ピアノソナタ第3番 (シューベルト)

ピアノソナタ第3番 ホ長調 D 459 は、フランツ・シューベルト1816年8月に作曲したピアノソナタ。作曲者の死後1843年に出版された。

概要編集

シューベルトの兄フェルディナントが「5つのピアノ曲Fünf Klavierstücke)」として出版者に紹介しており、1843年に出版された際にも「5つのピアノ曲」として出版されたが、第1楽章のソナタ形式、第3楽章の緩徐楽章など、ソナタ作品であることは明白である。

ベートーヴェンの初期作「選帝侯ソナタ」と似て、労作であるが若く創作力の旺盛な時期のもので、研究には欠かせない。

オットー・エーリッヒ・ドイッチュによるシューベルト年代順作品表題目録の初版では、5楽章全部がD 459として分類されていたが、シューベルト自身が「ソナタ」と記していたのは前の2楽章のみであるため、後の3楽章をD 459として分類するべきか否か議論がなされており、第2版からは第1、2楽章のみをD 459とし、第3楽章以降の3曲を「3つのピアノ曲 D 459aDrei Klavierstücke)」として別に扱われている。

曲の構成編集

全2楽章、または全5楽章。

  • 第2楽章 アレグロ
    ホ長調、4分の3拍子、三部形式
    注釈に「スケルツォ」と記載されている版もあるが、第4楽章にも「スケルツォ・コン・トリオ」とあるので本楽章は(「5つのピアノ曲」として一体と考えると)緩徐楽章に近い性質もある。
    冒頭はユニゾンの主題。右手のオクターブ奏法が特徴的。
  • 第3楽章(D 459a-1)アダージョ
    ハ長調、8分の3拍子、小ソナタ形式。
    緩やかな歌謡風の楽章。
  • 第4楽章(D 459a-2)スケルツォ・コン・トリオ:アレグロ
    イ長調、4分の3拍子。
    華々しいスケルツォ。中間部ではニ長調の技巧的な部分。
  • 第5楽章(D 459a-3)アレグロ・パテーティコ
    ホ長調、4分の4拍子。

外部リンク編集