ピアノ三重奏曲第2番 (シューベルト)

ピアノ三重奏曲第2番変ホ長調 作品100D929(Piano Trio No. 2 in E-flat major (Es-dur) , D. 929)は、フランツ・シューベルトが作曲したピアノ三重奏曲。シューベルトらしい歌心に溢れ、また、曲調や調性が途中で大胆に変化する点は、第1番とは異質であり、ドラマチックとさえ言える曲。更に、時折り漂う寂寥感は、晩年のシューベルトならではの深淵を垣間見せる。全4楽章の構成で、演奏時間は約45分(下記のカットなしでは約50分)。

『ピアノ三重奏曲第2番』
ドイツ語: Klaviertrio No. 2
Es-Dur-Trio Schubert.jpg
シューベルトの直筆譜
ジャンル ピアノ三重奏曲
作曲者 フランツ・シューベルト
作品番号 作品100D929
作曲 1827年11月

概要編集

第2番は1827年11月の作曲とされ、歌曲集「冬の旅」や、後期3大ピアノソナタと言われる第19番第20番第21番が生み出された時期でもあるが、シューベルトの健康は勝れなかった。しかし、頭痛とめまいに悩まされながらも、驚くべき余力で創作を進め、晩年の傑作群に加えていった。

初演編集

本作品は、シューベルトの生前からすでに有名で 少なくとも2回はウィーン楽友協会のホールで演奏されている。1度目は1827年12月26日、2度目は 翌1828年3月26日。どちらも大変に好評で、シューベルト自身も友人のヒュッテンブレンナーライプツィヒの出版者へ送った手紙の中で、とりわけ聴衆に喝采されたこの曲のことを自慢している。また、後者(1828年3月)の演奏会では、一夜にして320フローリンを稼ぎ、大成功したと言われる。

出版編集

1828年の秋、ライプツィヒのプロープスト社から、作品100として出版される。シューベルトの存命中に、オーストリア国外から出版された唯一の曲であった。ただし、おそらくシューベルト自身の手により終楽章に大幅なカットが加えられており、現在のペータースなどの楽譜にも踏襲されている[1]。自筆譜による原典版はベーレンライターから出版されている。

構成編集

第1楽章 : アレグロ、変ホ長調ソナタ形式(3/4拍子 634小節)

Hauptthema:

楽譜は一時的に使用不能です。

Nebenthema:

楽譜は一時的に使用不能です。

力強く重厚なユニゾン主題で始まり、ささやくようなピアノの第2主題が対比される。

第2楽章 : アンダンテ・コン・モート、ハ短調三部形式(2/4拍子 212小節)
楽譜は一時的に使用不能です。

ピアノの歩みの上に、チェロによるロマンティックな主題が重なり、ヴァイオリンも加わって歌い交わす優美な楽章。この主題は、シューベルトが1827年にウィーンで耳にした「太陽は沈み」というスウェーデンの民謡に基づいて書かれている。

第3楽章 : スケルツァンド、アレグロ・モデラート、変ホ長調、三部形式(3/4拍子 175小節)
楽譜は一時的に使用不能です。

カノンの手法を使ったスケルツォ。トリオは変イ長調

第4楽章 : アレグロ・モデラート、変ホ長調、ロンド・ソナタ形式(6/8拍子 748小節)

晩年のシューベルトについてよく形容される「天国的な長さ」の典型のような楽章。後半では、これまでの楽章の主題も回想される。原典版では、出版時にカットされた展開部の98小節を含め、846小節にも及ぶ[1]

(小節数はオイレンブルクのスコアによる)

参考編集

第2楽章の主題は、映画『バリー・リンドン』のラヴ・シーンに使われ、エロスとタナトスとを同時に感じさせる名選曲となっている。

同じく第2楽章は、映画『メカニック』にも、主人公の殺し屋がLPレコードをかけて聴く場面があり、それは更にラストにも登場する。

脚注編集

  1. ^ a b シューベルト ピアノトリオ第2番 4楽章

外部リンク編集