ビルとテッドの大冒険

ビルとテッドの大冒険』(ビルとテッドのだいぼうけん、Bill & Ted's Excellent Adventure)は、1989年アメリカ合衆国SFコメディ映画。監督はスティーヴン・ヘレク、出演はキアヌ・リーブスアレックス・ウィンター英語版など。

ビルとテッドの大冒険
Bill & Ted's Excellent Adventure
監督 スティーヴン・ヘレク
脚本 クリス・マシソン英語版
エド・ソロモン
製作 スコット・クルーフ
マイケル・S・マーフィー
ジョエル・ソイソン英語版
製作総指揮 テッド・フィールド
ロバート・W・コート
出演者 キアヌ・リーブス
アレックス・ウィンター英語版
ジョージ・カーリン
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ティム・サーステッド
編集 ラリー・ボック
パトリック・ランド
製作会社 インタースコープ・コミュニケーションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年2月17日
日本の旗 1989年11月3日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $40,485,039[1][2]
次作 ビルとテッドの地獄旅行
テンプレートを表示

キアヌ・リーブスの初期の主演作品。続編『ビルとテッドの地獄旅行』も製作された。主人公コンビが時折見せるエア・ギター(主にタッピング奏法)は当時の若者たちの間でブームとなった[要出典]

ストーリー

ロックスターになる事を夢見ているカリフォルニアの高校生ビルとテッドは、歴史の先生から今度の研究発表の成績次第で落第になることを宣告されてしまう。

そんな2人の前にルーファスと名乗る謎の男が現れ、電話ボックス型のタイムマシンを使って過去への旅に2人を出す。

こうしてビルとテッドは様々な時代を巡り、多くの歴史上の人物と出会うという奇想天外な冒険を繰り広げる。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

作品の評価

Rotten Tomatoesによれば、54件の評論のうち高評価は81%にあたる44件で、平均点は10点満点中6.9点、批評家の一致した見解は「キアヌ・リーブスとアレックス・ウィンターは、このふわふわしたタイムトラベル・アドベンチャーを成立させるのに十分なほど魅力的で、滑稽で、おバカである。」となっている[3]Metacriticによれば、16件の評論のうち、高評価は4件、賛否混在は9件、低評価は3件で、平均点は100点満点中50点となっている[4]

出典

  1. ^ a b Bill & Ted’s Excellent Adventure” (英語). The Numbers. 2022年3月26日閲覧。
  2. ^ Bill & Ted's Excellent Adventure” (英語). Box Office Mojo. 2012年7月24日閲覧。
  3. ^ Bill & Ted's Excellent Adventure” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年4月1日閲覧。
  4. ^ "Bill & Ted's Excellent Adventure" (英語). Metacritic. 2022年4月1日閲覧。

外部リンク