メインメニューを開く

株式会社ビー・エム・エル (BML Inc.) は、日本の臨床検査業者。資本・設備などの面で大手ラボと称されている。メディカルステーションのブランド名でレセプトコンピュータ一体型の診療所版電子カルテの販売にも力を入れている。株式会社EMシステムズと共同で設立した株式会社メデファクトにてレセプトコンピュータ一体型の無床診療所向け電子カルテを開発し、2011年4月1日より、新ブランド「QUALIS(クオリス)」として販売している。調剤薬局は撤退。東証1部上場。

株式会社ビー・エム・エル
BML Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4694
1999年11月30日上場
略称 BML
本社所在地 日本の旗 日本
151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目21番3号
設立 1955年7月5日
業種 サービス業
法人番号 7011001019237
事業内容 臨床検査の受託業務 他
代表者 代表取締役社長近藤健介
資本金 60億45百万円
売上高 連結946億8百万円(2013年3月期)
純資産 連結529億43百万円(2013年3月)
総資産 連結830億47百万円(2013年3月)
従業員数 連結3,866名(2013年3月)
決算期 3月
主要株主 (株)ビーエムエル企画 16.31%
近藤健次 10.07%
関係する人物 代表取締役最高顧問(創業者) 近藤健次
外部リンク http://www.bml.co.jp/
特記事項:臨床検査2位で、全国に営業所、ラボを展開。筆頭株主の(株)ビーエムエル企画は創業家である近藤家の資産管理会社。
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1955年8月 株式会社相互ブラッド・バンク設立。
  • 1976年7月 株式会社相互生物医学研究所に社名変更。
  • 1989年4月 現在の社名に変更。
  • 1999年11月 株式を店頭公開。
  • 2001年4月 東京証券取引所1部上場。

主要事業所編集

連結子会社編集

  • (株)第一岸本臨床検査センター
  • (株)オー・ピー・エル
  • (株)松戸メディカルラボラトリー
  • (株)日研医学
  • (株)ピーシーエルジャパン
  • (株)東京公衆衛生研究所
  • (株)愛媛メディカルラボラトリー
  • (株)ジャパンクリニカルサービス
  • (株)第一臨床医学検査センター
  • (株)盛岡臨床検査センター
  • (株)BMLライフサイエンス・ホールディングス
    • (株)アレグロ
    • (株)BMLフードサイエンス
  • (株)九州オープンラボラトリーズ
    • (株)リンテック
    • 微研(株)
    • (株)協同医学研究所
    • (株)QOLセントラルラボラトリーズ
    • (株)ラボテック
  • (株)東日本臨床医学研究所
  • (株)BMLメディカルワークス
  • (株)岡山医学検査センター

外部リンク編集