ピエトロ・フィッティパルディ

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフィッティパルディ第二姓(父方の)はダ・クルスです。

ピエトロ・フィッティパルディ・ダ・クルスPietro Fittipaldi da Cruz, 1996年6月25日 - )は、ブラジル国籍(アメリカ合衆国出身)のレーシングドライバー

ピエトロ・フィッティパルディ
Pietro and Enzo Fittipaldi (cropped) (1).jpg
ピエトロ・フィッティパルディ (2018年)
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1996-06-25) 1996年6月25日(23歳)
出身地 ピエトロ・フィッティパルディ・ダ・クルス
Pietro Fittipaldi da Cruz
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
同・フロリダ州マイアミ
親族 エマーソン・フィッティパルディ(祖父)
エンツォ・フィッティパルディ(弟)
ウィルソン・フィッティパルディ(大伯父)
クリスチャン・フィッティパルディ(従伯父)
マックス・パピス(叔父)
過去参加シリーズ
2011-12

2013
2013-14
2014
2014
2015-16
2015
2017
NASCAR ウィレン・オール=アメリカン・シリーズ
BRDC フォーミュラ4
プロタイヤ・フォーミュラ・ルノー
フォーミュラ・ルノー2.0 アルプス
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0
MRF・チャレンジ
FIA F3・ヨーロピアン選手権
ワールド・シリーズ・フォーミュラV8 3.5
選手権タイトル
2011

2014
2015-16
2017
NASCAR ウィレン・オール=アメリカン・シリーズ
プロタイヤ・フォーミュラ・ルノー
MRF・チャレンジ
ワールド・シリーズ・フォーミュラV8 3.5

経歴編集

祖父は、F1で2度のドライバーズタイトルを獲得したエマーソン・フィッティパルディ。弟に自身と同じレーシングドライバーのエンツォ・フィッティパルディ英語版がいる。

フィッティパルディは、2011年に参戦した「NASCAR ウィレン・オール=アメリカン・シリーズ」においてトラックチャンピオンを獲得する。2013年からはオープン=ホイールカーへ挑戦し、アメリカを離れヨーロッパへ渡る。2014年には、「プロタイヤ・フォーミュラ・ルノー・チャンピオンシップ」で年間タイトルに輝く[1]

2014年10月、フェラーリ・ドライバー・アカデミーへ招待される[2]

2018年1月、「ベライゾン・インディカー・シリーズ」へ参戦するデイル・コイン・レーシングよりパートタイムで出走することが発表される[3]。カーナンバーは19番に決まった[3]

同年5月に開催された「世界耐久選手権」の開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レースへ出場。予選中オー・ルージュへの侵入時にバランスを崩し、高速でタイヤバリアへ衝突した[4]。この影響でフィッティパルディは両足を骨折、中でも左足が複雑骨折となる重傷を負った[5]。その後すぐさま病院へ搬送されICUで緊急手術を受ける[5]。手術は成功し、7月末に開催されたインディカーレースで復帰を果たした[6]

2018年11月、F1に参戦しているハースはフィッティパルディをテストドライバーとして起用したことを発表する[7]2019年シーズンからは事実上リザーブドライバーも兼務する[7]


レース戦績編集

略歴編集

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2011 NASCAR ウィレン・オール=アメリカン・シリーズ リー・フォーク・レーシング 20 4 3 ? 13 400 1位
2012 23 1 2 ? 3 355 5位
2013 プロタイヤ・フォーミュラ・ルノー・チャンピオンシップ ジャムン・レーシング・サービス 16 0 0 0 0 163 8位
プロタイヤ・フォーミュラ・ルノー オータム・カップ 3 0 0 0 1 45 6位
BRDC フォーミュラ4選手権 MGR・モータースポーツ 18 1 0 1 1 165 15位
BRDC フォーミュラ4 ウィンター・チャンピオンシップ 8 0 0 0 3 127 6位
2014 プロタイヤ・フォーミュラ・ルノー・チャンピオンシップ 15 10 3 7 12 431 1位
フォーミュラ・ルノー2.0 アルプス 8 0 0 0 0 43 9位
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 コイラネンGP 2 0 0 0 0 0 NC††
2015 FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権 フォーテック・モータースポーツ 33 0 0 0 0 32 16位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 N/A 13位
2015-16 MRFチャレンジ・フォーミュラ2000 MRF・レーシング 14 4 2 2 9 244 1位
2016 フォーミュラV8 3.5 シリーズ フォーテック・モータースポーツ 18 0 0 0 1 60 10位
2017 ワールド・シリーズ・フォーミュラV8 3.5 ロータス 18 6 10 2 10 259 1位
2018 インディカー・シリーズ デイル・コイン・レーシング 6 0 0 0 0 91 26位
スーパーフォーミュラ UOMO Sunoco Team LeMans 1 0 0 0 0 0 22位
2018-19 FIA 世界耐久選手権 ドラゴンスピード 0 0 0 0 0 0 NC
2019 ドイツツーリングカー選手権 アウディ・スポーツ・チーム・WRT 15 0 0 2 0 22 15位
アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ 2 0 0 0 0

FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権編集

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント
2015年 フォーテック・モータースポーツ メルセデス SIL
1

11
SIL
2

8
SIL
3

Ret
HOC
1

Ret
HOC
2

20
HOC
3

Ret
PAU
1

DNS
PAU
2

DNQ
PAU
3

DNQ
MNZ
1

7
MNZ
2

9
MNZ
3

11
SPA
1

8
SPA
2

21
SPA
3

10
NOR
1

19
NOR
2

Ret
NOR
3

16
ZAN
1

17
ZAN
2

20
ZAN
3

20
RBR
1

23
RBR
2

32
RBR
3

24
ALG
1

12
ALG
2

6
ALG
3

6
NÜR
1

15
NÜR
2

Ret
NÜR
3

18
HOC
1

13
HOC
2

16
HOC
3

Ret
16位 32

フォーミュラ・V8 3.5 シリーズ/ワールド・シリーズ・フォーミュラV8 3.5編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2016年 フォーテック・モータースポーツ ALC
1

11
ALC
2

9
HUN
1

8
HUN
2

8
SPA
1

11
SPA
2

10
LEC
1

Ret
LEC
2

7
SIL
1

6
SIL
2

Ret
RBR
1

11
RBR
2

11
MNZ
1

11
MNZ
2

4
JER
1

9
JER
2

12
CAT
1

7
CAT
2

3
10位 60
2017年 ロータス SIL
1

1
SIL
2

1
SPA
1

8
SPA
2

6
MNZ
1

9
MNZ
2

4
JER
1

2
JER
2

1
ALC
1

Ret
ALC
2

1
NÜR
1

7
NÜR
2

6
MEX
1

1
MEX
2

1
COA
1

3
COA
2

Ret
BHR
1

2
BHR
2

2
1位 259

アメリカン・オープン=ホイール・レーシング編集

インディカー・シリーズ編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ランク ポイント
2018年 デイル・コイン・レーシング ダラーラ・DW12 ホンダ STP PHX
23
LBH ALA IMS INDY DET DET TXS ROA IOW TOR MDO
23
POC
22
GTW
11
POR
9
SNM
16
26位 91

スーパーフォーミュラ編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 DC ポイント
2018年 UOMO Sunoco Team LeMans SUZ
16
AUT SUG FSW TRM OKA SUZ 22位 0
2020年 B-MAX Racing team with Motopark SUZ
FSW
AUT
SUG
TRM
OKA
SUZ

FIA 世界耐久選手権編集

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 ランク ポイント
2018-19年 ドラゴンスピード LMP1 BRエンジニアリング・BR1 ギブソン GL458 4.5 L V8 SPA
DNS
LMS SIL FUJ SHA SEB SPA LMS NC 0

ドイツ・ツーリングカー選手権編集

エントラント 車両 エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ランク ポイント
2019年 アウディ・スポーツ・チーム・WRT アウディ・RS5 Turbo DTM アウディ RC8 2.0 TFSI I-4t HOC
1

10
HOC
2

15
ZOL
1

14
ZOL
2

9
NOR
1

Ret
NOR
2

15
ASS
1

11
ASS
2

10
BRH
1

DNS
BRH
2

16
LAU
1

7
LAU
2

9
NÜR
1

14
NÜR
2

13
HOC
1

15
HOC
2

15
15位 22
アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ MIS
1

11
MIS
2

5

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Protyre Formula Renault Championship 2014 standings”. DRIVER DATABASE. 2018年11月30日閲覧。
  2. ^ Pietro Fittipaldi and others invited to Ferrari Driver Academy”. motorsport.com (2014年10月22日). 2018年11月29日閲覧。
  3. ^ a b ピエトロ・フィッティパルディ、インディカーへのスポット参戦が決定”. F1-Gate.com (2018年2月7日). 2018年11月29日閲覧。
  4. ^ 赤旗続出、波乱のWEC予選をトヨタが制圧。大クラッシュのフィッティパルディ負傷か”. auto sport Web (2018年5月5日). 2018年11月29日閲覧。
  5. ^ a b WEC:大クラッシュで両足骨折のピエトロ・フィッティパルディ、緊急手術が無事終了”. auto sport Web (2018年5月5日). 2018年11月29日閲覧。
  6. ^ インディカー ピエトロ・フィッティパルディ、ミッドオハイオで復帰”. F1-Gate.com (2018年7月19日). 2018年11月29日閲覧。
  7. ^ a b ハースにテストドライバーとして加入するフィッティパルディ、2019年は「F1が最優先」。全戦に帯同しリザーブも務める”. auto sport Web (2018年11月17日). 2018年11月30日閲覧。