株式会社ビーグリー(Beaglee Inc.)はコミック配信サービスを中核に、コンテンツプラットフォーム事業を展開する日本企業。

株式会社ビーグリー
Beaglee Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証プライム 3981
2017年3月17日上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-0061
東京都港区北青山二丁目13番地5号
青山サンクレストビル4階
北緯35度40分12秒 東経139度42分58秒 / 北緯35.67000度 東経139.71611度 / 35.67000; 139.71611
設立 2013年11月28日
(株式会社MNH)
業種 情報・通信業
法人番号 3010401109114 ウィキデータを編集
事業内容 コンテンツプラットフォーム事業
代表者 吉田仁平(代表取締役)
資本金 18億7583万円(2020年12月31日現在)
発行済株式総数 6,175,661株
(2020年12月現在)
売上高 単体:123億6576万円[1]
連結:186億3720万円
(2021年12月期)
営業利益 単体:1億5427万円
連結:13億4539万円
(2021年12月期)
経常利益 単体:8846万円
連結:12億233万円
(2021年12月期)
純利益 単体:△1億1907万円
連結:4億4492万円
(2021年12月期)
純資産 単体:49億7406万円
(2021年12月期)
総資産 単体:76億8834万円
(2021年12月期)
従業員数 単体:78名
連結:197名
(2021年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 日本テレビ放送網株式会社 25.42%
小学館 9.14%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 5.16%
GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL (常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)4.94%
吉田仁平 4.22%
(2021年12月31日現在)
主要子会社 株式会社ぶんか社グループ
外部リンク https://www.beaglee.com/
特記事項:旧社名:株式会社ビービーエムエフ(2004年10月25日創業 - 2010年7月)→menue株式会社(2010年8月 - 2014年8月)
テンプレートを表示

概要編集

前身である株式会社ビービーエムエフは、中国を拠点にアジア地域での携帯コンテンツ市場開拓を目的として設立されたBBMF Group Inc(2014年12月会社清算結了)により、日本における携帯コンテンツ配信会社として平成16年10月25日に設立された[2]。設立当初は株式会社アトラスモバイルゲームの配信を行っていた。 平成18年4月にフィーチャーフォン向けコミック配信サービス『ケータイ★まんが王国』を開始して以降、コミックコンテンツを中心としたモバイルインターネットビジネスを展開している。現在の法人格はリサ・パートナーズが平成25年11月28日に設立した株式会社MNHである[2]

社名は「進化論」のチャールズ・ダーウィンが世界航海に使用した船の名「Beagle」号に由来している[3]

