メインメニューを開く

ビーチボーイズ」は、TBS系で放送されていたバラエティ番組紳助社長のプロデュース大作戦!』発のシングル2011年7月13日YOSHIMOTO R and Cから発売された。は同番組発の素人ユニット[2]ビーチボーイズ

ビーチボーイズ
ビーチボーイズシングル
B面 離道(別れ)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2011年
ジャンル J-POP
時間
レーベル YOSHIMOTO R and C
作詞・作曲 カシアス島田平義隆
プロデュース 広小路亨
チャート最高順位
テンプレートを表示

プロデュース・作詞は同番組メインMCの島田紳助。2010年8月発売(沖縄限定)の「島風〜夢来人の唄〜」から約1年ぶり、番組関連の2作目かつ最後のCD作品である。

目次

解説編集

宮古島活性化プロジェクト」(企画内容は該当記事参照)の一環として開かれた民宿『夢来人』のサポートスタッフとして働いていたミキヤ・ケイスケ・ハットリ・セイゴの「ビーチボーイズ」4名が、島田紳助からの辞令でCDデビュー。全員が歌手経験のない一般人であったため、番組秘書を務める新選組リアン関義哉が助っ人として加入[2](CD制作プロデューサー、ディレクターも新選組リアンと同じスタッフ)。レコーディングは東京都内で行われ、野口五郎が編曲・歌唱指導を担当した[3]

発売当日には東京・池袋サンシャインシティでイベントを開催し、約600人を動員[4][5][6]。その後福岡・神奈川・愛知で連日イベントを行い、17日の大阪・千里セルシーでは2回公演で約1700人を動員した[7]

オリコン20位以内に入れば第2弾シングルを発売、21位以下なら解散」というルールが定められた[6][8][9]。初登場(最高位)17位を記録したが[1]、同年8月の紳助の引退により番組自体が終了。民宿『夢来人』は9月で営業終了[10]、ビーチボーイズも活動終了となった。

同年10月21日、新選組リアンが所属していたアキヤマ・オフィスのマンスリーライブにケイスケとハットリがゲスト出演し、関とともに歌を披露した[11]。その後ミキヤ・ケイスケ・ハットリの3名はそれぞれ芸能活動を続けている。

収録内容編集

初回盤(CD+DVD)・通常盤(CDのみ)の2種形態での発売。

CD編集

  1. ビーチボーイズ
  2. 離道(別れ)
    • 作詞:カシアス島田、作曲:松井亮太、編曲:野口五郎
  3. ビーチボーイズ KARAOKE
  4. 離道(別れ) KARAOKE
両作ともバックトラックの演奏をすべて野口が担っている。森公平(新選組リアン)・松岡卓弥がコーラスで参加。

DVD編集

(初回盤のみ)

  • ビーチボーイズ MUSIC VIDEO

特典編集

  • 全国握手会参加券(初回盤・通常盤初回生産分)
  • オリジナルポストカード・写真(予約購入者先着順)

「ビーチボーイズ」メンバー編集

※責任者兼助っ人の関義哉(新選組リアン)を除く、民宿『夢来人』従業員であった4名について。

ミキヤ
1989年生。千葉県出身。民宿での担当[5]は「スイーツ」。ビーチボーイズのリーダー。
以前から未来弥の芸名で『Fine』レギュラーモデル俳優として活動していた。ビーチボーイズ参加時は大学を休学中[8]。解散後はモデル・芸能活動に復帰。
ケイスケ
1986年生。岩手県出身。民宿での担当は「牧場」。
本名および後の芸名は大久保圭祐。加入時の本職はスタイリスト[12]。企画終了時に進路を明言していなかったが、2011年12月に舞台に出演し俳優デビュー[13]。以降俳優・モデル兼スタイリストとして活動。
ハットリ
1988年生。青森県出身。民宿での担当は「畑」。
本名および後の芸名は服部喜照。元海上自衛官[2]。オーディション時から俳優志望を明言していた。2012年2月に芸能事務所所属と俳優集団NAKED BOYZ加入(第3期メンバー)が決まり[14]、以降舞台・バラエティ等で活動。
セイゴ
1991年生。大阪府出身。民宿での担当は「料理」。
本名は出石聖悟[15]。あくまでも民宿の従業員志願者としてオーディションに参加しており、CDデビュー決定時も芸能界入りの意思はないことを主張した。解散後は大阪に戻り就職[15][16]

脚注編集

  1. ^ a b ビーチボーイズ(初回限定盤) ビーチボーイズのプロフィールならオリコン芸能人事典. ORICON STYLE.
  2. ^ a b c “紳助プロデュースから“素人ユニット”「ビーチボーイズ」CDデビュー決定”. ORICON STYLE. (2011年5月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/87778/full/ 
  3. ^ 野口五郎 | 紳助社長のプロデュース大作戦!. TVでた蔵.
  4. ^ “紳助プロデュース“ビーチボーイズ”デビュー記念イベントで熱唱”. ORICON STYLE. (2011年7月14日). http://www.oricon.co.jp/news/music/89836/full/ 
  5. ^ a b “ビーチボーイズが大歓声に包まれた初お披露目で、爽やかさ全開!”. よしもとニュースセンター. (2011年7月14日). http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/07/post-6258.html 
  6. ^ a b “毎週火曜よる7時『紳助プロデュース』内の企画でユニット・ビーチボーイズを結成! 7月13日(水)遂に待望のCDデビューでイベント”. TBSホット情報. (2011年7月14日). http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201107141309.html 
  7. ^ “汗だく 涙も止まらず ビーチボーイズ「このメンバーでよかった」”. Sponichi Annex. (2011年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/07/18/kiji/K20110718001233520.html 
  8. ^ a b ““ビーチボーイズ”のリーダー未来弥〜CDデビュー☆インタビュー”. jisin.jp. (2011年7月13日). http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/jisin/4105_1 
  9. ^ “レギュラーが「ワイドー!」宮古島発イケメン5人組を支援”. お笑いナタリー. (2011年7月14日). http://natalie.mu/owarai/news/53022 
  10. ^ “【エンタがビタミン♪】紳助会見の1週間前。宮古島のノッチに東京への異動辞令が出ていた。”. Techinsight. (2011年10月1日). http://japan.techinsight.jp/2011/10/notti-miyakojimajsotugyou-jirei.html 
  11. ^ “ひーん”. KEISUKE BLOG. (2011年10月27日). http://ameblo.jp/ok1031/day-20111027.html 
  12. ^ “HAPPY☆”. KEISUKE BLOG. (2011年7月23日). http://ameblo.jp/ok1031/entry-10962573494.html 
  13. ^ “おりゃ”. KEISUKE BLOG. (2011年11月21日). http://ameblo.jp/ok1031/day-20111121.html 
  14. ^ “4つのこと”. はっとりよしあ記. (2012年2月16日). http://ameblo.jp/77265408/entry-11166885618.html 
  15. ^ a b “宝物。”. セイゴの連絡帳. (2011年10月1日). http://ameblo.jp/bbseigo/day-20111001.html 
  16. ^ “ぴんざ”. はっとりよしあ記. (2012年6月15日). http://ameblo.jp/77265408/entry-11278156438.html 

関連項目編集

外部リンク編集