ピエトラ橋 (ヴェローナ)

左岸側から見たピエトラ橋

ピエトラ橋イタリア語: Ponte Pietra)は、イタリア ヴェローナアディジェ川に架かる古代ローマ時代に起源を持つ石造アーチ橋。5径間、長さ120mの橋[1]である。

この場所に橋が架けられたのは紀元前1世紀[2]のことで、当初は木造橋であったが後に石橋に架け替えられた。現在見られる橋の構造物のうち、左岸側の一部が古代ローマ時代に造られた[2]ものである。右岸側はAlberto I della Scalaによって1298年に再建されたもので、中央部分の2スパンは1520年に再建されたもの[2]である。第二次世界大戦時に大部分が崩落したが、石材を全て再使用して1957年に復元[1]された。

また、ヴェローナを出たポストゥミア街道は、この橋を通ってヴィチェンツァ方面に繋がっていた。ヴェローナ旧市街から橋を渡った対岸にはローマ劇場がある。

アクセス編集

参考文献編集

座標: 北緯45度26分52秒 東経11度00分00秒 / 北緯45.4477度 東経10.9999度 / 45.4477; 10.9999