メインメニューを開く
  1. ピエール・チュレルPierre Turrel)は、16世紀フランスの占星術師。本項で詳述。
  2. ピエール・チュレルPierre Turrel)は、16世紀後半にパリで活動したシャンパーニュ出身の弁護士。1576年に王位継承のあり方に関する著書を刊行した。

ピエール・チュレルPierre Turrel, 15世紀末頃-1547年頃)は、フランスの教育者、占星術師。主著『絶頂、つまりは世界の終わり Le Période, c’est-à-dire la fin du monde 』は、リシャール・ルーサノストラダムスなど、後続の占星術師たちに影響を及ぼした。なお、名前は、ピエール・チュロー(Pierre Tureau)、ペトルス・チュレルス(Petrus Turellus)とも言う。

ピエール・チュレルは、15世紀末頃にオータンで生まれた。ディジョンの学校で哲学数学を教え、のちに校長となった。占星術に傾倒していたことで知られ、それにより司法当局に召喚されたこともあったが、元教え子のマコン司教ピエール・デュ・シャテルの弁護によって放免となった。

彼はいくつかの占星術関連の著作をものした一方で、地方史の手稿『ブルゴーニュ史と同地方の年表』をまとめている。


著書編集