ビル・ラズウェル

ビル・ラズウェルBill Laswell1955年2月12日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身のジャズベーシスト音楽プロデューサー

ビル・ラズウェル
Bill Laswell
Bill-laswell.jpg
ビル・ラズウェル(2006年)
基本情報
出生名 William Otis Laswell
生誕 (1955-02-12) 1955年2月12日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州セイラム
ジャンル ジャズ
ファンク
ダブ
テクノ
アンビエント
アヴァンギャルド
ワールドミュージック
職業 ミュージシャン、音楽プロデューサー、レーベル・オーナー
担当楽器 ベース
活動期間 1978年 -
レーベル M.O.D. Technologies、エレクトラアクシアム/アイランド/ポリグラムヴァージン
共同作業者 メソッド・オブ・ディファイアンス、ゴールデン・パロミノスプラクシスマサカーマテリアルラスト・イグジットペインキラー、Ashes、デッドライン、タブラ・ビート・サイエンスパブリック・イメージ・リミテッドバケットヘッドピート・ナムルック
公式サイト billlaswell.net

ジャズファンクダブテクノアンビエントアヴァンギャルドワールドミュージックまで広範に音楽を手がけ、関わったアーティスト、作品は膨大な数に上る。マテリアルゴールデン・パロミノス[1]、デッドライン、プラクシスなど、結成したユニットも数多い。

来歴編集

1960年代後半のファンカデリックなどのサイケデリック・ロックや、イギー・アンド・ストゥージズMC5などが活躍していたデトロイトガレージロックパンク・シーンに影響を受ける。

1970年代ニュー・ヨーク実験音楽シーンに触発されてジョルジオ・ゴメルスキーのロフトに参入。ヘンリー・カウマグマなど多くのアーティストと交流を開始。1970年代後半、主要プロデューサー、パートナーとして、パリ在住のジョン・カラコスのレーベル、セルロイド・レコードでの制作を始める。国内外のアヴァンギャルド音楽のアルバムの配給を行う。

1978年頃、ゴングビートニクデヴィッド・アレンニューヨーク・ゴングを結成。

1979年頃、エンジニアのマーティン・ビシらとともにブルックリンにてレコーディング・スタジオを設立。ブライアン・イーノをスタジオに招き、レコーディング。スタジオ・コンセプトが気に入ったイーノが機材を提供する。歴史的なノー・ウェイヴの録音やマイケル・バインホーン、フレッド・マーらと実験的ファンク・バンド、マテリアルの活動を開始。並行してアート・リンゼイアントン・フィアーフレッド・フリスらとのゴールデン・パロミノスでの活動も行う。1980年にはフレッド・フリス、フレッド・マーとのマサカーも活動を開始した。

1980年代ヒップホップ・ミュージック・シーンに合流し、ファブ・ファイヴ・フレディとの『Change The Beat』や、アフリカ・バンバータとの「Time Zone」名義による12インチ・シングルをセルロイドからリリース、ラップ・ミュージックのオリジネイター、ラスト・ポエッツのアルバムも配給する。

1983年、ラズウェル / マテリアル全面バックアップによるハービー・ハンコックのアルバム『フューチャー・ショック』が、スクラッチやエレクトロニクスを駆使したヒップホップの名盤として高い評価を受け、収録曲「ロックイット」は第26回グラミー賞で最優秀R&Bインストゥルメンタル・パフォーマンス賞を受賞[2]。初のソロ・アルバム『ベースラインズ』を発表。

1985年、フィリップ・ウィルソンと結成したバンド、デッドラインでアルバムを発表。マヌー・ディバンゴバーニー・ウォーレルジャコ・パストリアスらがゲストとして参加。PIL『アルバム』(1985年)、坂本龍一ネオ・ジオ』(1987年)などの作品プロデュースの他、スライ&ロビーのリズムセクションを起用したミック・ジャガーシーズ・ザ・ボス』(1985年)、オノ・ヨーコ『スターピース』(1985年)などのアルバムや、実験的なスライ&ロビー名義のアルバム『ランゲージ・バリアー』(1985年)、『リズム・キラーズ』(1987年)なども制作している。