沿革編集

  • 2004年10月 - BBMF Group Inc.[注 1]の日本法人として東京都渋谷区に「株式会社ビービーエムエフ」を設立し、本社機能を日本へ移管[4][5]
  • 2005年
  • 2006年
    • 4月 - 日興アントファクトリー株式会社(現:アント・キャピタル・パートナーズ株式会社)による24億円の出資を得て、取締役の派遣を含む積極的な経営支援を受ける[9]
    • 4月 - フィーチャーフォン向けコミック配信サービス『ケータイ★まんが王国』を開始。
  • 2007年
  • 2008年
    • 7月 - iPhone 3Gの日本発売と同時にコミックアプリを配信開始。
    • 8月 - BBMF Group Inc.の全株式現物出資によって株式会社ニューを設立。BBMF Group Inc.は株式会社ニューの子会社となる[2]。南京波波魔火信息技术有限公司を子会社化。
    • 9月 - 株式会社ニューを存続会社として吸収合併、商号を「株式会社ビービーエムエフ」に変更。
    • 12月 - 本社を東京都千代田区に移転。
  • 2009年5月 - 株式会社ビービーエムエフを存続会社としてボーステック株式会社を吸収合併[11][12]
  • 2010年
    • 6月 - モバイルSNS「menue」開始[13]
    • 7月 - まんが王国累計1億冊ダウンロード突破。
    • 8月 - 商号を「menue株式会社」に変更。
    • 8月 - iPhone向け電子コミックサービス『まんが王国 by menue』配信開始[14]
  • 2011年
    • 5月 - Androidアプリのリリースを開始。
    • 7月 - Android向けゲーム 「RPGガントレット・ロード」配信開始[15]
    • 8月 - iPhone 向けゲーム 「RPG シャイニングアース」配信開始[16]
    • 11月 - スマートフォン向けコミック配信サービス『まんが王国』を開始。
  • 2012年
    • 1月 - Android用アプリ「無音カメラ(サイレントシャッター)」配信開始[17]
    • 3月 - Android用アプリ「まんが王国~コミック・マンガ専門~」配信開始[18]
    • 11月 - まんが王国累計2億冊ダウンロード突破。
    • 12月 - 吸収分割により株式会社Bbmfマガジン(現青泉社)からデジタルコンテンツ事業を譲受[19]
  • 2013年
    • 8月 - 漫画に特化したクラウドファンディングサービス『FUNDIY』を開始。
    • 11月28日 - リサ・パートナーズが株式の取得と吸収合併をする目的で株式会社MNHを設立[2]
    • 12月 - Androidアプリ累計1億ダウンロード突破。
  • 2014年
    • 5月 - 株式会社MNHを存続会社として吸収合併、商号を「menue株式会社」に変更。
    • 9月 - 商号を「株式会社ビーグリー」に変更、本社を東京都港区に移転。
    • 12月 - まんが王国累計3億冊ダウンロード突破。
  • 2015年
    • 2月 - イラスト・マンガで読む分散型メディア『ETOPICA』を開始。
    • 11月 - まんが王国累計4億冊ダウンロード突破。
  • 2016年
    • 4月 - Androidアプリ累計1.5億ダウンロード突破。「まんが王国」10周年を迎える。
    • 9月 - まんが王国累計5億冊ダウンロード突破。
  • 2017年
    • 3月 - 東京証券取引所マザーズ市場に上場[20]
    • 4月 - まんが王国累計6億冊ダウンロード突破。
    • 5月 - 漫画家・イラストレーターファンのための通販サイト『FUNDIY STORE』オープン。
    • 8月 - 株式会社WHITEと業務提携し、VR領域における新ジャンル開拓プロジェクト『e-DIVE』を発足[21]
  • 2018年
    • 3月 - 東京証券取引所第一部に市場変更。
    • 11月 - 株式会社ノベルバを完全子会社化[22]
    • 12月 - 無料マンガアプリ「コミックevery」を開始[23]
  • 2019年
    • 6月 - まんが王国にて月刊コミックバンチ(新潮社)とタイアップした新レーベル「ウツツ」を配信開始[24]
    • 8月 - 完全子会社の株式会社ノベルバを吸収合併。
  • 2020年
    • 10月 - 株式会社NSSK-CC(後:株式会社ぶんか社ホールディングス、現:株式会社ぶんか社グループ)を完全子会社化[25]
    • 11月 - 電子小説サービス『ノベルバ』において、オリジナルレーベル「ノベルバノベルズ」を創刊[26]
  • 2021年

