メインメニューを開く

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭』は、漫画『ビー・バップ・ハイスクール』を原作とした1988年日本映画きうちかずひろの人気コミックの実写版第5弾。

ビー・バップ・ハイスクール
高校与太郎音頭
監督 那須博之
脚本 那須真知子
出演者 仲村トオル
音楽 埜邑紀見男
配給 東映
公開 日本の旗 1988年8月6日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7.3億円[1]
前作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲
次作 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

ヒロシがケンカで検挙され拘留の身となる。そんな折、相棒不在で刺激に欠ける日々を送っていたトオルは、北高二年の男子生徒とイザコザを起こす。北高の番長・前川新吾とは友人関係にあるため、事を構える気はなかったトオルだが、北高の工藤を中心とする一派は、立花と愛徳の一部まで抱き込み、末端の争いを火種に北高と愛徳の全面戦争へ発展させようと企んでいた。工藤の狙いは、混乱に乗じて前川を排除し、自らが北高のトップに立つことにあった。トオルと前川は、事態が悪化する前になんとか手打ちにしようと画策するが、均太郎たちが工藤の策に嵌るなどして抗争は避けられないものとなる。やがてトオルと前川がタイマンを張ることとなったが、前川の排除を目論む工藤一派も割って入り大乱闘となる。トオルは工藤を倒し、前川もトオルの勝ちを認め、両者は和解するのだった。

備考編集

  • 本作ではヒロシ役の清水宏次朗が不在でトオル役の仲村トオルが単独主演となっているが、理由は当時、本格的に歌手活動を行っていた清水のコンサートツアーと映画の撮影スケジュールがバッティングしてしまったため、ヒロシは傷害事件を起こして所轄の警察署に留置中という設定となった。
    脚本家の那須真知子によれば、最初は、ヒロシがいない設定をどうしようか悩んで、ヒロシが香港旅行の抽選に当たっていなくなっている間に事件が起こるという展開を考え、それで、最後にマカオのカジノで大金をスッて、イカダに乗って日本に向かう設定を考えていたがいくらなんでもそのシチュエーションはムリがあるので取り止めた。
  • これまで立花商の番長で菊永(菊リン)を演じた石井博泰は、本作で坊主頭になるシーンがあるのを拒否して降板し、二代目菊永として高橋秀治が演じた(完結篇まで)。
    当時、高橋は石井と同じ事務所に所属するも面識はなく(石井は高橋より2つ上)、石井が本作の出演を辞退することを社長から聞かされ、言われるがままにオーディションを受けに行き、抜擢された。
    作中で「頭をまるめる」ことを知らされておらず、石井がその事で辞退した事も後で知り、坊主頭になる事に抵抗はあったもののとても断れる雰囲気ではなく、仕方なく受け入れ、高橋の母親は坊主頭になった高橋を見てビックリ(その前日にはパンチをあててビックリ)したという。
    紙工場で監禁されているシーンでは特殊メイクで顔を膨らませるのにメイクだけでも3時間以上かかり、ラバーの下に隠れた眉毛を1本1本植毛したり、コンプレッサーで空気を入れ、それを逆モーションで撮って、顔がパンパンに膨れた状態から、萎んで元の顔に戻る手順を逆再生して撮る大掛かりな撮影となった。
  • 立花商業のNo.2である郷ミノル役を演じた土岐光明は、ミノルが愛徳一家の助っ人となって、北高一派に襲撃するシーンでその時、ワイヤーに吊るされてターザンみたいに飛んでいくはずだったが、ワイヤーがいきなり絡んだためその反動で全身を思いっきり地面に叩きつけられ、両足を捻挫してそれでもテーピングでやり過ごしたがその二日後に土岐の結婚式があり、式場には車椅子の晴れ姿となってしまった。
    本作では土岐の妹(土岐洋子)が大地康雄演じる蟹江先生に「先生ーっ! 今日もサボってるけど、それは中間くんにも当てはまるんですよね!」とキレる女生徒(美智子)役で出演している。
  • 前作『狂騒曲』で敵役を演じた城東の退学組・柴田(演:小椋正)と西(演:永田博康)もクランクアップ後、撮影が終わったことに一抹の寂しさを感じていたが、後日、那須監督から「5作目(本作)も出てくれ」と言われ、小沢仁志土岐光明のように役柄を変えての出演だと思っていたが、引き続き、同じ役でと言われ、当時はビーバップファンの女の子から悪役という理由で憎まれており、また憎まれ役かと思っていたが、脚本家の那須真知子からは「今度は仲間になるのよ」と言われ、二度ビックリし、舞台挨拶の時も今までの悲鳴の「キャー」から今度は黄色い声援の「キャー」に変わってここからやっていて楽しくなったと語っている。
  • 本作で北高の工藤を演じた殺陣剛太は劇団「大阪バトルロイヤル」出身で(本作と完結篇では多数の劇団員が出演している)、本公演の時に小沢仁志が観に来ており、小沢と仲良くなった縁で小沢が那須監督に当劇団の事を紹介してくれて、那須監督も「バトル」の公演を観に来てくれたことがきっかけで本作のオーディションにつながった。(注)工藤の相棒である渡辺(ナベ)役の朝日丸犬千代も同劇団員である。
    オーディションでは特技としてカンツォーネ「オーソレミーヨ」を披露して驚かれ、『完結篇』で挿入歌の「ケンカ円舞曲」を歌わせてもらったのも、これが縁ではないかと思っている。
  • 本作から五中の鬼姫こと如月翔子(三代目)を演じた立花理佐は当初は本作の主題歌を歌うオファーであったがその後に翔子役としてのオファーがあり、当時は映画やドラマに出演していたものの、歌以外の活動に興味がなく(撮影現場で叱られた経験もあって)抵抗があったが撮影ではそれまでのロングヘアーをバッサリ切り、原作のイメージに近い翔子像を体当たりで好演した。撮影中は出演者のみんなも親切で楽しかったと語っている。
  • バス喫茶「源次丸」のマスターを演じた泉谷しげるだが、当初は菅原文太をキャスティングに想定していたが実現せず、原作者のきうちかずひろがイメージもピッタリな泉谷を推挙したところ、スタッフの誰もが大絶賛し、那須監督も泉谷と交流を持っていた事からすんなり決定した。[2]

キャスト編集

愛徳高校編集

北高校編集

立花商業編集

元城東編集

  • 柴田 - 小椋正
  • 西 - 永田博康

中学生編集

その他編集

スタッフ編集

ロケ地編集

同時上映編集

脚注編集

  1. ^ 「1988年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1989年平成元年)2月下旬号、キネマ旬報社、1989年、 172頁。
  2. ^ 映画『ビー・バップ・ハイスクール』血風録 高校与太郎大讃歌(タツミムック)

外部リンク編集