メインメニューを開く

ビーチクラフトBeechcraft )はアメリカ飛行機メーカー。軽飛行機メーカーとしてはセスナパイパー・エアクラフトと並ぶビッグスリーの一つ[1]

ビーチクラフト
企業形態 子会社
業種 航空機製造
設立 1932年
本社 カンザス州ウィチタ
主要人物 ウォルター・ビーチ
オリーブ・アン・ビーチ(妻・共同設立者)
セオドア・ウェルズ(設計主任者)
製品 軽飛行機
所有者 テキストロン・アビエーション
ウェブサイト Beechcraft
テンプレートを表示

1932年設立。1980年からレイセオン社の子会社となり、2006年からホーカー・ビーチクラフト社のブランドとなっていたが、現在はセスナ、ホーカーと共にテキストロン傘下となっている。

概要編集

1932年カンザス州ウィチタで「ビーチ・エアクラフト・カンパニー」(Beech Aircraft Company )として設立される。創業者はウォルター・ビーチ夫妻で、設計主任者はテッド・ウェルズ。同年11月に最初の機体である「スタッガーウィング」(Model 17 Staggerwing)の初飛行に成功。第二次世界大戦中には軍用機も生産した。

戦後の1947年より主力商品となる軽飛行機ボナンザ」(Bonanza)を販売。1964年にはビジネス用途の双発ターボプロップ機「キングエア」(King Air)を市場に投入した。

1980年からは軍需企業レイセオン傘下となり子会社として事業を継続。1993年にレイセオンがブリティッシュ・エアロスペースの一部事業を買収したことに伴い、1994年に「ビーチ・エアクラフト・コーポレーション」は「レイセオン・エアクラフト・カンパニー」の事業部に組み込まれた。さらに2006年にはゴールドマン・サックスオネックスが共同で事業を買収し、ホーカー・ビーチクラフトに社名を改め、ビーチクラフトは同社の一ブランドとなった[2]

2012年3月にホーカー・ビーチクラフトが連邦倒産法第11章の適用を受けた後、2013年2月より再びビーチクラフトの社名で経営再建を目指していた[3]

後にテキストロンの航空機部門テキストロン・アビエーションの傘下となり、ビーチクラフトのブランド名で継続している。

主な機種編集

脚注編集

資料編集

Pattillo, Donald M. (1998). A History in the Making: 80 Turbulent Years in the American General Aviation Industry. New York: McGraw-Hill. ISBN 0-07-049448-7

関連項目編集

外部リンク編集