ピエトロ1世・ディ・サヴォイア

ピエトロ1世・ディ・サヴォイアPietro I di Savoia, 1048年 - 1078年7月9日[1]) は、サヴォイア伯アオスタ伯、モーリエンヌ伯(在位:1057年 - 1078年)。オッドーネ・ディ・サヴォイアアデライデの長男。フランス語名ピエール1世・ド・サヴォワ(Pierre Ier de Savoie)。

ピエトロ1世・ディ・サヴォイア
Pietro I di Savoia
サヴォイア伯
Pietro I di Savoia Denaro Segusino.jpg
ピエトロ1世のコイン
在位 1057年 - 1078年

出生 1048年
死去 1078年7月9日
配偶者 アニェーゼ・ディ・ポワティエ
子女 アニェーゼ
アリーチェ
家名 サヴォイア家
父親 サヴォイア伯オッドーネ
母親 トリノ女伯アデライデ
テンプレートを表示

生涯編集

父の死んだ1057年に爵位を継承したが、後に爵位を継ぐ弟アメデーオと共に母の言うがままに統治を行っており、実権は持ち得ていなかった。

数少ない功績としてラ・ヴェッツァの所有に関して、アスティ司教と意見の相違を平和的に解決したことが挙げられる。治世中にはトリノ司教クニベルトと協定を結んでサン・ミケーレ・デッラ・キウーザの修道院の僧と対立するなどいくつかの武力衝突も起こした[2]。1065年頃にアキテーヌ公ギヨーム7世の娘アニェーゼ・ディ・ポワティエ(またはアニェーゼ・ダクイターニア)と結婚した[3]が男子に恵まれず、弟アメデーオ2世が後を継いだ。

アニェーゼとの間には以下の子供が生まれた。

  • アニェーゼ(Agnese) - 1080年、トリノ辺境伯フェデリーコ・ディ・モンベリアル(? - 1091年)と結婚[4]
  • アリーチェ(Alice) - サヴォーナ侯ボニファーチョ・デル・ヴァストと結婚

脚注編集

  1. ^ Previté-Orton, Early History, p. 205(生年), p. 241(没年)
  2. ^ Previté-Orton, Early History, pp. 240f.; Hellmann, Grafen, pp. 19ff.
  3. ^ Previté-Orton, Early History, pp. 205, 231; Patrone, ‘Agnese’; Creber, Alison (22 April 2019). "Breaking Up Is Hard To Do: Dissolving Royal and Noble Marriages in Eleventh-Century Germany". German History. 37 (2): 149–171.
  4. ^ Previté-Orton, Early History, p. 244; Hellmann, Grafen, pp. 25f.

参考文献編集

  • Charles William Previté-Orton, The Early History of the House of Savoy (1000-1233) (Cambridge, 1912), accessible online at: archive.org
  • S. Hellmann, Die Grafen von Savoyen und das Reich: bis zum Ende der staufischen Periode (Innsbruck, 1900), accessible online (but without page numbers) at: Genealogie Mittelalter
  • A.M. Patrone, ‘Agnes di Poitiers,’ in “Dizionario Biografico degli Italiani” – Volume 1 (1960)

関連項目編集