ピエロ・ラルディ・フェラーリ

ピエロ・ラルディ・フェラーリイタリア語: Piero Lardi Ferrari, 1945年5月22日[2] - )は、イタリアモデナ出身の実業家。自動車メーカーのフェラーリ副会長であり、航空機メーカーピアッジョ・アエロの社長でもある。単にピエロ・フェラーリとも呼ばれる。

ピエロ・ラルディ・フェラーリ
Piero Ferrari
ピエロ・フェラーリ
(2012年/エンツォ・フェラーリ博物館にて)
生誕 (1945-05-22) 1945年5月22日(79歳)
イタリア王国の旗 イタリア王国モデナ
職業 フェラーリ副会長
HPE COXA会長
純資産 US$4.7 billion (June 2021)[1]
配偶者 フロリアーナ・フェラーリ
子供 1女
エンツォ・フェラーリ
母リーナ・ラルディ・デリ・アデラルディ
テンプレートを表示

人物 編集

生い立ち 編集

1945年に旧貴族の娘であったリーナ・ラルディ・デリ・アデラルディ (Lina Lardi degli Adelardi) と、フェラーリ創業者のエンツォ・フェラーリの間に庶子として生まれた。1956年に死去したアルフレード・フェラーリの異母弟である。

相続者 編集

 
F50

父のもとフェラーリで働き、1969年にフェラーリがフィアットと提携した際、フェラーリの株式10%を所有することを認められた。1978年にエンツォの正妻ラウラが死去したのち正式に認知された。ピエロ・ラルディのもう一つの姓のラルディは母のものであり[3]、認知された後に付けることとなった。

1988年の父の死後にはフェラーリの副会長となり、同時にフェラーリの役員会のメンバーとなる。また、1990年代にはフェラーリの創業50周年モデル、フェラーリ・F50の企画発案を行ったほか、様々な形で経営への助言を行っている。

現在 編集

2021年現在もフェラーリの副会長を務め、フェラーリの経営に関与するほか、フェラーリのクラシックモデルの認証機関である「フェラーリ・クラシケ」の鑑定団「COCER」の議長も務める。

私生活 編集

  • フィオリアーナ・ナニンと結婚し、一人娘と2人の孫がいる。
  • ピエロは、モデナにある父の住んでいた自宅で暮らしている。

関連項目 編集

出典 編集

  1. ^ Forbes profile: Piero Ferrari”. Forbes. 2021年3月12日閲覧。
  2. ^ フェラーリについて - マネージメント〜ピエロ・フェラーリ”. ferrari.com. 2010年2月26日閲覧。
  3. ^ Pino Allievi. “Si è spenta a 95 anni Lina Lardi il grande amore di Enzo Ferrari”. gazzetta.it. http://archiviostorico.gazzetta.it/2006/giugno/28/spenta_anni_Lina_Lardi_grande_ga_3_060628005.shtml 2008年12月30日閲覧。