メインメニューを開く

ピエール・ウジェーヌ・シャルル・コシュローPierre Eugène Charles Cochereau, 1924年7月9日 - 1984年3月5日)はフランスオルガニスト即興演奏家、作曲家教育家

ピエール・ウジェーヌ・シャルル・コシュロー
生誕 (1924-07-09) 1924年7月9日
出身地 フランスの旗 フランスパリ,サン=マンデ
死没 (1984-03-05) 1984年3月5日(59歳没)
学歴 パリ国立高等音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 オルガニスト即興演奏家、作曲家教育家
担当楽器 オルガン

経歴編集

パリ近郊サン=マンデに生まれる。数ヶ月間ヴァイオリンの訓練を受けた後、1929年マリユス=フランソワ・ガイヤールピアノを師事。1933年にはマルグリット・ロンに入門し、3年後にはさらにポール・パヌセに入門。1938年マルセル・デュプレの弟子であるマリ=ルイーズ・ジローからオルガンの手ほどきを受ける。アンドレ・フルーリポール・ドラフォスのもとでオルガン演奏の研鑽を積み、1942年にはドラフォスの後任としてパリのサン=ロック教会のオルガニストに就任した。

一度は法学部に入ったものの、1年後には法律学を捨て音楽家として立つことを決意し、1943年パリ国立高等音楽院へ入学。1949年には、和声モーリス・デュリュフレのクラス)、音楽史フーガ対位法ノエル・ガロンのクラス)、作曲トニー・オーバンのクラス)、オルガンマルセル・デュプレのクラス)において一等賞を獲得して卒業

1948年9月、最初の演奏旅行をハンガリーでおこなう。1年後にピアニスト作曲家ニコール・ラクロワと結婚し、のち2児を儲ける。長男のジャン=マルクは指揮者で現在はオルレアン音楽院の院長を務め、次男のマリ=ピエールはハープ奏者となった。

1949年、26歳にしてル・マン音楽院の院長に任命され、1956年までこの地位にとどまる。1955年レオンス・ド・サン=マルタン1886年1954年)の後任としてパリノートルダム聖堂オルガニストに就任。

1956年マルセル・デュプレの『受難の交響曲』(作品番号23)の録音でフランス・ディスク大賞を受ける。同年、初めての米国ツアーをおこなう。以後25回にわたるアメリカ演奏旅行の始まりだった。

1961年ニース音楽院の院長に就任。1980年リヨン国立高等音楽院の院長となるまでこの地位にとどまる。晩年には、カラヤンとの共演でサン=サーンスの交響曲第3番『オルガン付き』の録音を残した。 1984年3月5日夜、リヨンにて心臓発作のため死去。享年59。なきがらはパリベルヴィル墓地に葬られた。

外部リンク編集

脚注編集