ビルング家(Billunger)は、中世ドイツにおいて10世紀から12世紀始めにかけてザクセン大公を世襲した貴族の家系である。ビッルング家とも呼ばれる。

概要編集

ビルング家の先祖について詳しいことは分かっていないが、9世紀のザクセンの伯リウドルフの妻オーダはビルング家出身とされている。936年に国王オットー1世によりヘルマン・ビルングが東部国境の辺境伯に任命されたことが、同家がザクセン大公を世襲する端緒となった[1]。ヘルマン・ビルングの子ベルンハルト1世より正式にザクセン大公とされ、4代にわたってザクセン大公位を世襲した。最後の大公マグヌスには男子後継者がなく、娘が二人いたが、娘たちはそれぞれヴェルフ家のバイエルン公ハインリヒ9世(黒公)およびアスカーニエン家のバレンシュテット伯オットー(裕福伯)と結婚し、それぞれの子が後にザクセン公となった[2]

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビア
(王妃マティルデ姉妹)
イメディング家
 
ヴィヒマン1世
(-944)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルマン
ザクセン辺境伯
 
アメルング
(-962)
ヴェルデン司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィヒマン2世
(-967)
 
エクバート
(-994)
 
ブルーノ
(-976)
ヴェルデン司教
 
ハトヴィヒ
(-1014)
=ジークフリート(ゲロの子)
 
ベルンハルト1世
ザクセン公
 
ヒルデガルト
(シュターデ伯ハインリヒ1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイリカ
ハインリヒ・フォン・シュヴァインフルト娘)
 
ベルンハルト2世
ザクセン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴルフヒルト
(ノルウェー王オーラヴ2世娘)
 
オルドルフ
ザクセン公
 
ゲルトルート
(ハルデンスレーベン伯コンラート娘)
 
ゲルトルート
1=ホラント伯フロリス1世
2=フランドル伯ロベール1世
 
イダ
1=下ロートリンゲン公フリードリヒ
2=ナミュール伯アルベール3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マグヌス
ザクセン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ9世
(黒公)
バイエルン公
 
ヴルフヒルト
 
アイリーケ
 
オットー
(裕福伯)
バレンシュテット伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ10世
(傲慢公)
バイエルン公
ザクセン公
 
 
 
 
 
アルブレヒト1世
(熊公)
ブランデンブルク辺境伯
ザクセン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴェルフ家
 
 
 
 
 
アスカーニエン家
 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 瀬原、p.74
  2. ^ 下津、p. 324

参考文献編集

  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • 下津清太郎 編 『世界帝王系図集 増補版』 近藤出版社、1982年
  • コルヴァイのヴィドゥキント、三佐川亮宏 訳 『ザクセン人の事績』 知泉書館、2017年

関連項目編集