メインメニューを開く

ビルヂェ・アタベイ(英語: Birce Atabey, 1993年1月26日 - )は、トルコ出身のフィギュアスケート選手(女子シングル)。トルコ選手権優勝5回。

ビルヂェ・アタベイ
Birce ATABEY
Figure skating pictogram.svg
European 2011 Birce Atabey.jpg
基本情報
代表国 トルコの旗 トルコ
生年月日 (1993-01-26) 1993年1月26日(26歳)
出生地 トルコ コジャエリ県
身長 158 cm
選手情報
コーチ Rana Belkis Gögmen
振付師 Rana Belkis Gögmen
元振付師 Evgenia Fominova
所属クラブ コジャエリSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 114.73 2015 CSデンスタ杯
ショート 44.17 2015 欧州選手権
フリー 76.51 2015 CSデンスタ杯
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

主な戦績編集

大会/年 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
世界選手権 16 PR 11 PR
欧州選手権 30 28 25 32 32
トルコ選手権 1 J[1] 1 1 2 1 1 1
CSネペラ杯 20
CSデンスタ杯 11 10
CSゴールデンスピン 22
サンタクロース杯 12 8
サラエヴォオープン 5 2
ユニバーシアード 20 20
ネーベルホルン杯 32
スロベニアオープン 4
トリグラフ杯 3 J 7 J 18 J 19 8 20 6
チャレンジカップ 21
クリスタルスケート 6
ニース杯 24
イスタンブール杯 6
アイスチャレンジ 16
世界Jr.選手権 46 51
JGPオーストリア杯 22
JGPブラエオン・シュベルター杯 24
JGPミンスクアイス 23
JGPボスポラス 29
JGPゴールデンリンクス 30
JGPタリン杯 26
ユーロユースオリンピック 21 J

詳細編集

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年9月21日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 17
40.04
22
63.44
20
103.48
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月25日-29日 2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権オストラヴァ 32
35.59
- 32
2016年12月6日-11日 2016年サンタクロース杯ブダペスト 7
41.41
9
66.38
8
107.79
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月25日-31日 2016年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブラチスラヴァ 32
37.55
- 32
2015年11月28日-12月4日 2015年サンタクロース杯ブダペスト 15
35.52
9
78.57
12
114.09
2015年10月20日-25日 ISUチャレンジャーシリーズ デンコヴァ・スタビスキー杯ソフィア 10
38.22
10
76.51
10
114.73
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月20日-22日 2015年サラエヴォオープンサラエヴォ 2
43.67
2
74.62
2
118.29
2015年2月4日-14日 ユニバーシアード冬季競技大会グラナダ 22
36.38
19
70.34
20
106.72
2015年1月26日-2月1日 2015年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ストックホルム 25
44.17
- 25
2014年12月4日-7日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 22
34.81
20
65.24
22
100.05
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月31日-2月2日 2014年サラエヴォオープンサラエヴォ 2
44.68
7
67.45
5
112.13
2013年12月9日-15日 ユニバーシアード冬季競技大会トレンティーノ 20
30.43
19
61.81
20
92.24
2013年11月28日-12月1日 2013年デンコヴァ・スタビスキー杯ソフィア 9
41.46
11
70.09
11
111.55
2013年9月25日-28日 2013年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 30
34.14
33
56.59
32
90.73
2013年8月31日-9月1日 2013年スロベニアオープンツェリェ 7
35.98
4
76.75
4
112.73
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月27日-31日 2013年トリグラフトロフィーブレッド 6
37.94
6
71.52
6
109.46
2013年2月21日-24日 2013年チャレンジカップハーグ 21
32.21
21
63.94
21
96.15
2012年10月30日-11月4日 2012年クリスタルスケートブラショフ 4
40.13
7
69.85
6
109.98
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2012年4月4日-8日 2012年トリグラフトロフィーイェセニツェ - 18
35.77
21
51.10
20
86.87
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド 11
65.98
- - -
2012年1月13日-15日 トルコフィギュアスケート選手権(アンカラ - 1
38.36
1
61.75
1
100.11
2011年12月13日-18日 2011年イスタンブール杯イスタンブール - 7
36.20
6
69.16
6
105.36
2011年10月26日-30日 2011年ニース杯ニース - 22
34.64
24
52.82
24
87.46
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 16
67.11
- - -
2011年4月7日-10日 2011年トリグラフトロフィーイェセニツェ - 9
40.53
8
76.98
8
117.51
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン - 28
30.50
- 28
2010年12月11日-12日 トルコフィギュアスケート選手権アンカラ - 1
39.93
1
64.17
1
104.10
2010年11月9日-14日 2010年アイスチャレンジグラーツ - 21
31.21
12
66.24
16
97.45
2010年10月6日-9日 ISUジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯ドレスデン - 28
26.74
21
59.52
24
86.26
2010年9月15日-18日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ - 26
30.66
20
58.70
22
89.36
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年4月2日-4日 2010年トリグラフトロフィーイェセニツェ 20
29.16
19
53.69
19
82.85
2010年1月9日-10日 トルコフィギュアスケート選手権[1]アンカラ 2
37.26
1
72.47
1
109.73
2010年1月22日-23日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 30
33.76
- 30
2009年10月15日-16日 ISUジュニアグランプリ ボスポラスイスタンブール 30
29.41
29
47.86
29
77.27
2009年9月24日-25日 ISUジュニアグランプリ ミンスクアイスミンスク 25
27.65
23
42.41
23
70.06
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月2日-3日 2009年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 17
34.72
17
54.35
18
89.07
2009年2月27日-28日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 51
24.14
- 51
2009年2月16日-18日 ヨーロッパユースオリンピックフェスティバルチェシン 20
29.86
21
50.71
21
80.57
2008年10月1日-5日 ISUジュニアグランプリ ゴールデンリンクスホメリ 31
25.68
31
43.89
30
69.57
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年4月2日-5日 2008年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 11
26.51
6
56.73
7
83.24
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 46
27.04
- 46
2007年9月20日-23日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 24
26.87
26
37.62
26
64.49
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年4月18日-22日 2007年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 2
33.44
3
61.50
3
94.94

脚注編集

  1. ^ a b ジュニアクラスでの優勝だったが、スコアはシニア選手を上回っており実質シニアクラスにおいても優勝であった。参照:https://web.archive.org/web/20100215172614/http://www.buzpateni.org.tr/upload/my_files/ts_2010_protokol.pdf

参考文献編集