コンテンツプラットフォーム事業編集

電子書籍ビジネス編集

その他ビジネス編集

  • FUNDIY STORE

コンテンツ事業編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2014年12月会社清算。
  2. ^ 2015年4月解散、同年7月会社清算結了。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2021年12月期 有価証券報告書”. 宝印刷. 2022年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c d 新規上場申請のための有価証券報告書 (PDF, (株式会社ビーグリー))
  3. ^ 株式会社ビーグリー経営理念”. 2019年12月31日閲覧。
  4. ^ BBMF Corporation 株式取得に関するお知らせ (PDF)”. アーティストハウスホールディングス (2005年9月27日). 2017年5月20日閲覧。
  5. ^ 米携帯ゲーム開発大手BBMFがアトラスと協業”. ITmedia Mobile. 2022年8月13日閲覧。
  6. ^ ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) 有価証券報告書 第15期(平成30年1月1日-平成30年12月31日) 2019年03月28日提出” (日本語). toushi.kankei.me. 2022年8月13日閲覧。
  7. ^ BBMF Corporationとの戦略的業務提携によるモバイルオンラインゲーム等への参入に関するお知らせ”. 株式会社フィナンテック. 2021年4月13日閲覧。
  8. ^ BBMF、EZweb「デジタルデビル物語 女神転生」を配信。ファミコン版1作目をベースにシステムを大幅改良”. game.watch.impress.co.jp. 2022年8月13日閲覧。
  9. ^ 有価証券報告書(日興コーディアルグループ)”. 有報データマイニング. 2021年4月13日閲覧。
  10. ^ 散在していたグループ会社のサーバーを一元管理しコスト削減――Bbmf+ジェイディスク/at+link | レンタルサーバー導入&活用事例”. Web担当者Forum (2008年4月4日). 2021年4月12日閲覧。
  11. ^ ボーステック株式会社 コーポレートサイト 閉鎖のお知らせ - ウェイバックマシン(2009年6月4日アーカイブ分)
  12. ^ 平成21年3月23日付官報号外第57号190頁
  13. ^ menue、モバイルSNS「menue」のサービスを3月15日で終了” (日本語). Social Game Info. 2021年4月12日閲覧。
  14. ^ iPhone向けに電子コミックアプリ「まんが王国」”. ケータイ Watch. 株式会社インプレス (2010年8月10日). 2022年8月13日閲覧。
  15. ^ Android Android™向けゲーム 『RPG ガントレット』 配信開始のご案内”. 2022年8月13日閲覧。
  16. ^ iPhone 向けゲーム 『RPG シャイニングアース』 配信開始のご案内”. 2022年8月13日閲覧。
  17. ^ Androidoマーケット配信後、2週間で30万DLを達成! 静かに撮影できるカメラアプリ『無音カメラ(サイレントシャッター)』新規機能追加のお知らせ” (日本語). ドリームニュース. 2022年8月13日閲覧。
  18. ^ タダ読みが超充実!まんが王国アプリ登場!” (日本語). ドリームニュース. 2022年8月13日閲覧。
  19. ^ 平成24年11月26日付官報本紙第5934号30頁
  20. ^ 東京証券取引所マザーズ市場への新規上場承認のお知らせビーグリー 2017年2月13日
  21. ^ BeagleeとWHITEが業務提携 VR領域における新ジャンル開拓プロジェクト『e-DIVE』を発足”. 株式会社ビーグリー. 2017年11月4日閲覧。
  22. ^ 「まんが」が小説を飲み込んだ まんが王国ビーグリーとは”. M&A online. 2019年6月28日閲覧。
  23. ^ 無料マンガアプリ『コミックevery』配信開始”. PR TIMES. 2019年6月28日閲覧。
  24. ^ 『まんが王国』にて月刊コミックバンチ(新潮社)との新レーベル「ウツツ」電子連載スタート”. PR TIMES. 2019年6月28日閲覧。
  25. ^ 株式の取得(子会社化)および資金の借入に関するお知らせ”. 宝印刷. 2020年10月9日閲覧。
  26. ^ 電子小説サービス『ノベルバ』が初のオリジナルレーベル「ノベルバノベルズ」の配信を開始”. PR TIMES. 2022年8月13日閲覧。
  27. ^ スマホゲーム『無職転生』3月27日(土)ついに配信開始!~原作者監修の超レアグッズが当たる記念キャンペーンも開催~”. PR TIMES. 2022年8月13日閲覧。
  28. ^ “日本テレビが電子書籍配信のビーグリーにTOB、1株1900円”. ロイター通信. (2021年11月12日). https://jp.reuters.com/article/ntv-beaglee-idJPKBN2HX0PV 2021年11月12日閲覧。 
  29. ^ 日本テレビ放送網株式会社による当社株券に対する公開買付けの結果、第三者割当による新株式発行の中止、並びに主要株主、主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせビーグリー 2021年12月24日
  30. ^ 当社子会社による株式会社ビーグリー株式に対する公開買付けの結果及び持分法適用関連会社の異動に関するお知らせ日本テレビホールディングス 2021年12月24日

関連項目編集

  • アトラス (ゲーム会社) - かつてBBMF Group Inc.の親会社BBMF Corporationとの資本提携により株式会社ビービーエムエフが、子会社として株式会社アトラスモバイルを設立し、アトラスのモバイルコンテンツを運営。
  • 青泉社

外部リンク編集