1986年ラスト・イグジットの活動を始め、グラインドコアノイズのサウンド・プロデュースへと実験を試みる。

この時期の主なプロデュース作品には、モーターヘッド『オーガズマトロン』(1986年) 、イギー・ポップ『インスティンクト』(1988年)、ラモーンズ『ブレイン・ドレイン』(1989年)、ホワイト・ゾンビ『Make Them Die Slowly』(1989年)などがある。

1990年代以降はクリス・ブラックウェルアイランド・レコードアクシアム・レーベルを立ち上げて電子音楽デトロイト・テクノへの関心を高めフリー・ジャズダブと絡めて行く。

1991年ペインキラープラクシスといったグループを結成し活動を開始。デッドライン名義で、ブーツィー・コリンズやジョナス・エルボーグらと共演し、アルバムを制作した。1992年のプラクシスのアルバム『トランスミューテイション』のレコーディングには、DJ KRUSHDJスプーキージャー・ウォブルファラオ・サンダースブーツィー・コリンズバーニー・ウォーレルウィリアム・S・バロウズをゲストに迎えて制作している。

レコーディング・エンジニアのオズ・フリッツとともにアフリカアラブアジアカリブなど世界各地でのフィールド・レコーディングや、それらを素材にしたダブ作品をサブ・ローザ・レーベルや多数のレコード・レーベルから発表する。1999年にサブ・ローザ・レーベルからカットアップを多用した作品『Hashisheen -The End Of Law』をリリースしており、ジェネシス・P・オリッジとの共同作品を収録している。

また1990年代中頃からリミックス・プロジェクトをスタートし、1997年ボブ・マーリー『ドリームス・オブ・フリーダム』をはじめ、マイルス・デイヴィス『パンサラッサ~マイルス・リミックス!』(1998年) 、カルロス・サンタナ『ディヴァイン・ライト:カルロス・サンタナRemix』(2001年)など、ラズウェルの考察による再構築アルバムを制作している。

2000年代に入ると琉球アンダーグラウンドニルス・ペッター・モルヴェルら新世代のアーティストのリミックスも手がけ、インド音楽とダブを融合させたタブラ・ビート・サイエンスを始動させる。

主なバンド、ユニット編集

マテリアル

  • 自己のレコード・レーベル、セルロイドから作品をリリースしている。ラズウェル以外のメンバーは流動的で、方向性もアルバムごとに変わる。4作目『ハリューシネイション・エンジン』では、ジャズ、ファンク、ダブ、アンビエント、ワールドミュージックが絶妙にミックスされた。アルバム『ワン・ダウン』ではホイットニー・ヒューストンによるメジャー・デビュー前の歌手としての録音がある。

ゴールデン・パロミノス

マサカー

デッドライン

プラクシス

ラスト・イグジット

ペインキラー

タブラ・ビート・サイエンス

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『ベースラインズ』 - Baselines (1983年)
  • 『ヒア・ノー・イーブル』 - Hear No Evil (1988年)
  • Outer Dark (1994年)
  • Silent Recoil: Dub System One (1995年)
  • Oscillations (1996年)
  • 『シティ・オブ・ライト』 - City of Light (1997年)
  • Oscillations 2 (1998年)
  • Invisible Design (1999年)
  • 『キューバ幻想』 - Imaginary Cuba (1999年)
  • Permutation (1999年)
  • Dub Chamber 3 (2000年)
  • Lo. Def Pressure (2000年)
  • 『フィルムトラックス2000』 - Filmtracks 2000 (2001年)
  • Points of Order (2001年)
  • Version 2 Version: A Dub Transmission (2004年)
  • Invisible Design II (2009年)
  • Means of Deliverance (2012年)
  • Túwaqachi (The Fourth World) (2012年)
  • Kauai : The Arch Of Heaven (2014年)
  • Sample Material: International Free-Zone (2019年)
  • 『アゲインスト・エンパイア』 - Against Empire (2020年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://www.discogs.com/artist/41563-The-Golden-Palominos
  2. ^ Herbie Hancock - Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 2021年11月7日閲覧。

外部リンク編集