メインメニューを開く

ビルバイン (Billbine)は、アニメ『聖戦士ダンバイン』に登場する架空の兵器。オーラバトラーの一種。

機体解説編集

諸元
ビルバイン
BILLBINE
所属 ゼラーナ隊
開発 ナの国
生産形態 ワンオフ機
全高 8.8メット(約8.8m
重量 8.6ルフトン(約8.6t
動力源 オーラ・コンバーター
巡航速度 290リル(約1.160km/h
最高速度 360リル(約1,440km/h)
武装 オーラ・ソード×1
オーラ・キャノン×2
ワイヤー付連装ショット・クロー×2
オーラ・ソード・ライフル(オーラ・ビーム・ソード)×1
搭乗者 ショウ・ザマ
その他 オーラ係数:0.99
必要オーラ力:14オーラ
限界オーラ力:なし
適性オーラ力:19.8オーラ
オーラ効率:0.38(地上界では0.66)

ダンバインを参考にナの国の技術陣が開発した新型の可変式オーラ・バトラー[1]。可変構造を持つ唯一のオーラ・マシンであり、甲冑を着用した西洋の騎士を思わせる人型形態から、猛禽類を髣髴とさせるシルエットのウィング・キャリバー形態に変形することで高速で戦地までの移動を可能にしている(その固有の特徴から、設計には地上界の技術が導入されている、あるいはショット・ウェポンに比肩しうる地上人が開発に携わっているともいわれている[2])。実際にウィング・キャリバーとして背部にオーラ・バトラーを搭載することも可能で、機動力とパワーを兼ね備えた反ドレイク陣営中最高のスペックを誇るオーラ・バトラーである。ただし、オーラ係数は0.99と低く(ビランビー以降の機種では最低値)、その性能をフルに発揮するには操縦者が強力なオーラ力の持ち主であることが要求されるため、事実上の「聖戦士専用機」であった。なお、本機にのみ設定されている「適性オーラ力」とは、本機の性能を最大限に引き出すのに適した数値のことであり、「限界オーラ力」を指すものではない。

ショウ・ザマがナの国の女王シーラ・ラパーナより賜り、ダンバインから乗り換えて愛機とした。機体色は赤/アイスグリーン色となっていた。しかし、最終決戦(第47話~最終話)では海上戦ということもあり敵の目を眩ます目的で青系統のロービジビリティ(低視認性)の夜間迷彩色に塗り替えられた。武装としてオーラ・ソード1本、背部に大型のレール式オーラ・キャノン2門、左右の前腕部に連装のワイヤー付ショット・クローを各1基ずつ備える(劇中第31話などでは前腕部からバルカン砲のような火器を発射している描写もあるが、公式の設定には含まれていない)。また、携行火器として連装オーラ・ショットとオーラ力のエネルギー刃を形成する銃剣を模した新兵器オーラ・ソード・ライフルを装備している。

最終話では黒騎士ガラバと一騎討ちになり、右腕と左脚を失った後、至近距離射撃を受けて上半身そのものが消失。その後、シーラが浄化を行った際に爆発四散した。

備考編集

デザインは同作品のキャラクターデザイン兼チーフアニメーターである湖川友謙が担当。初回案はダンバインの流れを汲みつつガウォーク形態に変形するデザインだったが、諸般の事情により却下された。玩具展開を最重点とするスポンサー側の意向を反映した現行の最終デザインおよび変形ギミックは、それまでの宮武一貴出渕裕が構築してきた生物的なオーラマシンのデザインや世界観とは異なる玩具然とした意匠となっている。なお、初回デザインのビルバインは関連書籍[3][4]などで確認することができる。

脚部については、よりスマートなデザイン案も提出されていたが、「子供の目の高さから落とした場合に壊れる恐れがある」との理由でスポンサーから却下され決定稿の太さになった[3]

名称の由来は、番組後半の主役機として物語をビルド(BUILD=英語で「構築する」の意味)するダンバインという意味が込められている。物語中盤で主役マシンを番組タイトルにもなっているマシンから別の物へ交代させるという試みは前作『戦闘メカ ザブングル』で既に行われていたが、本作のビルバインについては「新しいプラモデル販売のため、スポンサーの意向で無理矢理作らされた。せめて最初からいってくれていれば、もっと良いビルバインを用意できた」と総監督の富野由悠季は語っている。後に出渕裕は、模型雑誌「B-CLUB」に連載した『AURA FHANTASM』にてこれをリファインしたオーラ・バトラー「ヴェルビン」を発表している。こちらは非変形タイプであり、ビルバインにあった機械的な意匠が抑えられているのが特徴である。もっとも、それ以前に出渕はビルバインをマッシブにマイナーチェンジした画稿を富野に提示しており、これならば世界観を崩すことなく登場させられると目論んだが、果たせなかった経緯を持っている。

ビルバインが初めて登場する第29話以降のオープニングは、それまでのダンバインを主体とした映像からビルバインを主体とした映像に変更されている。

模型雑誌「電撃ホビーマガジン」掲載の「オーラバトラー構造学」によれば、脚部の補助固形ロケットは、TVシリーズと同じくバイストン・ウェルを舞台にした小説『リーンの翼』の主人公である迫水真次郎大日本帝国海軍の特攻隊員として搭乗した「桜花」のロケットを参考にしているという。この部位は地上界に出てから地上製の部品に置き換わったパーツも多いらしい。

ゲーム『聖戦士ダンバイン 聖戦士伝説』では、量産型である「ゼルバイン」が登場する。外観や装備はほぼ同一に近いが、ウィング・キャリバーへの変形機能はオミットされており、カラーリングも青となっている。また、脚部のデザインもダンバインを思わせる生物的なものになっている。なお、ゲーム本編には未登場だが同様の機体に「バルバイン」があり、こちらはより刺々しく生物的なデザインで、オーラソードも鉈状となっている。

スーパーロボット大戦シリーズでは上記の迷彩色が隠し機体扱いでたびたび登場している。基本は色を塗り替えただけだが通常色と比べて若干性能が向上している。

注釈編集

  1. ^ 媒体によってはネオラ・バトラーとも記載されている。サウンドトラック2 ライナーノーツのビルバイン(曲)の項を参照。
  2. ^ メディアワークス刊 『聖戦士ダンバイン データコレクション』(2000年)
  3. ^ a b ラポート刊 『聖戦士ダンバイン大事典』(1984年)
  4. ^ ソフトバンク パブリッシング刊 『聖戦士ダンバイン ノスタルジア』(2000年)