『ビートルズ No.2!』(The Beatles' Second Album)は、日本において1964年6月15日にリリースされたビートルズの2枚目のアルバムである。

ビートルズ No.2!
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1963年3月5日 - 1964年1月29日
ジャンル ロック
レーベル オデオン OR 7058
Apple AR-8027
オデオン EAS-70101
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
  • 1位(ミュージック・マンスリー洋楽チャート、1964年当時[1]
ビートルズ 日本 年表
ビートルズ!
(1964年)
ビートルズ No.2!
(1964年)
ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム
(1964年)
テンプレートを表示

解説編集

『ビートルズ No.2!』は日本におけるファースト・アルバムである『ビートルズ!』に続くセカンド・アルバムとして発売されたアルバムである。オリジナル・フォームでのセカンド・アルバム(『ウィズ・ザ・ビートルズ』)のリリースは見送られ、日本独自の編集盤がリリースされた。サード・アルバムの『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』以降はイギリス盤と同内容でのリリースが行われるようになった(但し、ジャケットデザインについては日本独自のものが使われた)。当時最新ヒット曲であった「キャント・バイ・ミー・ラヴ」が収録されていることは特筆に値する。ジャケットはアメリカ編集盤『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』に準じている。

初リリース以来、モノラル盤のみの発売であり、本アルバムのステレオ盤はない。これは発売当時、「キャント・バイ・ミー・ラヴ」のリアル・ステレオ・ヴァージョンがまだ発表されていたかったため、アルバム全体をモノラル・ヴァージョンで統一する必要があったからである。

本作は2014年6月に『ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』という5枚組CDボックス・セットにおいて、初めてCD化された。ジャケットは紙ジャケットが使われており、現在可能な限り1964年の発売当時の形態が再現されていて(CDジャケットには「東芝音楽工業株式会社」の当時の会社名記載がない)、CD盤本体も当時のレーベルデザインが踏襲されている。この盤での解説は、発売当時の高崎一郎の物が使われている[2]

収録曲編集

特記を除き、作詞作曲はレノン=マッカートニーによるもの。

アナログA面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can't Buy Me Love) ポール・マッカートニー
2.ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット(Do You Want To Know A Secret) ジョージ・ハリスン
3.サンキュー・ガール(Thank You Girl) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
4.蜜の味(A Taste Of Honey)ボビー・スコット
リック・マーロー
ポール・マッカートニー
5.イット・ウォント・ビー・ロング(It Won't Be Long) ジョン・レノン
6.アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン(I Wanna Be Your Man) リンゴ・スター
7.ゼアズ・ア・プレイス(There's A Place) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
合計時間:
アナログB面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ロール・オーバー・ベートーヴェン(Roll Over Beethoven)チャック・ベリージョージ・ハリスン
2.ミズリー(Misery) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
3.ボーイズ(Boys)ルーサー・ディクソン
ウェス・ファレル
リンゴ・スター
4.デヴィル・イン・ハー・ハート(Devil in Her Heart)リチャード・ドラプキンジョージ・ハリスン
5.ナット・ア・セカンド・タイム(Not a Second Time) ジョン・レノン
6.マネー(Money (That's What I Want))ジェイニー・ブラッドフォード
ベリー・ゴーディ
ジョン・レノン
7.ティル・ゼア・ウォズ・ユー(Till There Was You)メレディス・ウィルソンポール・マッカートニー
合計時間:

パーソネル編集

※出典

ビートルズ

外部ミュージシャン・スタッフ

脚注編集

  1. ^ 『日経BPムック 大人のロック!特別編集 ザ・ビートルズ 世界制覇50年』日経BP社、2015年、97頁。ISBN 978-4-8222-7834-2
  2. ^ “『ミート・ザ・ビートルズ <JAPAN BOX>』、日本オリジナル盤5作品が初CD化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年4月18日). https://www.barks.jp/news/?id=1000102615 2019年10月19日閲覧。