタジオを持っている[7][8]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『エンチャンス』 - Enchance (1977年、Horizon)
  • 『ザ・トリオ』 - The Trio (1982年、Progressive) ※with ウォルター・ビショップ・ジュニアジョージ・ムラーツ
  • 『オシュマレ』 - Oshumare (1984年、Gramavision) ※旧邦題『アシュマリー』
  • 『ラー』 - Rah (1988年、Gramavision)
  • Amethyst(1993年、Arabesque)
  • Oceans of Time (1997年、Arabesque)
  • Billy Hart Quartet (2006年、HighNote)
  • Route F (2006年、Enja)
  • Live at the Cafe Damberd (2009年、Enja)
  • Sixty-Eight (2011年、SteepleChase)
  • All Our Reasons (2012年、ECM)
  • One Is the Other (2014年、ECM)
  • 『ザ・ブローダー・ピクチャー』 - The Broader Picture (2016年、Yellowbird) ※with ザ・WDRビッグ・バンド

脚注編集

  1. ^ a b Cook, Richard; Morton, Brian (2000). The Penguin Guide to Jazz on CD (Fifth ed.). Penguin Books. ISBN 9780140514520 
  2. ^ Oberlin Conservatory of Music faculty page”. Oberlin Conservatory of Music. 2020年2月22日閲覧。
  3. ^ New England Conservatory of Music faculty page”. New England Conservatory of Music. 2020年2月22日閲覧。
  4. ^ Master jazz drummer Billy Hart returns to Western Michigan University drum choir”. Kalamazoo Gazette. MLive Media Group. 2020年2月22日閲覧。
  5. ^ https://www.billyhartmusic.com/about
  6. ^ With Experience on their Side, The Cookers Heat Up Dizzy’s”. DownBeat. DownBeat (2017年5月15日). 2020年2月22日閲覧。
  7. ^ "The State of Jazz: Meet 40 More Jersey Greats", The Star-Ledger, September 28, 2003, backed up by the Internet Archive as of September 27, 2008. Accessed September 15, 2017. "Billy Hart -- A versatile, inventive drummer, Hart lives in Montclair."
  8. ^ Seidel, Mitchell. "Billy Hart", JazzTimes, April 25, 2019. Accessed January 11, 2021. "The inner sanctum of Billy Hart’s Montclair, N.J. home is a basement music studio that serves as a combination listening room, recreation room and classroom for visiting music students.... Billy Hart’s home looks like most others off Montclair’s main street of Bloomfield Avenue, a multistory, circa-1920s wood-frame structure with a small front yard and a narrow driveway on the side, except for the exterior color scheme of lavender and purple, which seems to scream 'alternative lifestyle' and makes the house leap out from the rest of the block."

外部リンク編集